タグ:おでかけ ( 131 ) タグの人気記事

旅のしおり

浄土寺、もう少しおつきあいくださいまし。
浄土寺は不思議なところです。
夫が言うには、なんにもない、とのこと、
そう言えば彼の言うとおりお守りも何も売っていませんし、
お坊さんの姿が一切見られませんし、植栽管理もどうも頂けない。
阿弥陀堂の入り口受付のおばさんにお金を500円払うだけです。
両脇にある宝持院と歓喜院が交代でお当番をしていて、
駐車場に当番寺院の案内矢印があるそうですが、
私たちが参拝している間にもおばさん以外誰もおられませんでした。
ほんと、不思議なお寺なのでした。

今回はあちこちで積極的にパンフレットやちらしを集めました。
イラストのマップを眺めていたら、
浄土寺の近くに広渡廃寺跡公園というのを見つけました。
(小野市のHPに詳しいです →  )
7世紀後半に建立された古代寺院跡です、薬師寺と同じ伽藍配置で
かなり大きな規模のお寺だったようです。
園内には縮尺1/20の模型もあるとのこと。
浄土寺の規模も建立当時はたいへん大きなもので、
なんでこの小野という場所にこんなスゴイ規模の立派なお寺があるのかと、
ずっと不思議だったのですが、広渡寺という立派なお寺まであったとは。
小野という土地はいったいどんな土地だったのでしょう???

たくさん集めたパンフレットやちらしを見ていると、
これらのお寺がある一帯は、1147年に東大寺の荘園となり、
「大部荘」(おおべのしょう)とよばれていた事がわかりました。
その規模は、東は現在の浄土寺裏山、西は加古川、
南は小野市垂井町付近、北は東条川と想定されるとのこと。
そしてその荘園の拠点が浄土寺だったのでした。

広渡寺は7世紀後半に建立され、平安時代末期には荒廃していて、
そのご本尊を鎌倉時代建立された浄土寺の薬師堂の本尊として
祀られたという伝承があるそうです。


b0019591_13261061.jpg
(歓喜院のお庭、咲いたばかりの蓮)

なかなか奥深い小野の歴史にふれることができました、しかしそれよりも、
東大寺がどれほど力があったのかということを小野の地で窺い知ったのでした。
 はからずも奈良の権勢しのばれて麦の穂ゆれる播磨路を行く


[PR]
by orochon3 | 2017-06-03 14:18 | | Comments(0)

阿弥陀さまに会いに行く

浄土寺は兵庫県小野市にあります。
うちからは車で1時間と少し、あっという間に着きました。
思っていたよりずっと広く、昔はたくさんの塔頭寺院が立っていたそうです。
いまではかなり縮小されているようですがそれでも広い敷地に、
薬師堂と阿弥陀堂が対のように建てられていました。
この奥が薬師堂、重要文化財だそうで立派な美しい佇まいでした。
b0019591_15435053.jpg


あの日からずっと思い願っていた阿弥陀さまがいらっしゃる阿弥陀堂です。
阿弥陀さま、脇侍の観音菩薩、勢至菩薩とともにお堂も国宝だそうです。
蒼空のもと、とても静かに建っていました。
この横手が受付入口です。
b0019591_15402833.jpg

ついに、念願の阿弥陀さまにお会いすることができました。
お顔を見上げているうちに胸がいっぱいになってしまって、
いつのまにか涙がほろほろとあふれてきて、
いつまでもいつまでも止まりません。
大きな大きな阿弥陀さまは、
何も言わずに泣いている私をみつめていらっしゃいました。
大きな阿弥陀さまは手もとても大きくて、
あの手に救って頂きたいと切に願って泣いていました。
いつまでも阿弥陀さまのもとで泣いていたいと思いました。
 涙してまた涙してあおぎみてまた涙するどうかたすけて
泣き疲れて浄土寺のすぐ近くにある共進牧場でひとまず休むことにしました。
懐かしい共進牛乳を飲むと、不思議に気持ちが落ち着き、
ようやく我にかえったように思います。
連れて行ってくれただけでなく、
私が泣いているのをじっと待っていてくれた夫に心から感謝します。

泣き過ぎたせいか、牛乳のせいか、落ち着いたらお腹がすきました!
ちょうどお昼どきではないですか、さあ何を食べましょう?
泣き過ぎたので、つづく。

[PR]
by orochon3 | 2017-06-01 16:26 | | Comments(0)

天満でランチ

昨日は、夫が午後から梅田で仕事だったので車で出ました、
そしてまたしても便乗して一緒に梅田でランチをしました。
行き先は久しぶりの焼売太楼の筈だったのですが、
なんと、なんと、なんと、昨年末に閉店していたのでした。ショック!
夫は中華を食べる気満々になっていたので電車に乗ってでも
天満に行くと言います、こちらも久しぶりの大来軒です。
この夏日の暑い日にわざわざ天満に繰り出す事になろうとは予想外。
それでも私も大来軒は大好きなのでついて行きました。
夫は酢豚定食。
酢豚定食という名前なのに、海老玉、焼豚、春巻と盛りだくさん!
どれもしっかり美味しくて、得をした気分。
もちろんご飯はおかわりしていました。これで1000円。
b0019591_13283604.jpg
私はずっと食べたかった焼き飯です。
食べきるつもりで一人前たのみましたが、案の定凄い量だったので
半分くらいは夫のお腹へ入って行きました。
ともかくお腹いっぱい食べたかったのです、もう当分いらないくらい堪能しました。
b0019591_13310997.jpg
一応、餃子も二人前注文しました。かなりお皿の中で暴れた様子です。
ここにはいろんな種類の餃子があるのですが、
本格餃子というスタンダードな餃子が私は一番美味しいと思います。
そう、美味しい!と思っていたのです、確かに美味しかったのですが、
やっぱり最近はまりにはまっている某店の餃子の方が好きでした。
なんだかそれの確認をする為に食べたみたいで、ちょっと哀しい結果でした。
b0019591_13351304.jpg
ともかくお腹いっぱいになりました。
少し商店街を歩きましたが、次回は魚伊の鰻を食べに行きましょう、
という結論を出して環状線で梅田に戻ったのでした。
仕事に行く夫と別れて、ひとり焼売太楼の場所へ行ってみると、
なんだかイマドキの中華バルとかいう店に様変わりしていました。
焼売太楼は桜橋に本店があるのでこれからはそちらへ行くことにします。
蛇足ですが隣にあったKYKもなくなって、牛カツ店になっていました。
最近はどこも牛カツ、牛カツと言いますが、昔ながらのビフカツと
どこがどう違うのでしょうか。
見ていると牛カツは中が超レアなのでそれが違いなのでしょうか?

久しぶりに梅田を歩きまわって、阪急で買物もして、
色んな物を見て、たくさんの人の中に入ったので、
日頃家でじっとしている身にはかなり刺激となったことでしょう。
少しはピシっとしたでしょうか。
それにしても今日もB級ランチでした、そしてどれだけ中華好き?!
 お天気は前倒ししてもう夏日 ひとつもどって梅雨入り間近

[PR]
by orochon3 | 2017-05-31 16:10 | 日記 | Comments(0)

美女と野獣

なんと、この映画についてまったくなんの知識も持たず、
ディズニーが作った実写版であるという事だけで観ました。
後で知った事は、劇団四季でも上演され続けているくらい
有名なミュージカルでもあったという事です。
だから、映画が始まって次々に歌が飛びだし皆が踊りだして
ビックリしたのでした、、、知らぬ事とは恐ろしい。
それではそういう映画が嫌いなのかというと実は大好きです。
学生時代はそれはもうたくさんの映画を観に行きました。
その中には新旧名作のミュージカル映画も含まれていました。
ですから、この美女と野獣がミュージカル、それも、
あのディズニーの作品となれば、それだけでもうワクワク。
最近のディズニーのアニメはあまり好きではありませんが、
あのエンターテイメントの権化のようなディズニーの精神は
大好きなのです。

そもそも最近の映画やテレビドラマで流れる音楽が、
大げさ過ぎてうるさい、盛り上げたい気持ちはわかるけれど、
かえって興が醒めてしまって、どうしようもない!と
常々文句ばかり言っていました。
けれど、この美女と野獣では、どれだけ大げさにしても
どれだけ盛り上げても、足りないくらい、もっともっと!
と求めてしまいました。
ハラハラドキドキする場面も、賑やかしく歌い踊る晩餐の場面も
そして二人のダンスの場面も、大げさに鳴り響く美しい音楽に
まさしく陶酔、、、。

物語は思っていたより単純ではなくて、
野獣の王子さまにも美女のベルにもそれぞれに背景があるので
感激屋の私はいちいちそれに涙していたので忙しかったです。
いちばん胸にジーンときたのは、野獣の王子さまが馬と仲良くなり
馬と一緒に散歩をしているのを遠くからベルが眺めている場面。
そしてベルを狼から救う為に狼と戦い傷を負った野獣の王子さまが
肩をまるめてベッドに横たわっている後ろ姿。
どちらも可哀想で、でも可愛くて、ああベルがいて良かったね、と
親戚のおばちゃんの気持ちになって感情移入していたのでした。

実写版といえどもCGで作り上げられているので、何が本物で
何が作り物なのかわけがわからなくなって、観終わった時には、
すべてが作り物だったのではないかと思っていたのでした。
「王子さまの顔と怪獣の顔はよく似てたね」と私が言うと、
「王子の顔に特殊メイクを施して怪獣にしてたんやで」と夫。
「ええええ!知らなかった、よく似たお面を作ったと思ってたのに」
私は王子さまが怪獣のお面をかぶっていたのだと思っていたのです。
しかも、そこまで喋ってようやく怪獣ではなく野獣の間違いだと
分かったくらい、トンチンカンだったのでした。
でも、この映画を観て本当に良かったです、いいものを観せて
もらいました。ありがとうございました。(←誰に?)
シンデレラの実写版は相当頂けなかったけれど、今回は脱帽です。
さすがエンターテイメントの権化、ディズニー!
それが溢れんばかりに盛り込まれたのが、あのBe Our Guestを
お城の品々に変えられた人たちが歌い踊る場面でした。
最高にファンタスティック、エキサイティング、
そしてゴージャスでドラマティックでした。ああ、堪能しました。
 古き良きディズニーワールド一瞬に少女の頃へわれをいざなう

[PR]
by orochon3 | 2017-05-23 15:24 | 映画その他(洋画) | Comments(0)

便乗お出かけ

今朝は早くから仕事で大阪へ行くという夫に便乗して、
一緒に家を出ました。彼の行き先は本町だそうですが、
私は途中の大正で車を降ろされました。
またしてもイオンモール大阪ドームシティへ行ったのです。
ここは広くて買物がしやすくて大好きです。
うろうろしている間に時は過ぎて、仕事を終えた夫と合流、
時間もちょうどお昼となりました。
私はまたしてもぼてぢゅう屋台の元祖モダン焼き!
これはテレビ番組「魔法のレストラン」とのコラボメニューだとか。
何度も食べているのですが、今回初めて知りました。
鰹粉が効いていて何よりソースが私好みです。
そして、100円パンのお店Yakitateiのパンも半分こ。
ここは100円のパンなのにどれも美味しそうなパンばかり。
今のところどれを食べてもまだ失敗はありません。
今回は焼きカレーパンと小さなハンバーガーを選びましたが、
ハンバーガーはトマトとミートソースで懐かしい味わい、
カレーパンも中のカレーがとっても美味しかったです。
今度はどれにしようかなぁと今からもう迷ってしまいます。
 清々し今日の天気は皐月晴れ 澄みわたる空 吹きぬける風

今日買ったもの。
ずっと探していた携帯ハサミ、刃渡り19ミリです。
カバンに入れておくと便利でしょう。
b0019591_15255781.jpg

[PR]
by orochon3 | 2017-05-19 15:34 | 日記 | Comments(0)

三ノ宮のカレー

今朝はいつも診てもらっている先生のところへ行って、
その帰りに三ノ宮まで足を伸ばして仕事をしている夫と合流しました。
お目当てはランチ。
久しぶりの外食、うれしや。
散々迷って結局行ったのは約一年ぶりのいっとっ亭でした。
(食べログはこちら →  )
カウンターだけのお店で、座るや否やお店の人にご飯の量を聞かれます。
黄色いサフランライスは大盛り、普通、少なめ、どれを頼んでも同じ料金。
でも悲しいかなカレーの量は同じなので、大盛りを頼むと悲しい結果に!
そう、夫は前回大盛りにして、カレーが足りなくなりました。
前回学んで、今日はカツカレーにした夫、やっぱりカレーが足りず、
少なめを頼んでカレーが余った私のお皿から補給しました。
ちなみに、少なめでもここの量は多い!ので、ご飯も食べてもらい、
結局、夫は大盛りよりもまだ多い量を食べたのでした、、、
やっぱり食べ過ぎではないですか。心配。

そごうでちょちょいと買物をして、私は家に帰りました。
久しぶりの三ノ宮は、相変わらずでやっぱりホッとします。
小学校の時に週5日三ノ宮のスイミングクラブに通っていただけあって、
私も神戸っこのはしくれなのでしょうか。
 新緑が泣いてはらした目にしみて背中まるめてまた少し泣く

[PR]
by orochon3 | 2017-05-11 16:36 | 日記 | Comments(0)

食べて笑って300分

会うといつも大笑いをしてグッタリ疲れる仲良しの友達から
嬉しいお誘いを受けて連休中にも関わらずランチに出かけました。
行き先は色々と考えあぐねて、この間夫と行ったグリル家にしました。
少々混んでいても、彼女とならお喋りしている間に時間が過ぎるでしょう、
なんて考えていましたが、私たち以外のお客さんは2組だけ!
案ずることもなく、静かでゆっくりとした空間で食事ができたのでした。
メニューはまったく迷わずにAセット、いつも同じですがこれが王道。
ハンバーグと海老フライです。
ここは量が多いのでご飯は少なめをお願いしました。
案じていたとおりお腹がいっぱい!でも美味しかったです。
彼女にも喜んでもらえて良かった!
 良き友とたのしい食事語らいて話は尽きず次回へ繰り越し
食後は場所をかえて、春秋でお茶をしながらお喋り、お喋り。
私のいま抱えている大きな問題をについて、、、
ずいぶんうっとおしく気分の悪くなる話なのですが、
嫌がらないで聞いてくれて、指針も示してもらい、本当に感謝、感謝。
ちゃんと大笑いもできたので、すっかりリセットされ爽快!
これでまた自分自身に戻れた気持ちです。
連休中とは思えない人出の少ないアクタ西宮はかなりの穴場でした。
ゆっくり食べてお喋りできて、良い場所を見つけたものです。
11時前に会って4時前にお別れしたので本日はなんと300分。
喋り過ぎて声がかれました。

[PR]
by orochon3 | 2017-05-04 16:50 | 日記 | Comments(0)

くもりのち晴れ

昨日から左手の親指が痛くて痛くて泣いていました。
じっとしていてもうずくような痛み、、、
だんだん肩から親指にかけて痛みだしたのでろくに眠れませんでした。
いったい何が原因なのかさっぱり不明。
いつもかかるお医者さんへ夫に連れて行ってもらい、
とりあえずうずくような痛みはおさめて頂きました。
親指というより震源地は上腕だったようですが、
原因がわからないので気持ちの悪い感じです。
使うとまだ痛むのでおとなしくしていましょう。

ちょうどお昼時だったのでつかしんまで足をのばしました。
どこもいっぱいの人で、迷いに迷った挙げ句に私は初のお店、
得々うどんという家族亭傘下のチェーン店に入りました。
b0019591_15421951.jpg
私の注文した海老天ランチ。
お出汁もおうどんもかやくご飯もすべて平均的な食べやすいお味。
海老天もうひとつ欲しかったですが、かやくご飯が大量で食べきれないほど。
何より驚くのがこれで680円也(税抜)とは、恐るべし。
夫はミックス丼ランチという面白いランチメニューで、
豚カツと海老天のハーフ&ハーフの玉子とじ丼に冷たいおうどんを選択。
知らぬうちに丼は大盛りに、おうどんは2玉という増量を注文していました。
これに私のかやくご飯を半分以上、いつもの事ながら食べ過ぎではないですか。

左手親指の具合もだいぶ良くなりました、
昨日の午後からずっとブルゥだったので、
美味しく食事ができたことに感謝、感謝。
道中は満開の八重桜を楽しむ事ができ、おまけに藤の花もいま盛りのようで、
10年くらい前に夫の故郷にドライブした時のことを思い出しました。
熊野の山に咲いていた花々を目にして心があらわれる心地でした。
(調べてみたら9年前でした、過去の記事はコチラ →  です)
ちょうど40代にあたるこの10年間は実に激動の日々で、
私自身とその環境はまったく想像できなかったほどに激変しました。
けれどいま幸せなのでまぁ良しとしておきましょうか。
 激動の波乱にとんだととせ過ぎこころ安らぐ夕凪のとき 

[PR]
by orochon3 | 2017-04-21 16:39 | 美容&健康 | Comments(0)

洋食の王道

昨日はガーデンズに車を置いて夫とアクタ西宮へ行きました。
ここには私のお気に入りの雑貨店パスポートもあるので時々
行くのですが、ガーデンズに比べて落ち着ちついた雰囲気で、
なんとなく好きなのです。
飲食店街は初めてでしたが、どこも魅力的ではないですか!
色々迷ったあげくこの日はグリル家さんに決めました。
素朴な洋食屋といった店構えで食堂とレストランの中間くらい。
注文は、私は大好きなハンバーグ&海老フライセット。
もう迷うことなくいつもコレ、これこそ王道でしょう。
夫はミニステーキ&海老フライというセットです。
その他にポークカツレツも注文して取り分けて食べようと
これは単品にしました、と思ったら夫がセットに変更しました。
厨房ではおじさんがセットが3つ?と怪訝な顔をしていたらしく
厨房に面して座っていた夫はすかさずおじさんに言いました。
「どうせボクはごはんおかわりしますから!」
おじさんはようやくわかった様子。
少し待った後、3取類の料理が卓上に運ばれ、
それぞれにお皿のご飯とコンソメのカップスープがついていました。
b0019591_13223565.jpg
大きなハンバーグには目玉焼きがついていて嬉しいかぎり!
自家製タルタルソースもたっぷりで、マカロニとポテトサラダもたっぷり。
これにご飯とスープがついて1,250円なんてお安いではないですか?
ミニステーキもたっぷりで、何もかもがボリューム満点でした。
特筆すべきは珍しいサラサラのデミソースです、初めてかもしれません、
すごくサラッサラなのにコクのある美味なるソースでした。
ポークカツレツもサックサクでサラサラデミソースがよくしみて美味しい!
そしてカップに入った玉葱のコンソメスープも私好みで素晴らしかったです。
夫は宣言通りセットを2つと私のご飯も半分以上たいらげ大満足。
お支払いをする時に、厨房のおじさんに美味しかったと声をかけました。
「いつも三人前は食べるんです」とワタシ。
「でも大きな身体してはるから」とおじさんが夫の方を見て言いました。
「いえいえ、それでも食べ過ぎです」とワタシが言うと、
おじさんは「エンゲル係数高いね」と笑っていました。
店を出て、先に店を出ていた夫に報告すると、
「今度行ったら、ミスターエンゲル係数です、って言おう」と夫。
言わなくてもたぶん覚えられていると思うけど。
ガーデンズに戻り買物をすませて帰りましたが、夜までお腹が一杯!
調子に乗って私も食べ過ぎました。
 洋食に箸を使いて美味しさを感じる吾は日本人なり
このお店はなんだか不思議な店で、平日のお昼間なのに、
11時過ぎからスーツ姿のおじさん達が宴会をしていたり、
おじいさんの一人客が二組、どちらもビールを飲みながら洋食を楽しんで
いるのです、つまり気取りがなくて寛げるお店ということで、
我々二人もそういうお店が好ましいということなのでした。
今度はグリルチキンとカレーライスを食べてみなくちゃ。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-06 16:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

春の散歩 第二弾(その2)

新世界を後にしてでんでんタウンを歩きました。
すごい人だかり!と思って見ると大きな免税店があり、
その前の道路には大小取り混ぜた送迎バスが並んでいます。
免税店からはたくさんのアジア系観光客の人、人、人、、、。
しばらく歩くとまた免税店が!
その間にはホテルがあってそこからも観光客の人、人、人!
でんでんタウンはえらいことになっています。
黒門市場もついでに通ってみようと向かいましたが、
こちらはもっとすごい人、人、人、、、日本語はお店の人だけ。
あちこちから中国語に韓国語に英語に、ここが日本とは思えない。
幅の広い錦市場のようで、しかもあちこちの店頭が急ごしらえの
食堂になっていて、道ばたでてっちりを食べていたりするのです。
ああ、驚きました、ニュースで言っている以上の大混雑です。
これから建つホテルもたくさんあって、景気良いではないですか。
でも、もう黒門市場は結構です、もう来なくても良いです。
途中で市場から離れることにしました。
するとその曲がったところに「丹波」の文字を見つけたのです。
実は昨年来、丹波の白菜漬けが食べたい食べたいと思っていました。
一番近いのは十三店で、買いに行こうと思いながらいつもの出不精で
思いを果たせていませんでした。
それが、こんなところで偶然見つかるなんて!なんてステキ。
今日は願いが叶う日なのかしらん、とにかく白菜をくださいな、と
お店に入って、並んだ中で一番大きなのを買いました。
帰って早速切ってつまみ食い、、、ああ、これこれ!
塩加減が若干きつめで昆布が効いて甘い、昔のお漬け物の味が
そのまま残っている。子供の頃を思い出します、懐かしい味。
夫も気に入り一晩でこの半分がなくなりました。今度は十三に行ってみよう。
 サクサクと白菜漬けをかみしめて昔の味に泣きたくなる夜
b0019591_09414383.jpg
白菜漬けをゲットして元気になった私。
暑いくらいの陽気のもとコートも脱いで歩きました。
聖地NGKも見て、内場氏も偶然見かけちゃったりして、ウキウキ。
難波まで歩いて地下鉄で梅田に出ましたが、やはりキタの方がほっとします。
メンズ館のミルクの旅でヨーグルトを食べてホッコリして、
阪急百貨店の催事をひやかし、地下で買物をして帰路についたのでした。
帰りの電車では爆睡!なんとも充実した遠足でした。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-31 15:01 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(131)
(107)
(94)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧