ヒロイン玉鬘

真木柱を読み終わり玉鬘サンのお話は
いったん区切りがついてしまいました。
最後は少ししりつぼみな感もなきにしもあらず、
という感じでしたが、私の中ではかなりの
盛り上がりがあり愉しいひとときだったのです。
色々な方から思いを寄せられた果てにナント
あの髭黒の大将とは!
それも真木柱の冒頭でいきなりの発表とは!
玉葛サンには悪いですが、なかなかない結末で
紫式部やるなーと改めて感心してしまいました。
源氏物語の人気の一端がわかったような気がします。

いよいよ源氏が栄華の極みに達する藤裏葉に
近づいてきました。
2005年9月京都の文化博物館で見たお人形さんが
繰り広げていた六條院行幸の場面がみごとに
描かれている藤裏葉です。
(その時の記事はコチラ →  )
あの時は何の知識もなく可愛らしいお人形さんに
見とれていただけだったので、
もう一度あの場面を見に行かねばと思っています。
今は風俗博物館にて展示されているそうです。
たのしみ。
 やわらかな金色の陽に彩られ実りの秋に山は装う
     (こんじきのひ)

[PR]
# by orochon3 | 2017-11-10 15:59 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

いろいろ起こる

いつも診てもらっている先生に行く日だった
ので、先生に右手の甲の痛みを訴えました。
なんでもかんでも先生に言うたらアカン、
と夫に注意されていましたが言いました。
神経の痛みだと思っていましたが意外や
骨の問題だったのです、ビックリ。
知らぬ間にぶつけていたらしいです。
少しへこんでいると言われてびびりましたが、
ちゃんと治るそうでほっとしました。
まだヒリヒリとした痛みは残っていますが、
日にち薬だそうです、、、良かった!

帰りにガーデンズで夫と待ち合わせて
お酒の買い出しをしてきました。
モチロンついでにリニューアルされて初めての
フードコートでランチもしっかり。
気になっていた北極星のオムライスを食べました。
プリティーセットという何がカワイイのか不明な
セットを注文しました。
b0019591_14030086.jpg
オムライス、海老フライ、ハンバーグ、プリン、
という内容ですがどうやらハンバーグがプリティ。
海老フライは細いながらも有頭でタルタルたっぷり。
肝心のオムライスは中の具が鶏か茸か選べて
私は鶏を選びましたが大きな切り身がゴロゴロ入って
ボリュームは満点です、ご飯の味付けもお上品。
拍子抜けするくらいソースもアッサリしていて、
美味しく頂きましたが個人的にはもう少し味が濃い
少し下品なくらいのオムライスが好きなのです。
プリンは懐かしいハウスプリンの味がしました、何故?
今度は違うところのお料理を試してみましょう。

夫と別々のお店へ注文しに行って、
お互い何を頼んできたのかわかりませんでした。
先に料理ができて戻ってきた夫が何故かお盆を
二つ持っていて驚きました。
チキン南蛮定食と鶏ラーメンというまさかの
選択、、、どちらも味見させて貰い美味しかった
のでもう良いですが。
心配事が解消されて頂くご飯が一番美味しい!
 秋空に一片の雲もないように憂いもなくてうれしい午餐

[PR]
# by orochon3 | 2017-11-09 14:45 | 美容&健康 | Comments(0)

USJは遠い

今日は朝から雨降り。
ずっと秋晴れの良い天気が続いていたので
”出かけたい症候群”にとらわれていましたが
ようやく雨が降って心も落ち着きました。
行楽の秋とはよく言ったものです。
じっと家にいたい私ですら出かけたくなって
しまったのですから、、、。

ここ数年この時期になるととても気になる存在
それがUSJです。
あのおっきなクリスマスツリーに点灯される
瞬間を見てみたいと思いながら毎年が過ぎます。
博多の噴水ショウですら感涙を流すという
超感激屋ですから、きっとものすごく感動する
イベントなのだと思うのです。
一度は見てみたいと思っているのですが、
USJの乗り物にはなんの興味もないのです。
ハリーポッターは読んだことも見たこともなく、
ミニオンも他の色々にも興味がありません。
ただ、行って見てみたいものが二つあって、
それは大好きなゴッドファーザーに出てくる
イタリー料理屋さんを模したお店と、
これも大好きなアメリカングラフィティの
世界を体験できるメルズドライブインという
レストランです。
USJができた時にこれには是非行きたい!
と思っていたのですが、これだけの為に
あの高い入場料金を払うのか、、、と思うと
二の足を踏んでしまうのでした。
加えてあのクリスマスツリーの点灯式を見られる
としてもあの入場料金は高いなぁ。
かくしてまた今年もUSJへの道は遠のくのです。
 日傘さし汗かき通ったこの道をカサコソ落ち葉ふみつつ歩く

[PR]
# by orochon3 | 2017-11-08 15:13 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

若者よなぜ泣くか

原作が佐藤紅緑というだけあって、
善と悪、強と弱が見事にわかりやすく描かれています。
私はこういうわかりやすい物語が大好き。
その中で吾が愛しの岡田時彦が際立っています。
クールで知的なところもワイルドな感じもステキ。
b0019591_13153237.jpg
b0019591_13154211.jpg
b0019591_13155922.jpg

主人公は鈴木伝明で彼は陽の存在。
そして彼の親友の岡田時彦が陰の存在。
どちらも良い青年で好感が持てます。
ダメな友達である山内光がとことんダメでも
二人は陰に日向に支えようとするのですが、
結局は支えきれずに山内クンは自殺してしまいました。

鈴木伝明の相手役には楚々とした川崎弘子サン。
岡田時彦には田中絹代チャン。
これがまたとってもお似合い!
最後に二組がボートに乗って山荘へ向かう場面の
なんと美しいこと、、、見とれました。
b0019591_13150186.jpg
絹代チャンと岡田時彦

b0019591_13144359.jpg
弘子さんと鈴木伝明

この映画での見所は、恐らくこれが最後?
と思われる吉川満子サンのモダンなお姿の数々。
乗馬にダンスに麻雀にと忙しく遊びまわっていて
こういう姿もあったのだとなんだか嬉しいのです。
b0019591_13151049.jpg

ついでながら飯田蝶子嬢のモダンぶりも良かった。

この時33歳です、カワユイ。
b0019591_13161778.jpg
弘子さんのお父さん役の河村黎吉に至っては
年がら年中グニャグニャに酔っぱらっていて
非常に悪い父なのに何故か好感がもてるほど。
河村黎吉ってこういう役にはうってつけ!

そして時々画面にうつる有名人が気になります。
伊達里子に三井秀男に、もしかしたら栗島すみ子様??
私の見間違いかもしれませぬが。ああたのし。

山内クンの自殺騒動などありましたが、
何はともあれハッピーエンドで良かった、良かった。
それにしても162分という長編無声映画、
憧れの1930年代を堪能致しました。
 友情も家族の愛も情愛に罪を憎んで人を憎まず

昭和5年・製作=松竹キネマ/監督・牛原虚彦

<おまけ>
b0019591_13152158.jpg
当時の京都駅

b0019591_13145280.jpg
岡田時彦を心配する絹代チャン
この眉をひそめた顔が一番カワユイ

[PR]
# by orochon3 | 2017-11-07 14:37 | 戦前松竹 | Comments(0)

雑感いろいろ

じっと大人しく過ごした連休が終りました。
カレーは飲み込みやすく食べやすい、
そして美味しい、と三拍子揃って最高。
なんて言いながら連休中を過ごしていたら、
1.5キロ太っていました、ビックリ!
カレーの威力に恐れおののきましたが、
美味しかったので良いです。

全日本大学駅伝も終って、来週からはお相撲。
また忙しい2週間が始まります。
稀勢の里はどうなるんだろう。もう心配。
去年、博多で大興奮してからもう一年。
何もしていないのにあっという間の一年でした、
早過ぎてついていけません。
またお相撲に行けるように元気でいましょう。
なんて思っていた矢先、
夕べシンクでプチトマトを洗おうとした時、
右手の甲の皮膚がヒリヒリっと痛みました。
水があたっただけで痛いのです。
触っただけでも表面がヒリヒリっと痛みます。
今朝起きても痛かったので湿布してみて、
暫く様子をみましたが効果がないのではがし、
とりあえずは絆創膏を貼っておきました。
直接肌に触れないのでだいぶマシです。
でもなんだろう。不思議なこともあるものです。
手の甲が痛くて死ぬことはないだろうと諦めて
今日も大人しくしています。
 秋晴れのあおい空とは相反し心はブルゥ痛む手の甲

[PR]
# by orochon3 | 2017-11-06 14:47 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧