タグ:おでかけ ( 159 ) タグの人気記事

熊野大社を後にして、バスは松江城に向かいました。
もともとお城にはなんの興味もないワタシ。
このツアーの行程の中で、唯一気がのらなかったのが松江城。
真夏のような記録的な暑さの中、松江城に登城するのはイヤだなあ。
と思っていたところ、8人という極小ツアーだったのが幸いして、
松江城登城は希望者だけで、希望しない人はお堀を自由散策!になりました。
そして解散&集合の場所は地ビール館!!松江城のすぐ側にあります。
とりあえず、母と私も散策へくり出しました。
しかしながら小泉八雲も松平不昧公もあまり興味なし。
お土産店をひやかすも食指は動かず。
はてさて、この暑さの中あと1時間ほどどうやって時間をつぶしましょうか?
そこへ現れた一台のタクシー。
さっと手をあげて、運転手さんにたずねました。
「ここから豊の秋さんと李白さんとどちらが近いですか?
一時間で行って戻ってきたいのです」
運転手さんは、「李白さん」が近いと答えました。
なんでも李白さんは接客が素晴らしいということです。
行きましょう、李白さん、超有名どころです、行きたいです。
買ったお酒を持って帰ると言う私に車中で運転手さんが言いました。
「たくさん買って送ったら良いんです。
タクシー代を使って行くんだから送料なんて安いもんでしょう」
ああ、そうですね、そう言われると、そうですね。ハイ送ります。

李白酒造さんは、有名な蔵元なのにギラギラしたところがなく、
凛とした素敵な佇まいでした。接客の女性も清々しく、丁寧。
どんどん試飲させてくださったから言うわけではありません。
母は仕込み水を頂いて感激していました。
この美味しいお水で仕込んだお酒ですから、美味しくないわけがない。
色々と吟味して5本を購入、送って頂きました。

先ほどの運転手さんに迎えにきてもらい、李白さんを絶賛して、
連れて行ってもらった事に感謝して、地ビール館に戻りました。
もちろん地ビールも頂きました。さっぱりとして美味でした。

そして、今夜は玉造温泉に宿泊です。
久しぶりの温泉旅館、母と二人では広過ぎるお部屋でゆっくりしました。
メノウの敷き詰められたゼイタクなお風呂で良い気分!
お夕食にはお酒一本サービスでついているというではないですか。
おお、うれしや、もちろん頂きます。
仲居さんに何のお酒かと尋ねますと、「白雪です」だって、、、。
思いきり吾が地元ではないですか。
おかわりは松江のお酒、飲みたかった「豊の秋」をいただきました。
やはりその地で頂くお酒は美味しいですね、これこそ旅情です。

この日は8時半にはバタンキュウ。
65歳以上ばかりのこのツアーの方々の中でも、一番早寝だったことでしょう。
[PR]
by orochon3 | 2013-06-16 09:24 | | Comments(0)

行きはよいよい・松江篇

アベノミクスで少々懐がホカホカになった父が、
出雲大社への旅行をプレゼントしてくれました。
どうやら母が行ってみたいと言ったらしいです。
ところが父はもう出雲大社へは行った事があるので、
ワタシに白羽の矢があたったのでした。ありがとうございます。
このところ専ら出不精なワタシですが、
せっかくのプレゼント、出雲大社にも興味がありました。
ありがたく、行かせて頂くことに致しました。

久しぶりの旅行、それもノンキなツアー旅行で、しかも、、、
65歳以上の方がメンバーというジパング倶楽部のツアー!
なので行程もゆったりとしている上に、出雲大社参拝が主目的。
ご祈祷もして頂けるというありがたいツアーだったのでした。
出発は梅雨の最中、雨対策も万全に出発進行。
まずは岡山まで新幹線で行って特急やくもに乗り換えました。
そこから何故か米子まで2時間の汽車の旅です。
モチロン、駅弁は欠かせません、新大阪にて購入ズミの幕の内弁当。
白いごはんが苦手なワタシにはかやくご飯のこの幕の内は最高!
田植えの終わった水田が続く車窓を眺めつつ頂きました。
b0019591_13253161.jpg

蛇足ながら米子でついに妖怪電車を見ました。ほんとに走っているんですね。

米子からは小さなバスに乗り換えて松江の熊野大社へ向かいました。
てっきり和歌山の熊野本宮大社の島根バージョンかと思っていたら、
あんまり関係がないようでした。
熊野山という山があってそこに本宮があったのが由来なんだそうです。
宮司さんから色々とご説明を受けて、かなり詳しくなりました。
そらで覚えているかどうかは別として、春と秋のお祭りは大変由緒があり、
特に秋の鑽火祭(さんかさい)は出雲大社との深い結び付きがあります。
そして、ここは出雲國一之宮なので、まずはここにお参りしてから、
出雲大社へお参りするのが正しき行程なのだそうです。
明日の出雲大社参拝に心が弾んできました。
そんなワタシと一緒に狛犬さんもハッスル!
b0019591_13475445.jpg

別角度からのサービスショット、しっぽがチャーミングですね!
b0019591_1348585.jpg

ところでこの日は文字通りの快晴、そして猛暑。
熊野大社の前を流れる川の風景をきりとれば、
梅雨なんてどこへ行ったのか、そこはもう夏でした。
b0019591_13502044.jpg

[PR]
by orochon3 | 2013-06-14 14:01 | | Comments(0)

春よこい

冷たい雪の舞う朝、母と神戸サウナへでかけました。
なぜそんな日に、と思われるかもしれませんが、
きっと空いているだろう、という思惑があるのでした。
果たして、9時過ぎに着いたところ、お風呂は貸切状態。
主たる目的である岩盤浴も貸切状態。
寒い日にあったかい温泉につかって、岩盤で寝転がって、
なんともなんともゼイタク、至福の時でありました!
岩盤浴では真夏ほど汗は出ませんでしたが、やはり気持ちイイ。
お肌もしっとりすべすべになりまして、温泉の浸透も良いはず。
お昼はこれまた定番の「鶏と茸のあんかけうどん」を頂きました。
生姜の効いたお出汁です、岩盤浴より汗が出ました!
食後はひとやすみ、そしてまた温泉とサウナに入るのです。
芯からぬくもった身体は、寒風にも負けず、帰り道は暑いくらいでした。
はぁ〜、本当に幸せこの上ありませぬ。

いつもの散歩コースにある公園では、蠟梅がちらりほらりと咲いていました。
公園に近づくと既にあまい香りがだたよっています。
春まであとどのくらいあるのでしょう、今日も寒い一日でした。

b0019591_17471275.gif

[PR]
by orochon3 | 2013-02-20 17:52 | 美容&健康 | Comments(0)

16年目、アリガトウ

本日2月14日は、吾が家にとっては新年のようなもので、
めでたくも16年目を迎えたのでした。
ひとえに、夫の我慢の上に迎えることができたこのメデタイ日。
日頃はじっと家にいるのですが、今日ばかりは出かけましょう。
はるばると大阪まで行って参りました。
行き先は実にこの日以来5年ぶりという淀屋橋odonaです。
久しぶりのご馳走!!スペイン料理を頂きました。
まずは発泡したワインで乾杯、ありがとう、ありがとう。
発泡したワイン、スペインではカヴァというのですね。
そのグラスが空いたところで、ワインへうつりました。
お安いところの赤ワイン、ぶどうはグルナッチャ。手軽で良いです。

お料理の最初は大好きなハモンセラーノ。
上にのってる白いのは付け合わせのクラッカー。
ハムをまいて食べると美味しい!
b0019591_16114317.jpg


そして、スペイン料理といえば、のスペイン風オムレツ。
ジャガイモが入っていて、小さいながらにヴォリュームあります。
b0019591_16242742.jpg


続いて鮪のマリネ。刻んだピーマンのソースが美味しくて、
オムレツにもかけて食べました、すてき。
b0019591_1627150.jpg


大好きな小エビのアヒージョ。
油でグツグツいっている小エビは、ガーリックが効いていても優しい味。
塩加減がワタシ達にはばっちり合いました。
b0019591_16285951.jpg


アサリ料理は漁師風だそうです。
お出汁がたっぷりでたスープがおいしくてたまりません!
b0019591_16315986.jpg


最後はお約束のパエリャ。
本日は魚介にいたしました、エビさんが実に美味しかったです。
b0019591_16342297.jpg


吾が家でもたまに、なんちゃってパエリャをするのですが、
さすがにプロの味は違います、、、味が深い。
二人でこの量はすごい、と思われるかもしれませんが、
どのお料理も片手くらいの小さなお皿の一品で、
おかげで二人でもこれだけ色んなお料理を食べることができました。
ワインもちょうど空いて、くちくなったお腹をかかえ梅田まで歩いたのでした。
[PR]
by orochon3 | 2013-02-14 16:43 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

晩秋のお参り

二ヶ月遅れではありましたが、毎年恒例である伏見稲荷大社で
商売繁盛のご祈祷をして頂きました。
ずっと気になっていたので、お参りがすんでほっとひと心地つきました!

ご祈祷の帰りには京都でごはん、というのがこれも恒例でしたが、
昨年は掟破りで大津の来来亭というカナシイごはんでした、、、。
でも!今年は違います。電車で行ったので楽しみがあるのです。
まず京阪で三条へ出て、みやこでカレーうどん〜。
b0019591_1444938.jpg

実はみやこへ行ったのはこの日以来の5年、いえほぼ6年ぶりでした。
でもお味は変わりなく、いつも通り九条葱を追加して美味しく完食。

食後はぶらぶら三条通を散歩して、目指すは信三郎帆布店。
と、その前にこちらも久しぶりの田中さんでしば漬けを買いました。
なぜか吾が家は昔からここのしば漬けを食べていたのです、懐かしい、、、。
b0019591_149182.jpg


信三郎帆布店の鞄は、シンプルながらにも使い良くて、
おまけに軽くて丈夫で、新調する機会があまりないのですが、
夏頃からどうしても赤のが欲しくて欲しくて、、、ようやく手に入れました。
バッグには凝って、色々と使いましたが、近頃はこれに落ち着いています。
やっぱり赤いのカワイイです。
b0019591_147292.jpg

新しい鞄を持ってホクホク顔で、実に久しぶりに四条通を練り歩きました。
私たち夫婦が大学時代を過ごした思い出深いまちですが、
昔通った路地に入ってみるとすっかり様変わりしていてビックリ!
まあね、25年以上も昔のコトです、仕方がありません。
ただ、もうなくなってしまったお店の多いこと、、、。
クロワシのピザ美味しかったね、ムラセのわらじトンカツおっきかったね、
出てくる話題は食べ物ばかり。
そして大学時代を思い出して、本当に久しぶりに新京極のスタンドに行きました〜。
寒かったので月桂冠の熱燗であったまって、それからキリンの生ビール。
どちらも、えっ!こんなに美味しかった???というくらいの美味。
肴にハムカツや小芋や鮪などをつまんで、シアワセ、シアワセ。


b0019591_1424072.jpg

気がつけばまねきがあがり、今年もあとわずか。
お参りもすませ、美味しいものを食べ、お気に入りを手にして、
なんとも佳い日に心から感謝。ありがとうございました。
[PR]
by orochon3 | 2012-11-29 16:17 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

b0019591_135175.jpg

去年も行って楽しんだ「西宮酒ぐらルネサンス」に行ってきました!
一年ぶりの西宮神社。
前回の反省をふまえて、色々と改善を試みました。
第一、早めに行くこと。
去年はプラスチックのコップを貰うのに、長蛇の列ができていました。
なるべく早めに行って、このコップを貰わなければ始まりません。
第二、お水と少しのアテを持って行くこと。
より美味しくお酒を楽しむために。
アテは、沢庵漬けとごぼう天とおかきにして小袋に入れました。
第三、両手があくような鞄で行くこと。
片手がふさがっていると何かと不便です。

12時開始のところ、11時過ぎに阪神西宮駅に到着。
参道をフラフラ歩いていたら、去年同様に淡路島の物産を売っていました。
漁師さんのブースで、「バチエビを無料で配っていまーす」という声が。
ワタシ無類のエビ好きです。頂きましょう、と、口に入れた瞬間、、、!
イタタ、イタイ、イタイ!
ヒゲが口の中に刺さってしまいました、エビに興奮して慌てました。
その後ヒゲをとって無事に美味しく頂きました。ごちそうさま。

神社の境内に入ると、人がすでにうろうろしています。
見ると、プラコップを貰ってすでに呑み始めているではないですか。
時刻は11時半過ぎ、完全に前倒しで始まっている模様です。
急いでお参りをすませ、コップを持ってテントをまわりました。
去年と違う点は「味わい酒ぐらひろば」が「味わい酒ぐらどおり」になって、
広場にあった出店ブースが、赤門を入ってすぐの通り沿いに配置されている点。
ひととおり頂いて、人も少しずつ増えてきた様子。
何故か今年はアルコール度数の高い生酒が多くて、
吾が夫もワタシも酔いがスピードアップ気味です。
みやっこ屋台村がまだ比較的空いているのでちょっと休憩がてら覗いたら、
つみ木というお店がだし巻を焼きまくっています。
ワタシ大の玉子好き。コレは食べたい、買ってみよう、300円です。
夫は鳥半のつくね串を買いました。
えびす憩いの広場というところで持参のアテと共にイタダキマス!
お酒がなくなると酒ぐらどおりに行けば、いくらでも注いでくれます。
何度も行き来しているうちに酔いもどんどんすすんできます。
と、いつの間にかフランクフルトとビールを買ってくる夫。
何故いまのタイミングで?と思いましたが、何も言わず半分もらいました。
たのしいな、たのしいね、と言いながらお昼から顔を赤くしている二人。
このあたりでひきあげましょうか、と思って酒ぐらどおりの方を見ると、
なんと凄い行列!いつの間にか押し合いへしあいの酒ぐらどおり!
まったく良いタイミングでした。

で、帰ったのかというと、、、
西宮駅前のくるくる丸という回転寿しに寄ってしまいました。
今度は熱燗で旬の秋刀魚を。実に実に美味しい秋刀魚でした。
幸せで楽しい秋の一日、来年また来ることができますように。
家に帰るとまだ2時です、もちろんお昼寝したことは言うまでもありません。

b0019591_1371150.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-10-07 13:33 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

シアワセな一日

b0019591_1852275.jpg


今朝、お花が届きました。
ビックリ、近所のブランド買い取り店さんからのお祝い花。
昨年の開店以来、ずいぶんと色んな物を持って行って処分しました。
もう持って行くものがないからとんとご無沙汰していたのに、、、
覚えていてくれて、しかもお花までおくってもらって、恐縮です。

というわけで、本日、45歳になりました。
わぁ、、、、一年の早いこと、この一年何もしていないワタシ。
40代の後半にさしかかり、もっと身辺を整理しなければ!
と言ってももうブランド買い取り店さんに持って行ける物はありませんが。

メデタイ誕生日のランチはどこで?
朝からいろいろ調べて考えました。
あまりお金をかけず、普段は行かないところで美味しく楽しいランチ。
そうだ、洋食!
前から気になっているお店がありました。
普段まったく縁のない北新地にある老舗。
老舗の洋食屋さんに弱いワタシ。
昭和8年、憧るる1933年創業の山守屋さんです。
b0019591_18584252.jpg


夫と二人、ビールで乾杯。
まずはカップスープ、ハムサラダ。ビールに合います!
b0019591_1904264.jpg


メインはハンバーグ、海老フライ、オムライス。
洋食の王道ですね、すばらしい、すばらしい。
b0019591_1905619.jpg

このハンバーグは少しこぶりなのが残念!なくらい美味しい。
優しくて懐かしい、ずーっと前にどこかで食べたことのある味です。
海老フライはこぶりですがプリプリで、ハムにもついていたソースが、
少しミルクっぽい不思議な味で、くせになりそう。
そして大きなオムライスは、、、ちゃんとチキンライスを卵でくるんである!
最近、フアフアトロトロのオムレツがのっかったオムライスがありますが、
ワタシ、あれはどうも苦手。オムレツはオムレツとして食べたいのよ。
オムライスの卵はきちんと包んでくれていなくちゃイヤなのです。
どのお料理も、クセのないシンプルで王道の味。
余計なことをしないというのは難しいことだと思うのです。
それをずっと継承していくというのもとっても難しいことなのです。
奇をてらわない、基本がしっかりした、正しい洋食を味わいました。
配膳も「心がこもった」という言葉が相応しいサービス。
来られたお客様をもてなしたい、という気持ちがふんわりと伝わります。
ワタシも心から「ごちそうさまでした」。
大瓶ビール2本とお料理で一人2,000円。スバラシイではないですか?

お店を出てもまだ12時まえでしたので、腹ごなしにパトロール。
新地にはたくさんのお店があるのですねえ、、、。
それにしても昨年同様、暑いこと暑いこと、早々に地下へもぐり、
久しぶりの百貨店めぐりをたのしみました。
阪急、阪神、伊勢丹。都会は人が多いですねえ。ヘトヘト。
そして伊勢丹のお酒売り場で、夫がお酒を買ってくれました。
姫路のお酒だそうです。なんと!初めての開栓前の酒瓶です!!
b0019591_191717.jpg


感謝、感激。幸せこのうえない一日でした。
40代に入ったときに掲げた「元気に楽しく(そして美味しく)」という
ワタシのスローガン。
後半は「簡素に」を付け加えられるように身辺整理に励みます。
無駄についた贅肉も処分したいものですが、これが一番ムズカシイ。
[PR]
by orochon3 | 2012-09-12 19:08 | 美容&健康 | Comments(4)

リベンジ!

過日、休館日を知らずに訪れてしまった京都近代美術館。
泣く泣く見逃してしまった村山知義展でした。
そんなある日、街角のポスターで発見したのが今和次郎展です。
春にピリカさんいらっしゃった関東での今和次郎展が、
大阪民族学博物館でも開催されるというではないですか。
これは是非とも行きたい、行きたい、と思っていたら、、、
気がつけば終了日が目前となっていました、急げ!
と、その前に休館日を確認しなくちゃいけません。
大丈夫、水曜日でした。

さて今和次郎展、
正式名称は、特別展「今和次郎 採集講義−考現学の今」です。
今和次郎といえば、ちくま学芸文庫の『新版大東京案内』しか
読んでいませんが、新宿区立博物館でも展示があった記憶が、、、。
ともかく細かいひと、という印象ですが、その興味の対象が、
わたしの興味の対象と重なる部分がある、ような気がしていました。
果たして、今回の今和次郎展では内容に大満足、展示方法に不満大!

各店の女給さんの服装から男女の服装の細密な採集。
どれもこれもワタシのハァトに直撃する内容のオンパレード。
考現学のおもしろさ、重要さ、貴重さを深く感じ、
ひとつひとつの採集結果に見入る、、、ことができないのです。
細かい細かい図や字を見るには照明が暗過ぎます。
何より、展示場所が低い位置にある為かなりかがまなければいけない。
その姿勢を続けていると腰が痛くなる、膝が痛くなる。
長々と見るんじゃないヨ!と言われているような展示の仕方です。
それを続けているとストレスがたまって、もう見なくてもイイ!
というような自暴自棄となってしまうのです。
年々すすむ老眼のせいばかりではなく、本当に観辛い展示でした。

このストレスがたまる中、かなりワタシのツボに入ったのは、
今和次郎弟が調べた青森の工人の一週間の食べたものリスト。
図入りの一覧表なのですが、一日目(その日仕事は病欠)から、
朝の食事に小さなお猪口が描かれています。
小さく「ブドー酒」と注釈されているのですが、
それが仕事のない日は、朝昼晩とお猪口の画がついているのです!
もちろん仕事の日は夜だけです。
何年の調べなのか覚えていませんが、毎食ご飯を二膳。
お菜も単品が多く、一汁一菜に近い質素な食事。
その中で、ブドー酒を毎食呑むというのは???
単なるお酒好きなのか、それともブドー酒は栄養剤の変わりなのか。
とても気になる調査結果なのでした。

今回誘ってつきあってくれた吾が夫、ワタシが興味を惹くものは、
いつも好まない彼が今回はワタシよりも熱心に観ていました。
「おもしろいなあ、すごいなあ」と口にして、喜んでいたので、
今和次郎のすごさを改めて思い知ったのでした。

場所は万博公演。
駐車場からは太陽の塔、、、なんと後ろ姿はコワイですね〜。
b0019591_131152.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-06-18 15:56 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

初陣の戦果について報告

大阪酒の陣は、5時から8時までの3時間の勝負でした。
場所は阪急インターナショナルの大広間。
一応着席スタイルでお料理も和洋とりまぜた酒の肴が饗されます。
グラス片手に戦場へ出たワタシ。
行く先々の蔵元さんのところでお酒を頂き、資料を頂いていました。
ところが、ところが、途中から全く記憶が残っていません。
いま、持ち帰った資料を並べてみると、先日の写真以外では、

ふなくちで有名な新潟の菊水酒造さん、
金冠黒松の岩国の村重酒造さん、
鳥取の千代むすび酒造さん、
地元兵庫は淡路の都美人酒造さん、
愛媛伊予の賀儀屋の成龍酒造さん、

以上、5つの蔵元さんの資料が手元にあるのですが、、、
どれも2、3種類ずつを美味しく頂いた記憶はあります。
他にも、にごり酒を手に笑っている写真もあるのですが、、、。
不覚にも、36のうち半分も回りきれなかったようです。
もっと呑める身体が欲しいものですが、仕方がありません。
まあ、初陣としては頑張った方ではないでしょうか。
しかし、かなり酔っぱらって失態をくりひろげていたと、
一緒に行った弟から翌日聞きました。
後から聞いてもどうしようもありません。
ここに記す事もできないような失態だったようですが、
忘れる事にします。
各蔵元さんからの抽選会で、全く当たらなかった事も忘れます。
だって、もの凄く楽しかったのです〜!
ディズニーランドよりもUSJよりも、ずっとずっと楽しい!
だって、グラスを持って歩いていけば、ニコニコした人達が、
どんどんオイシイお酒を注いでくれるのです!
ずっと、ここに居たい、切に願った夜でした。

誘ってくださったK先生、酔っぱらいの面倒をみてくれた弟、
蔵元の皆さん、開催に携わられた方々、皆さまに御礼を申しあげます。
[PR]
by orochon3 | 2012-06-13 09:31 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

初陣でした!

まだ春浅い頃のことです。日頃弟がお世話になっているK先生から、
6月10日はあけといて!とのご指示がありました。
なんじゃろか?と聞けば、お酒の会があって、ワタシの分も
申し込んでくださったというではないですか。
お酒の会?なんだか素敵な名前の会です、ストレート。
期待に胸をふくらませて、その日を待っておりました。
主催は大阪SAKE好き会、そしていつもK先生が連れて行ってくれる
酒座てんまみちさんというお店が協賛されている会だそうで、
今年で五回目を数えるお酒の会の正式名称は、、、
b0019591_1102956.jpg

そしてワタシも弟とともに出陣いたしました!
会費は一万円で、蔵元さんがたくさん出陣されているそうです。
ワタシに元がとれるでしょうか???不安を抱きつつ会場へ入ると、
300人の出席者、全国38の蔵元さんがその周りに布陣。
はやるココロ、高鳴る胸!
ひとつの蔵元さんのところには数種類のお酒が用意されています。
38かける数種類、、、とうてい全部頂くことはできないでしょう。
けれど、意欲満々、素敵なお酒との出会いを期待して、いざ!

と意気込んでも乾杯までにはすることがありました。
各々の好きなお酒を、注いで貰いに行って席まで戻ってくるのです。
手っ取り早くワタシは自分の席の近くにあった福島のお酒に決めました。
末廣酒造さんの玄宰。オイシイ!
b0019591_1104481.jpg

300人が好きなお酒を注いで貰ってまた席へ戻ってきて、
ようやく乾杯!さあ合戦です!!

配られた蔵元さん紹介リストを参考にして、二杯目は大好きなコチラ。
b0019591_11339.jpg

美しい瓶の大典白菊、大吟醸です、久しぶりです、オイシイです。
「岡山の知人から時々頂くんです、大好きなんです」と熱烈アピール!
余裕があればもっと頂きたいところ、ぐっと我慢して次の蔵元さんへ。
b0019591_115927.jpg

父方の田舎である山形県村山の朝日川酒造さんの山吹極。
「うちの田舎も村山なんです」とアピールも忘れずに。
村山の明るい土地柄にピッタリのお酒でした。
次は福井県のお酒に手が伸びます、ここだけ空いていただけの理由。
常山(とこやま)酒造さんの純米吟醸無濾過生。
美味しくないわけがない!
b0019591_1635568.jpg

この辺りまでは、毎回自分の席に戻っておりましたが、
K先生から、戻らず立ち呑みして色々まわったらいいねんよ〜と言われ、
初陣の足軽、刀ではなくグラスを手に戦に出たのでした。

大阪の寿酒造さんのとんださけ。
b0019591_16415165.jpg

最近お馴染み、大分国東の萱島酒造さんの西の関!大吟醸雫酒ですって。
b0019591_1642392.jpg

松江の李白酒造さんの李白の生原酒、お米は雄町。
そろそろ酔っぱらってきたのかピントがぼけてきました。危ない。
b0019591_16422082.jpg

まだまだいきます。和歌山の世界一統さんの南方。これオイシイ!!!
これがかなり気に入ったようで、コレ以降の写真はありません。残念。
b0019591_16423390.jpg


けれどもここで終わるはずがありません。
戦はまだまだ続きます!乞うご期待。
[PR]
by orochon3 | 2012-06-11 08:23 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)