タグ:おでかけ ( 123 ) タグの人気記事

洋食の王道

昨日はガーデンズに車を置いて夫とアクタ西宮へ行きました。
ここには私のお気に入りの雑貨店パスポートもあるので時々
行くのですが、ガーデンズに比べて落ち着ちついた雰囲気で、
なんとなく好きなのです。
飲食店街は初めてでしたが、どこも魅力的ではないですか!
色々迷ったあげくこの日はグリル家さんに決めました。
素朴な洋食屋といった店構えで食堂とレストランの中間くらい。
注文は、私は大好きなハンバーグ&海老フライセット。
もう迷うことなくいつもコレ、これこそ王道でしょう。
夫はミニステーキ&海老フライというセットです。
その他にポークカツレツも注文して取り分けて食べようと
これは単品にしました、と思ったら夫がセットに変更しました。
厨房ではおじさんがセットが3つ?と怪訝な顔をしていたらしく
厨房に面して座っていた夫はすかさずおじさんに言いました。
「どうせボクはごはんおかわりしますから!」
おじさんはようやくわかった様子。
少し待った後、3取類の料理が卓上に運ばれ、
それぞれにお皿のご飯とコンソメのカップスープがついていました。
b0019591_13223565.jpg
大きなハンバーグには目玉焼きがついていて嬉しいかぎり!
自家製タルタルソースもたっぷりで、マカロニとポテトサラダもたっぷり。
これにご飯とスープがついて1,250円なんてお安いではないですか?
ミニステーキもたっぷりで、何もかもがボリューム満点でした。
特筆すべきは珍しいサラサラのデミソースです、初めてかもしれません、
すごくサラッサラなのにコクのある美味なるソースでした。
ポークカツレツもサックサクでサラサラデミソースがよくしみて美味しい!
そしてカップに入った玉葱のコンソメスープも私好みで素晴らしかったです。
夫は宣言通りセットを2つと私のご飯も半分以上たいらげ大満足。
お支払いをする時に、厨房のおじさんに美味しかったと声をかけました。
「いつも三人前は食べるんです」とワタシ。
「でも大きな身体してはるから」とおじさんが夫の方を見て言いました。
「いえいえ、それでも食べ過ぎです」とワタシが言うと、
おじさんは「エンゲル係数高いね」と笑っていました。
店を出て、先に店を出ていた夫に報告すると、
「今度行ったら、ミスターエンゲル係数です、って言おう」と夫。
言わなくてもたぶん覚えられていると思うけど。
ガーデンズに戻り買物をすませて帰りましたが、夜までお腹が一杯!
調子に乗って私も食べ過ぎました。
 洋食に箸を使いて美味しさを感じる吾は日本人なり
このお店はなんだか不思議な店で、平日のお昼間なのに、
11時過ぎからスーツ姿のおじさん達が宴会をしていたり、
おじいさんの一人客が二組、どちらもビールを飲みながら洋食を楽しんで
いるのです、つまり気取りがなくて寛げるお店ということで、
我々二人もそういうお店が好ましいということなのでした。
今度はグリルチキンとカレーライスを食べてみなくちゃ。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-06 16:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

新世界を後にしてでんでんタウンを歩きました。
すごい人だかり!と思って見ると大きな免税店があり、
その前の道路には大小取り混ぜた送迎バスが並んでいます。
免税店からはたくさんのアジア系観光客の人、人、人、、、。
しばらく歩くとまた免税店が!
その間にはホテルがあってそこからも観光客の人、人、人!
でんでんタウンはえらいことになっています。
黒門市場もついでに通ってみようと向かいましたが、
こちらはもっとすごい人、人、人、、、日本語はお店の人だけ。
あちこちから中国語に韓国語に英語に、ここが日本とは思えない。
幅の広い錦市場のようで、しかもあちこちの店頭が急ごしらえの
食堂になっていて、道ばたでてっちりを食べていたりするのです。
ああ、驚きました、ニュースで言っている以上の大混雑です。
これから建つホテルもたくさんあって、景気良いではないですか。
でも、もう黒門市場は結構です、もう来なくても良いです。
途中で市場から離れることにしました。
するとその曲がったところに「丹波」の文字を見つけたのです。
実は昨年来、丹波の白菜漬けが食べたい食べたいと思っていました。
一番近いのは十三店で、買いに行こうと思いながらいつもの出不精で
思いを果たせていませんでした。
それが、こんなところで偶然見つかるなんて!なんてステキ。
今日は願いが叶う日なのかしらん、とにかく白菜をくださいな、と
お店に入って、並んだ中で一番大きなのを買いました。
帰って早速切ってつまみ食い、、、ああ、これこれ!
塩加減が若干きつめで昆布が効いて甘い、昔のお漬け物の味が
そのまま残っている。子供の頃を思い出します、懐かしい味。
夫も気に入り一晩でこの半分がなくなりました。今度は十三に行ってみよう。
 サクサクと白菜漬けをかみしめて昔の味に泣きたくなる夜
b0019591_09414383.jpg
白菜漬けをゲットして元気になった私。
暑いくらいの陽気のもとコートも脱いで歩きました。
聖地NGKも見て、内場氏も偶然見かけちゃったりして、ウキウキ。
難波まで歩いて地下鉄で梅田に出ましたが、やはりキタの方がほっとします。
メンズ館のミルクの旅でヨーグルトを食べてホッコリして、
阪急百貨店の催事をひやかし、地下で買物をして帰路についたのでした。
帰りの電車では爆睡!なんとも充実した遠足でした。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-31 15:01 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

春の散歩 第二弾

もう数年ものあいだ懸案だった事項にようやく着手しました。

づぼらやのふぐうどんです!

テレビで見た瞬間から食べてみたいと熱望していたのでした。
ふぐの出汁がきいたおうどんなんて創造しただけでヨダレが出そう。

私はてっちりはそれほど好きではないのですが、てつからは大好き。
それにふぐのお寿司があるというではないですか、
それならばもう行かずにはいられません。

けれどわざわざ新世界までおうどんを食べに行くというのは、、、うぅん、
というわけでなかなか実現に至りませんでした。
しかしこのまままた夏になってしまうとそれこそ暑くて行く気がしなくなります、
このおでかけに春はうってつけなのです。
そして春というには暖かすぎる善き日にいそいそと出掛けてきたのでした。

観光客で大にぎわいの新世界、づぼらや本店へいざ!

b0019591_15561360.jpg
開店と同時に入って一番乗り!注文後あっという間に
ふぐうどん、てつから、ふぐのお寿司盛り合わせが運ばれてきました。
とりあえずてつからにはビールです。桜の装いをしたASD。
b0019591_15560311.jpg
てつからには薄味に下味がついていました、アラが2つに身が2つ。
美味しいのはあたりまえ!ふぐは唐揚げがやっぱりいいですねえ。
b0019591_15564991.jpg
ふぐのお寿司の盛り合わせ。
見た目よりもずっとボリュームがあります。
ふぐも厚みのある切り身で、なにより酢飯がなんというか懐かしい味です。
お醤油ではなくポン酢をつけて頂きますが、ああ贅沢で美味しいお寿司でした。
b0019591_15562300.jpg
さあ、おうどんです。
皮と身とアラがのっていて、葱ともみじおろしとレモンが薬味。
皮の部分がトロトロでとっても美味しかったです。
もちろんお出汁は最高、おうどんが少し固めだったのが残念でしたが、
全体的に素晴らしいバランスでお出汁は最後まできれいに頂きました。
はるばる来てみる価値は充分にありまして、大満足でした。
b0019591_15563412.jpg
新世界には何年も前にパーク温泉に連れてきてもらってづぼらやで宴会、
という素晴らしいコースを歩いた記憶があるのですが、その頃の面影はなく、
すっかりきれいな観光地と化してしまっていました。
右も左も串カツとたこ焼き屋さんだらけで、そのどれもにお客さん群がり、
ルナパークのできた頃の新世界もこうであったのでは、という程の大賑わい。
通天閣の下をくぐるとその天井にはクラブ化粧水の広告の天井画がありました。
72年ぶりに復元されたそうです。
クジャクさんの優雅な姿に往事へ思いを馳せました。
 戦前の賑わいしのぐ新世界 浪花の味に舌鼓うち

このあとテクテク歩いて難波へ出ました。
長くなるのでつづく。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-30 14:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

春の遠足

仕事で羽曳野に行くという夫に便乗して、羽曳野まで遠出しました。
羽曳野、、、ほとんど縁のない場所です。
なにがあるの?と夫に聞いても「なーんもない!」と言うだけなので
あまり期待をせずにでかけたのでした。
ちょうどお昼頃に仕事が終わった夫としらとりの郷という
道の駅に行くことにしました。
b0019591_14471239.jpg
しらとりの郷の中の「あすかてくるで」というスーパーのような施設です。
写真の向かって右奥にある建物に飲食店があるというので行ってみました。
すると、その建物には「タケルの館」と書いてあります。
タケル???
そして、色々なところに古代人のような少年と少女がイラスト調で描かれていて、
少年の方にタケルくんという名前がついていました。
ここで、ん?!と気がついたのです、しらとりとタケル、そして古代調、、、
そうか日本武尊か!きっと羽曳野と日本武尊に何かあるのだ、、と気づきました。
なんだかレベルの低い判じ物のようですが、お腹がすいたのでとりあえず
気になりつつもご飯を食べることにしました。
b0019591_14534228.jpg
かすうどんが名物という土地柄ですが私はアブラカスは好きではないので、
ちょっとだけ戸惑いましたがこのお店しかありません。
何しろ「特製」と大きく書かれたカレーうどんに惹かれてしまったのです。
嬉しいことにカレーうどんはかすと肉とすじと三種類ありましたので、
もちろん私は肉カレーうどんにしました。900円也。
b0019591_14572640.jpg
甘く美味しいお肉が沢山入って出汁のよく効いたカレーうどんです。
さすが食肉の本場、羽曳野!と深く感心致しましたです。
おうどんは柔らかくモチモチして理想のタイプ、とにかくああ美味しい!!
何故かラッキョウが付いてきて、後で地のものだと判明したのですが、
このラッキョウもとても美味しいものでした。
私の中で三本の指に入る美味しいカレーうどんとの出会いに大感激。
もちろん白いごはんも頼んで大満足のランチとなりました。
これを食べることができただけでも、はるばる羽曳野に来て良かったです。
朝9時に出て14時過ぎには帰宅したのですが、充実したお出かけでした。

帰宅後日本武尊について調べてみると、やはりご縁があったのですね。
羽曳野には白鳥神社と白鳥陵があるのだそうです。
伊勢(現三重県)の能褒野で亡くなった日本武尊は白鳥となり西方へ飛びます。
大和の琴弾原を経て旧市邑に辿り着いたといわれ、
白鳥陵は三重の亀山市と奈良の御所市と大阪の羽曳野市にあるのだそうです。
なんと、なんと、ビックリ。ひょんなご縁がこんなところにありました。
 白鳥の王子と出会う羽曳野路 古事記の世界にカレーの香り

古市の白鳥神社縁起には、
「さらに白鳥は舞い上がり埴生の丘を羽を曳くがごとく飛び立った」とあり、
羽曳野という地名のもとになっているということです。
なんとみやびなこと、、、。
あまり関係ありませんが来目皇子のお墓も羽曳野の地にあるのだとか。
そうそう来目皇子は厩戸皇子の弟君でありました、これは漫画で読みました。
羽曳野、、、何もないとおもっていたのになかなかヤルな!

[PR]
by orochon3 | 2017-03-28 14:25 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

SING

予告CMを見てからずっと封切りを楽しみにしていました。
早く行かないと字幕版が上映終了になってしまう〜と焦っていて、
ようやく本日観に行くことができました。

行き先は初めてのところ、ブルメールHAT神戸にある109シネマズ。
昔のような映画館ではなくて今時の小さな映画館にも最近になって
ようやく慣れてきました(シネコンというのだそうです)。
映画館はなぜどこでもポップコーンを売っているのでしょうか、
私はあれが大嫌いであの匂いにいつも閉口してしまいます。
横道にそれましたが、肝心の映画はホントにとっても!面白かったです。
昨年のズートピアがあまりに面白かったので、同じ動物ものアニメで
勝ち目はあるかな?と少しだけ不安だったのは確かですが、
こちらにはこちらの良さがフンダンにあって最高に楽しめました。
次から次に歌が流れ動物たちが歌い踊り、その表情や小さな仕草に至るまで
人間以上に人間らしく魅せられました。
どうしてあんなに役柄にぴったりな動物を思いつくのか不思議!
人間でも役にぴったりな役者を見つけるのは至難の技だと思うのですが、
それ以上にどの役もその動物にピタリとはまって小憎らしいほどで、
これもズートピアにも勝るとも劣りませんでした。

特に私のツボにはまったのはねずみのマイクでした。
(そういえばズートピアのドンも同様で、やはり小動物は面白いのです。
ちいちゃな動物が集団でワヤワヤする場面が出てくるのは微笑ましい!)
マイクはこすっからいヤツですが憎めなくてそこが実に人間らしい!
動物なのにおかしいですが、出てくる動物出てくる動物、
ああこういう人いるよね、と思ってしまいます。
 動物がおりなすおかしな人間模様 ねずみのマイウェイに泣き笑い
吹き替え版も観てみたいなーと思いました。
こういう映画が日本でも作られないものでしょうか、、、。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-22 16:55 | 映画その他(洋画) | Comments(0)

喋って笑って240分

今日は1月以来久しぶりに仲良しとランチに行ってきました。
もう出会ってから35年近いということは立派な旧友でしょうか。
かねてより懸案だった夙川の洋食屋さんにようやく行けました!
かわいらしい外観&内装で女同士で行くには最適なお店でした。
お料理もこじんまりとかわいらしいです。
王道のハンバーグ&海老フライのランチにしようと思いましたが、
どう考えてもたりなさそう、、、海老フライを1本追加してもらい
ボリュームアップしました!
たっぷりかかったタルタルソースが嬉しいじゃないですか!
b0019591_15501344.jpg
大きな海老フライが2本、、、贅沢この上ありません。今日は贅沢日です。
海老フライの後ろにはケチャップ味のパスタとジャガイモというガロニ付です。
ハンバーグは見た目よりも食べ甲斐がありました。
ソースが少し足りないくらい。美味しく頂きました。
これにスープもつきまして、ごはんは少なめにしてもらいましたが満腹。
店内は混んできたので早々に引き上げ、強風のもと夙川グリーンタウンまで移動して
暖かいカフェオレで温もりました。
そこで3時までゆっくりとお喋りを楽しんだのですが、
私の悩みごとを聞いてもらって、その間にはくだらないことで笑って、
いつものことながら彼女に会うと、どんな状態でも一度リセットされます。
話すことがなんでもツーカーで話が早い、そして共感し合える、
長い年月のおつきあいが続く所以でしょうか、つくづく感謝しています。
今日は結婚20周年のお祝い酒まで贈ってもらっちゃって、
思いがけないプレゼントに心がジーンとしてしまいました。
別れ際、後ろに大きな虹が出ているのを二人で見ました。
 「ほら虹が」友が指さし振りあおぎ なにか良いことあるねと笑う
久しぶりによく笑い、よく喋り、健全な良き一日を過ごすことができました。
感謝感激アメアラレ!

[PR]
by orochon3 | 2017-03-15 16:31 | 美容&健康 | Comments(0)

さかな、さかな、さかな

先日のこと、ふと思いました。
魚を食べていない!

吾が家は私の好きな物でメニューが決まります。
たまぁに夫が控えめに提案をしてそれに私が可を出した場合のみ
その提案が採用されるという仕組みになっています。
よって、ほぼ肉系か麺類が中心の献立となっているのが現状。
もともと私は魚があまり好きではなく、魚が食卓にのぼるのは
どこからか頂いた場合がほとんどでした。
到来物がなければ自然と食べる機会はなくなります。
そんなある日冷凍庫にサバ明太の大きな一切れがあるのを発見し、
その日の夫のおかずはそれに決めました。
普段なら私は別にお肉系のおかずを食べるのですが、
その時に、魚を食べていないことに気がついたのでした。
サバはアレルギーがあるから無理だけど、私も魚を食べよう!
スーパーでブリの切り身を買って塩焼きにしました。
ブリは数少ない好きな魚のひとつなのでもちろん美味でした。
久しぶりに魚を食べた時、身体は魚も食べて欲しいと思っている!と
感じました。
これからは週に一度は魚を食べる日を設けても良いかもしれない、
いや、そうすべきだ、と思いました。
そんな時、所用で行ったららぽーと甲子園で見つけたのです、
今までは素通りしていた定食屋さんで焼き鮭定食というのがありました!
鮭、、、忘れていました、何よりも大好きな魚です。
焼いた鮭なんて最高ではないですか、それならガマンどころか喜んで頂きます。
果たして、ひとさまが焼いてくれた鮭でごはんを頂くシアワセをかみしめました。

味をしめた私は、後日今度は買物で行ったガーデンズで同じ店を見つけ、
迷うことなく焼き鮭定食を注文したのでした。
同じ店なのに、こちらの方が焼き方が上手でより美味しい鮭でした。
b0019591_08531517.jpg
ここで、鮭を食べる私にふと疑問を抱いた夫。
私はある時を境にしてお鮨でもサーモンを好んで食べるようになったのですが、
なぜ、鮭?という疑問でした。
そういえばずいぶん前にどこからか「サーモンが良いらしい」という情報を得て、
食べてみたら美味しかったのでそれ以来ずっとサーモン派になったような気がします。
鮭はもとより大好きだったので当たり前なのですが、良いらしいって何だったっけ?

帰って調べてみると、なんと、なんと、鮭(サーモン含む)は素晴らしい魚でした。
とにかくアンチエイジング。そしてコラーゲンにEPA、DHAなどなど。
様々な栄養素が含まれたかしこい魚だったのです。(詳しくはこちらをご参照ください →  )
ところが大問題!コラーゲンは皮の部分にあるのだそうですが、
皮が嫌いな私は、皮だけはずしていつも夫へ進呈してしまっていました。
肝心要のコラーゲンはそういうわけでいつも夫が摂取していたのです!
  論もなく夫へわたりしコラーゲンたがえた場所で効果を発揮
そうか、私はアンチエイジングでひっかっかったんだった。
鮭がますます好きになりました。これからもどんどん頂きましょう。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-11 12:49 | 美容&健康 | Comments(0)

モダン焼き!

仕事で大阪へ行く夫に便乗して大正イオンモールを再訪しました。
前回に気になっていたぼてぢゅう屋台の元祖モダン焼きというのが
食べてみたかったのです、、、モダン焼きなんて初めてかも!
焼いているところを少し見たら、焼きそばは普通の焼きそばとして
ちゃんとソースで味付けして作っていました。
それをキャベツの生地の上にのせ、上にも粉の生地がのっています。
かなり大きなサイズで、四分の一は夫へ進呈しました。
b0019591_14372159.jpg
大阪の有名なチェーン店としては風月と千房には行ったことがありましたが、
ぼてぢゅうは初めてのお味です、モダン焼きというものに興味があっただけで、
まったく期待していなかったのですが、なんとびっくり美味しかったです!
特に私はソースが気に入りました。少し甘めのなかにスパイシー感もあって、
かなりしっかりとした味付けでした。
今度はお好み焼きも食べてみようかな。


今日もしっかり冷えましたが、夕べも寒さがひどかったです。
いちど暖かさを覚えた身にはこたえます。
お尻をたたいてプールへ行ったのは良いのですが、水の冷たいこと!
水温はずっと同じなのに、こんなに冷たく感じるのはやはり気温が
低いせいでしょうか。
おかげですいていて、ゆっくり一人で泳ぐことができました。
小さい頃からの習い性で、必ず泳いだ距離をかぞえながら泳ぐ
ということをもう何十年も続けているのですが、
先日からふと思い立って距離をかぞえるのをやめました。
30分とか40分とか時間を決めて、その間はすきなように
泳ぐことにしたのです。
無心になってただ水をかきかき進むのは気持ちが良いものです。
 水をかく音のみ聞こえる水面下永遠のように耳に残れり

[PR]
by orochon3 | 2017-03-08 14:48 | 美容&健康 | Comments(0)

とんかつアゲイン

コストコの更新料を払いに行って来ました。
先月行ったばかりなのでそうそう買うものはなかったのですが、
チーズ味のピザが1枚につき300円引きになっていたので、
ずっと気になっていたあの大きなピザを今回初めて買ってみました。
家に帰って小さくカットし、ひとつずつアルミホイルで包んで、
ジップロックに入れて冷凍しました。
トッピングがチーズだけなので、焼く時に色々とアレンジするのが
今から楽しみ、、、トマトとかサラミとか。
あとはいつも買っている冷凍の餃子です、これはかなり便利でお気に入り。
バラバラになって冷凍され袋に入っているので、1個ずつ使えます。
スープの具にしても良いし、お鍋に入れたり水餃子にも良いです。
もちろんスタンダードに焼き餃子も手軽で良いです。

コストコに行く前にはまたしてもかつ茶屋に行ってしまいました。
前夜のニュースでとんかつを特集しているのを見てしまったから、、、。
前回は黒豚料理が全品15%という期間だったのですが残念ながら終わっていました。
でもまあ鹿児島白豚でも結構美味しいのです、そして若干お安いです。
色々と迷ったわりにはマンネリなヘレカツと海老フライのセット、
またしても何故か冷たい小さな揚げ出し豆腐がついていました。
そしていつもついてくるゴマは私は使わない派です。シンプルが好き。
もちろん食べきれるはずがないので、海老一匹とヘレカツ一切れは夫へ。
タルタルソースにもう少し酸味が欲しい、ということ以外は大満足で満腹!
本日もブタミンエービーを大量摂取して元気百倍です。
 空腹にはやるきもちをおさえつつメニュウながめる時ぞうれしき

b0019591_14234550.jpg
キャベツとお味噌汁をおかわりしました。


[PR]
by orochon3 | 2017-02-23 15:54 | 美容&健康 | Comments(0)

記念日ランチ

昨日は20周年を記念したランチを御堂筋ロッジで頂きました。
お目当ての小皿洋食ランチ(¥3,500)は予約ができるのですが、
なんでも早めな私たちは20分前に着いてしまいました。
あまり予約する意味がないかもしれません、、、。
それでも良いお席をとっておいて頂けるので予約は必要だと思います。

小皿洋食ランチ如月のお献立表です。
二年前の私の誕生日に来た時に比べると微妙な値上がりが否めません。
二年前の九月の記事はこちら →  です。
まず品数が一品少なくなった上に、メイン料理は選択制となり、
牛肉たたき、牛肉ロース網焼き(400円+)、ビフカツ(700円+)の中から
選ぶのですが、たたき以外を選ぶと料金アップとなります。
ワンドリンクサービスの選択肢の中にあったスパークリングワインがなくなりました。
それから追加のアルコールドリンクは以前はどれも500円だったのが、
ビールが600円、グラスワインは800円となっていました。ちょっとショック。
まあけれども、網焼きを選んでみたら400円+ではあり得ないたっぷりの量だったし、
ワインは「遠慮しないで!」と頼んだらたっぷり入れてくれましたし、
美味しくてたっぷりの小皿もサービスでついてきます。
もともとがお安かったので、結果的に許容範囲ではありました。
b0019591_16212220.jpg

まず牡蠣と真蛸が苦手なことを申し出ると、貝柱と小さな貝に変更してくれました。
サービスドリンクは夫はビール、私は白ワインを選んで、20年ありがとうの乾杯!
タコと小さな貝柱のジェノバ風、いきなり美味しくて満面笑顔が広がりました。
琵琶湖産のワカサギのフライ、、、ワカサギなんて小学校の給食以来かも、、、。
たっぷりのタルタルも美味しくて、レモンもしぼって、大変美味しかったです。
b0019591_15521138.jpg
ボリュームたっぷりの前菜三種盛り。
大きな海老のカクテル、たっぷりの量のサーモンマリネ、
そして牛モモ肉のコールドビーフをお寿司にしたものなのですが、
これがすごーく美味しくて、酢飯の具合が素晴らしかったです。
お肉とたいへんよく合うように加減された酢加減、恐れ入りました。
b0019591_15550896.jpg
このあたりで既に夫はビール二杯め。
おかわりのドリンクには海老のピリ辛揚げの一品がついてきました。
私は白ワインから二杯めは赤ワインにして、それについてきたカマンベールのフライ。
ハチミツとナッツがかかっていて、いやもうワインの美味しさを倍増させます。
b0019591_15575039.jpg
クラムチャウダーがここで登場。
夫には牡蠣が、私には帆立貝柱、他の具も盛りだくさんに入っていて、
身体中がホカホカにぬくもって、もうこれは冬の大ごちそうでした。
カリカリに焼いたパンもアクセントになってあっという間になくなりました。
b0019591_15595449.jpg
三種チーズのバゲット。
最近、なぜか色々なところでバゲットのことをバケットと書いているのを
見かけますが、それもパン屋さんでもみかけることもあって、ビックリします。
バケットはバケツのことではないですか?なんか不味そうなパンみたいです。
やはりバゲット、と言って頂きたいものです、そして肝心のこのチーズのバゲットは、
ハチミツと粗挽き黒胡椒がアクセント。絶妙なチーズの量と全体のバランスが良くて、
これまたワインがなんとも美味しく、すすんですすんで困りました。
b0019591_16013986.jpg
苺と生ハムのサラダにはたっぷりの葉っぱとスナップえんどうとブロッコリも入って、
おまけにチーズまで!贅沢この上なしのボリュームサラダでした。
苺、何年ぶりで食べたでしょうか、甘くて冷たくて口の中が爽やかになりました。
お口なおしというには量が多すぎるのが難点というくらい多かったです。
写真はこれで二人分、きちんと取り分けて頂きました。
b0019591_16045921.jpg
行き先を御堂筋ロッジに決めてから、ずっと楽しみにしていた海老フライ。
もしメニューの中になかったら単品で注文してでも食べようと思っていました。
ちゃんと入っていてほっと胸をなでおろす、、、。
頭がちゃんと上を向いているのは下に小さな茄子のフライが忍ばせてあるから。
レモンをしぼってタルタルをつけて、頭からしっぽまでバリバリ食べました!
ああ、美味しい、もっとたくさん食べたい、、、けれども次はお肉ですからね、
やめておきましょう。
夫は掟破りで赤盆(ご飯セット)をこの時点で出してもらっていました。
やっぱりこういうのはご飯と食べたいらしい。
b0019591_16072463.jpg
満を持して牛ロース網焼きの登場です!
私の写真が拙いのでいまいちこの量感が伝わらずやきもきしてしまいますが、
実はこれ、とっても量が多いのです。結構な大きさが三切れです。
下には玉葱を炒めたものが敷いてあって、カツイさんわかってるー!と涙が出そう。
これは持論なのですが、お肉には玉葱の炒めたものが最高の相方だと思っています。
甘辛の醤油ダレがまた小憎らしい!お肉を美味しく食べる究極を味わいました。
b0019591_16121865.jpg
お肉の登場と共に赤盆が供され、やっぱりお肉とご飯は最強!と改めて感じ入り、
大大満足のランチが終わろうとしていたとき、お献立表を見ていたら、
もう一度最初から食べたい!くちくなったお腹をさすりながら思ったほどでした。

お食後はコーヒとミルクのアイス。さっぱりとした甘さでスッキリしました。
ここで、ん?甘い物ダメじゃなかったっけ?と思われた方もいらっしゃるでしょう。
そうなのです、年末以来、少しずつ甘い物も果物も食べられるようになっています、
というよりも、自ら欲して買うくらいになってしまいました。
なにゆえに?と問われればそれはひとえに精神的ストレスと思われます。
原因もはっきりしている精神的ストレス、けれど絶対に解消されないもの。
だからこそより一層ストレスはたまる一方なのです、、、ああ無情。

ともあれ、大満足でお店を出たら行き先はひとつ、阪急百貨店地下です。
しかしながらお腹がいっぱいで何を見ても食指が動かず、
買った物は出店できていた長池昆布のささめ山椒昆布と夫の刻み奈良漬けのみ。
ウロウロする元気もなく電車に乗って家に帰ったら間もなく夫のいびきが聞こえ、
私もウトウト、、、なんとも幸せな一日でした。
今日から始まる21年目もどうぞよろしくお願いいたします。
 たのもしき大黒柱の傘下にて天下無敵のしあわせわれは

[PR]
by orochon3 | 2017-02-15 12:56 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)