タグ:おでかけ ( 159 ) タグの人気記事

また天満

朝からまたまた天満に行くと夫が言うので、
ギックリのリハビリ気分で私もついて行きました。
気になるところがあるのです、一緒に行って
お昼ご飯を食べて帰りましょう、そうしましょう、
と有無を言わさない態度でのぞみました。

私がずっと気になっていたのはお好み焼き屋さんで、
天満の駅からすぐ近く、超有名な千草というお店、
ではなくその並びにある「つる家」さんというお店。
外観は古い喫茶店のようで、のぞいた感じも喫茶店?
と思いきや良い匂いのするお好み焼き屋さんです。
夫も乗り気で行ってみると開店11時半、、、まだ11時前で、
用事を済ませても11時でした。
そこでもう一軒、二人して気になっている大一そばの方へ
行ってみたら9時開店で既にお客さんもちらほら。
ヨシ!と気合いを入れて、うどん→お好みという
夢のリレーをすることにしました。

まずは大一のカウンターに座り、
夫は昆布うどん、私はうどんにかやくご飯がついた
うどん定食にしました。うどんは天かす入りです!
とにかくかやくご飯が食べてみたかったので。
もちろん、かやくご飯は半分こしました。
数日前に行ったつつみやさんのおうどんも
とても美味しかったのですが、なんとこちらの方が
だんぜん私の好みの柔らかいおうどんで、
かやくご飯も理想的な平均的かやくご飯で美味しい!
そしてお出汁はなんともいえないギリギリの下品さで、
(上品まであと一歩というギリギリの下品さ加減)
ズルズルといつまでもすすっていたい美味しさでした。
お会計は、うどん定食380円、昆布うどん280円。
美味しさにもお値段にも驚いてしまいました。
(大一そばさんの食べログの頁はコチラ →  )

食後はぷらら天満でブラブラして時間をつぶして、
11時半になってようやく、さあ、つる家さんへ。
自分で焼く式の懐かしい昔ながらのお好み焼き屋さんです。
優しくて気さくなおばさん二人が応対してくれて、
私は豚玉700円、夫は豚玉定食850円を注文しました。
おばさんが「焼きましょか」と言ってくれましたが、
私は豚をてっぺんにしたい派なので自分で焼きました。
もちろん夫も自分で焼きます、と言って二人じっと待ちます。
お好みは時間がかかるのでおうどんを食べてきておいて良かった!

b0019591_14245848.jpg

余裕をもってじっと鉄板の前で焼き上がりを待っていたら、
ちょうど良い頃合いにおばさんがお盆をもって現れました。
お盆には辛子、マヨネーズ、かつぶしが乗っています。
我々のお好みの焼き具合を見たおばさんは、
もう少し焼きましょね、と言ってひっくり返しました。
おばさんの流儀に則ってお任せしましたが、再度ひっくり返すと
まさしくちょうど良い焼き加減になったのです、さすが。
私はソースだけで良いです、夫は辛子以外はすべて、
はっきり主張し、おばさんが手際良くかけてくれた結果がこちらです。

b0019591_14250704.jpg

美味しい、実に実に普通の正統派のお好み焼きでした。
ソースも生地も具も、ああこれが大阪のお好み焼きだわ、
と深く納得して美味しく美味しく頂きました。
(神戸のお好みとはどこか少し違うのです)
ただしさすがに食べきれず四分の一は夫に進呈したところ、
私のお好みは混ぜ方があまい、俺の方が美味しかった、
とダメだしをされてしまいました。
私の食べた部分は非常に美味しかったので、ダメな部分が
夫へ渡ったようです、それは申し訳ないことをした、
と少し反省したのでした。
(つる家さんの食べログの頁はコチラ →  )

それにしてもこの”天満・夢のリレー”は、
毎週行きたいくらい美味しくて大満足でした。
なんの変哲もないいたって普通のお店、
まるで吉本新喜劇に出てくるようなおうどん屋さんや
お好み焼き屋さん、こういうお店が良いです。
用事も済ませお腹いっぱいで帰宅してもまだ1時でした。
 常常にわれの五感を刺激する鉄の双璧ソースとお出汁

[PR]
by orochon3 | 2017-12-11 15:48 | 日記 | Comments(0)

三色うどん

今日は朝一番に乳腺クリニックへ行きました。
9月から予約していた検査の日だったのです。
マンモグラフィーとエコーと触診と、
三段階の検査の結果は「異常ナシ」とのこと。
乳腺症の痛みはまぁガマンしてね、と先生に言われて
無事にすべて終了しました。

終ったよーと夫に連絡をして駅で待ち合わせ、
用事で天満に行くという夫に便乗して、
私も一緒に大阪へ行ってきました。
まだ腰が痛くて一人ではこころもとないけれど、
買い物など諸々の用事があったので渡りに舟で
本当にちょうど良かったです。
夫の用事も終わり、ちょうど良いので合間にランチ。
曇天で寒いから何かあったかいモンがいいな。
けれど歩き回るのは今日は無理です。
それではいつも気にかかっていたおうどん屋さんに
この機会に行ってみましょうか、と入ったのが
天満の駅からすぐのつつみやさんです。
(食べログの頁はコチラ →  )
入り口からお出汁のものすごく良い匂いがして
お腹がぐーっとなりました!
店内は明る過ぎず懐かしい雰囲気で居心地良く、
とにかくなんだか良い気持ち。
注文したのは三色うどん550円です。
きつね、海老天、とろろ昆布の三色だと言われ即決。
この間食べた彩りうどんはワカメでしたが
私はここのとろろ昆布の方が断然好きでした。
それにかやくごはんの(小)80円を頼みました。
ほとんどかやくははいってなくて色も味も薄めで、
でもとても美味しいのです、
お出汁のしゅんだきつねを一口かじって、
このかやくごはんを一緒に食べたらもう!
まさしく至福のひとときでした。
ちなみにお店のお姉さんは「さんしょく」ではなく
「さんしきうどん」と注文を通していました。
そういえば、後ろのお客さんの小きつねうどんは
「こきつね」と注文を通していて可愛かったです。
夫はカツ丼とミニそばの定食にしていましたが
これは720円、二人で合計1350円でした。
すべて普通に美味しく、正しいおうどん屋さんで大満足!

いつもなら歩くところ、今日は電車で梅田へ移動して
阪急、阪神と百貨店はしごをして用事はすべて終りました。
買いたいものも買い、かなりくたびれて帰路についたら
まだ12時半を過ぎたところでした。
腰が痛いとあれこれ寄り道できないから余計な出費もなく、
意外に良いこともあるのでした。
 ”異常なし”なにより嬉し言葉聞く毎年ながらほっとするとき

[PR]
by orochon3 | 2017-12-08 15:35 | 美容&健康 | Comments(0)

ギクってしまいました

今朝、良いお天気だったのでシーツを洗濯して
枕も干してあれこれと珍しく立ち働いていて、
床に落ちたものを拾い上げた途端に、
腰にイヤな痛みが、、、そして動けなくなりました。
ちょうど10年前のクリスマスの前にギックリ腰を
しています、あれは仕事場でのことでした。
毎年12月にはいろいろ起こるので、気をつけようと
思っていた矢先にコレ、しかも”おついたち”にです。
運良くいつも診てもらっている先生の予約がとれて
午前中に夫が車をだして連れて行ってくれました。
果たして”ギックリ腰”と言われてしまったのですが、
すぐにみてもらえたおかげで痛みはずいぶんマシに
なったとはいえ、まだまだ痛くて不便この上ありません。
ただ、安静にしてはいけないそうです。
小股でチョコチョコと歩き回るのが早く治すためには
良いのだそうで、真面目にチョコチョコ歩いています。
帰り際、私が何も言わないのに、
「これは行程をふまえてちゃんと治ります、
ギックリ腰では死にません」と言われました。
私の顔に”不安”と書いてあったのかしらん。

夫は治療が終るまで待っていてくれて、
おまけに帰りがけに王将へ連れて行ってくれました。
なんという優しいお方、、、ありがたや。
12月限定のフェアーメニューという
「五目あんかけラーメン」が目に入りました。
この心身ともに弱っているいまにピッタリ!
あらく刻んだしょうががたっぷりのっていて
身体の中からホッカホカになりました。
あんがからんだ細麺も優しくて美味しくて、
餃子と一緒に食べたら、痛さも忘れるほど。
ああ美味しかった。
と、言っても治ったわけではなくやっぱり腰は痛い。
とうぶんはチョコチョコ歩きを頑張ります。
 うつむいた顔をあげれば眼前にひろがる山の紅葉あざやか

[PR]
by orochon3 | 2017-12-01 17:43 | 美容&健康 | Comments(0)

法務局、で買い物に行く

今朝は早く出て再び法務局へ行きました。
これで最後になるといいな。

用事はあっという間に終ってしまったので、
帰り道にある御影クラッセに寄って、
ちょうどお昼になったのでランチをしました。
杵屋さんで彩りうどんとかやくごはんの定食。
この間からきつねうどん再デビュウを果たしたので、
きつねうどんにしようかと迷いましたが、
彩りうどんには何から何まで入っています。
海老天、大葉天、きつね、出し巻、梅干し、わかめ。
おまけにかまぼこまで、、、夢のオンパレードとは
まさしくこのことでしょう。
わかめはちょっと余計で、きつねはこないだの
食堂の方に軍配があがりましたが、
いろんな具の味が混ざって、お出汁はたいそう美味しく、
身体もポカポカ。満腹満足でした、ごちそうさま。

b0019591_14334162.jpg

そのまた帰りにニトリに寄って、
冬のあったかいスリッパを買ってもらいました。
去年の冬はまさかのしもやけに泣いたので、
なんとしてでもしもやけを防止したいのです。
その第一対策としてのあったかスリッパ。
そしてしょうが湯が良いらしいので買ってみました。
しもやけ、もうイヤ。
 やわらかな小春びよりの陽をあびて冬の寒さをしばし忘れる

[PR]
by orochon3 | 2017-11-27 14:52 | 日記 | Comments(0)

優雅な洋食屋さん(2)

昨日は仲良しの友達と洋食の会でした。
忙しかった彼女とヒマな私の願いはひとつ、
八月に行った精養軒への再訪。
仕事がようやく一段落ついたと彼女から連絡があり、
ようやく昨日、寒い中、再訪が叶いました。
寒い中といっても彼女が車を出してくれるので、
乗っているだけの私は寒くなんかありません。
極楽気分であっという間に青谷に着きました。

三ヶ月ぶりの精養軒は、やっぱり良いお店です。
静かで明るくてホッとします。
寒いけどお庭側の席に座るとウキウキ感が高まり
メニューを開く手ももどかしく「何にする?」。
迷って迷って、私はハヤシライス、彼女は初志貫徹で
シーフードピラフに決めました。そしてモチロン、
お約束のカニクリームコロッケを半分こしましょう。
ここで私はカメラを忘れてきてしまったことを知り
落胆してしまいました、、、
というのも、供されたハヤシライスがモノスゴイ量!
友達のシーフードピラフも一合はあるボリューム。
これはきっと吾が夫も大満足だと思いました。
彼に見せてあげたかった、、、。
(今度一緒に行けば良いだけの話ですが)

肝心のお味はというともう涙が出そうなくらいの
美味しさ、優しくて丁寧で、正しい洋食です。
友達のシーフードピラフも少しもらいましたが
貝柱と海老がたくさん入っていてにんにくの効いた
しっかりめの味付けが嬉しい。
前回も頂いたカニクリームコロッケは、
カニがこれでもかと入っていて、クリームは
こよなく優しい。食べてしまうのが惜しい!
というくらい美味しくて自然と笑顔になりました。

珍しくお食後にミニクリームブリュレを頂き、
二人で半分こしました。
これもまた優しくて嬉しくなってしまうお味。
静かな店内、親切なお給仕、何もかもに大満足で
今度はもう断然ビーフシチューを食べようと決めて
お店をあとにしました。

このお店に来ると、二人の母校の前を通ることができ
ワイワイ思い出話をしながら帰るのもすこぶる愉しい!
彼女と通るから余計に愉しいのだと思います。
彼女のおかげで良い学生時代を過ごすことが
できたのだなあとあらためて思ったのでした。

いろいろあるけれど、美味しいものを食べて、
たくさん笑おう、そうすればなんとか乗り切れる、
つくづくそう思った一日でした。
 なつかしい母校のすがた垣間見て思い出話ができる幸せ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-21 14:20 | 日記 | Comments(0)

バリー・シールだなんて珍しい映画を観るな
と思われるかもしれませんが、
わりとこういう実話の映画化は好きなのです。
今迄映画館へ観に行くことはありませんでしたが、
50歳になって、夫婦二人ならいつでも一人1100円で
映画を観ることができるようになったので、
そしてブルメールHAT神戸の映画館が好きなので、
最近はちょくちょく上映スケジュールを
チェックするようになりました。
そしてこの作品は珍しく夫婦二人ともが観たいと
思った映画だったのです。

トム・クルーズ主演のこの作品は、
実在した凄腕のパイロット、バリー・シールが
CIAやホワイトハウスにその腕を見込まれ、
それらの仕事をこなしながら、裏では麻薬の密輸や
武器の横流しなど、わんさか悪いコトをしちゃって
大儲けをしていたというお話。
最後は、まあ仕方ないよね、という結末でした。

1980年代、舞台はアメリカと南米を行き来して、
スピーディーでかつラフに進んで行きます。
当時の社会情勢などわからない部分もありましたが、
途中に実際のニュース映像などが差し込まれるので
自然に当時へ引き戻されて愉しい。
そしてカーターやレーガンが懐かしい。

何しろCIAの偵察機を乗りこなすトム・クルーズが
スクリーンに映し出されると、もう懐かしい、懐かしい。
その昔、もう30年も前のこと、大学時代に、
二人でトップガンを観に行ったことを思い出します。
30年後にまたスクリーンのトム・クルーズが
飛行機に乗ってヒャッホー!と笑っている姿を、
再び二人並んで観ているなんて不思議な感覚でした。
お互い老けたねえ、とトム・クルーズに言いたいです。

それにしても、このバリー・シールは麻薬密輸や
武器横流しなどして大金をつかみ、極悪人のはず!
なのに愉しそうで嬉しそうで観ているこちらも愉快。
悪いコトをしてもそうは見えないのはトム・クルーズの
あの”タレント”のせいでしょう、いつなんどきでも
彼はア・カルイ、トム・クルーズだから。
何をしていても悲壮感のカケラもありません。
よく考えるとヘンなのですが、たのしい娯楽映画でした。
また面白い映画がないかしら。
 みととせを超えてまみえた彼のひとはあの日と同じ変わらぬ笑顔

[PR]
by orochon3 | 2017-11-17 14:14 | 映画その他(洋画) | Comments(0)

昨日は朝から用事で法務局へ行きました。
その後尼崎まで行かなければならなかったところが
法務局で用事が終ってしまいました。
それも予定より30分も早く終ってしまいました。

b0019591_06333093.jpg

法務局の前に建っている神港ビルジング、昭和14年だそうです。
車に乗り込む時、あまりに美しい佇まいに思わず撮ったのですが、
気をつけていたのに若干傾いてしまったのは残念無念!
日常にこういうものを見られるのは幸せです。
 優美なるみなとこうべの貴婦人ははるか異国をながめたたずむ

そのまままっすぐ家に帰れば良いところを
外食好きの私たちはどこかで食べて帰ろう、
ということになりました。
帰り道にはHAT神戸がありました。
前々から観に行こうと言っていた『バリー・シール』
の上映時間を調べたらちょうど良い時間。
ということで、ランチ後についつい映画まで観ることに
してしまったのでした。

HAT神戸はどこも空いているけど大丈夫なのかしら
などと余計な心配をしながらランチのお店を探し、
オムライスを食べようと思ったのに、開店時間に
なってもそのお店が開く気配がなかったので、
この間も行った近江ちゃんぽんにしました。
野菜たっぷりで味玉も追加してボリュームたっぷり。
あっさり優しいスープがまた美味しくて、
自家製辣油を入れたりお酢を入れたりして
味を変えながら美味しく頂いたのでした。

b0019591_13155333.jpg

食べ終わって、間もなく上映時間となりました。
なんという良い段取りでしょう。
映画館はいつものごとく空いています。
本当にここ大丈夫なのかしらん、、、。
映画についてはまた日をあらためます。

貴景勝が勝っちゃっいました、また金星。
やっぱり稀勢はダメだったのかな。
貴景勝ガンバレ。

[PR]
by orochon3 | 2017-11-16 13:19 | 日記 | Comments(0)

祝50年リカちゃん

梅田の阪急百貨店のHPで、
リカちゃん展が開催中だと知りました。
リカちゃんがうまれて50年なんだそうです。
なんと、私と同じ歳だったのですね!
モチロン私も例にもれず子供の頃には
リカちゃんで遊んでいました。
子供に甘い親でしたから、なんでも買って貰える
という幸福な子供時代を過ごしていたので、
新しいシリーズが出るたび買って貰っていました。
それだけでは飽き足らず、
清荒神さんの露天で売っていた
手造りのリカちゃんのドレスや着物を、
お参りした時に買ってもらうのも愉しみでした。
リカちゃんだけでなく、パットちゃんも、
双子のミキとマキのシリーズも大好きでした。
もう一度あれが見たいなぁ。
ということで今朝いちばんで行ってきたのでした。
入場料800円で、この内容は少し物足りない。
私が見たかったものはほとんどなくて、
展示の仕方もお世辞にも良いとは言えません。
ただ、ミキとマキがおくるみに包まれて
乳母車にのっているのを見た時には(私も持ってた!)
懐かしさに思わず声を出しそうになりました。
そしてもうひとつは星条旗柄のワンピースです。
ちょうどあの頃、アメリカ建国200年ということで
星条旗柄がとても流行ったのです。
(私の競泳用水着も星条旗柄でした)
星条旗をあしらったリカちゃんのドレスが
とても可愛いくて格好良かったのです。
そのドレスとの思わぬ再会に胸が高鳴りました。

ただ残念ながら私の時代はあっという間に過ぎて
展示のほぼ80%は見た事もないものばかり。
豪華なリカちゃんハウスのオンパレード!
に目をパチクリさせてしまいました。
”エレベータ付の夢の間取り”など豪華で現実的。
お店はドーナツに回転寿しです、リアル過ぎる。
いま子供でなくて本当に良かった、、、
そして親でもなくて良かった、とつくづく思いました。
きっと子供以上に私が欲しくなったことでしょう。
 リカちゃんの小さなドレスが引き結ぶ小さな頃といまのわたしを

お腹がへったのでレストラン街を彷徨っているうち、
フラフラとおうどん屋さんに入り込みました。
なんと建て替え後初めてのレストラン街です。
モチロンこのお店も初めて。
私の定番、天ぷらうどんとかやくごはんにしましたが、
おうどんは細めの丸うどんで嬉しかったです。
かやくごはんは具沢山で濃いめの不思議なお味でした。
b0019591_13135927.jpg
すいているので便利ですが、
次回は他のところにも行ってみたい。

[PR]
by orochon3 | 2017-10-30 17:05 | 日記 | Comments(0)

もう月末!今年も残り少なくなりました。
11月の声を聞くとなんとなく気ぜわしくなって、
アチコチの掃除を始めてしまいます。
でも引き出しや棚の中などなので、
見た目にはまったく変わらないのです。
試験の前に机の周りを整理し始めたりして
肝心の試験勉強から逃避していたのと同じです。
気持ちだけは焦って結局なにもできずじまい。
今年もこうして終って行くのですね、例年通り。

ぐんと冷えた今日はまたしても王将に行きました。
暑い頃からずっと気になっていた
”秋限定きのこの味噌味ちゃんぽん”を
今日はとうとう食べることができました。
食べたくても、いざ注文の段になると
暑くて断念していたのでした。間に合って良かった。

b0019591_14393806.jpg

きのこがたっぷりボリューム満点のちゃんぽんで
少し辣油をたらすと美味しさがぐんとあがりました。
これと餃子でもう満腹!美味しかったです。
それにしても、、、餃子飽きないです。不思議。

帰りにはいつものコースでアマドゥへ寄りました。
ここにはニトリとコーナンと100均や
スポーツショップまであって、
色んな用事がほぼ済んでしまいとても便利です。
おまけに格安スーパーSATAKEまであるので、
何もかも至れり尽くせり、素晴らしい。
今日はスポーツショップでゴーグルのくもり止めを、
SATAKEで野菜をたくさん買って帰りました。
明日はお鍋です。
 雑念をはらい無心で水をかき無音の世界に飛ぶ水しぶき

[PR]
by orochon3 | 2017-10-28 15:11 | 日記 | Comments(0)

目的地ではない場所

昨日は和歌山を目指し9時前に家を出て、
5号湾岸線に乗りました。
すると間もなく眼前に果てしなく続く大渋滞、、、
なんで?
そこでようやく思い出しました。
「5号湾岸線はリフレッシュ工事をします」
とテレビのコマーシャルで言っていたことを。
そのことを夫に告げていたことも。
言った本人も言われた当人も、
どちらもがすっかり忘れていたのでした。
高速に乗ってしまってから気がついても遅いです。
ラジオで渋滞情報を聞いてみると、
南港まで1時間半だと言うではないですか、
ナビでは和歌山の到着時間は午後4時?!
、、、絶望的です。
引き返そうにも車線変更はできません。
とにかく三車線が一車線になるところまで
行くしかない、という結論になり、
延々と続く渋滞をノロノロ進みます。
ありがとう浜村淳が終ってしまっても
まだまだ一車線にならず、ようやく一車線になった!
と思ってもノロノロノロノロ。
まるで歩くような速度です、、、と思っていたら
あ、尼崎の出口がありました、もう降りよう、帰ろう!
寛屋さんにキャンセルの電話を入れて、
義母へも断りの電話をいれて高速を降りたのでした。

いつまで続くのかと気が遠くなっていましたが、
ようやくホッと一息ついた時はもう11時。
尼崎で降りてホッとしたのかお腹がすきました。
寛屋でステーキとハンバーグを食べる気でいた夫、
ここから一番近いステーキ宮へ行くと言います。
はいはい、もうどこでも良いです。お供しましょう。
果たして這う這うの態でお店まで辿り着きました。

b0019591_14404017.jpg
私は宮ステーキとハンバーグのセット。
大きなハンバーグにお肉が三切れついていました。
右上の小さな鉄板でお肉をよく焼きなさい
という指示がお店からあって、
切りながら焼きながら頂きました。
宮のたれが良い仕事をしてくれたのですが、
前回に比して今回のお肉はかなり固かった為、
アゴの悪い私には苦行のようでした、、、。
けれどもその分ハンバーグが至上の美味しさ!
食べきれなかった分は夫へ進呈しても、
お腹いっぱいではちきれそう。
ごちそうさまでした。

寛屋で食べるはずだったお肉とハンバーグ。
でも食べる場所が違ってしまいました。
 二時間をかけて着いたは尼崎 それだけあれば琵琶湖も行けた


[PR]
by orochon3 | 2017-10-17 12:42 | 日記 | Comments(0)