タグ:たべもの ( 134 ) タグの人気記事

目的地ではない場所

昨日は和歌山を目指し9時前に家を出て、
5号湾岸線に乗りました。
すると間もなく眼前に果てしなく続く大渋滞、、、
なんで?
そこでようやく思い出しました。
「5号湾岸線はリフレッシュ工事をします」
とテレビのコマーシャルで言っていたことを。
そのことを夫に告げていたことも。
言った本人も言われた当人も、
どちらもがすっかり忘れていたのでした。
高速に乗ってしまってから気がついても遅いです。
ラジオで渋滞情報を聞いてみると、
南港まで1時間半だと言うではないですか、
ナビでは和歌山の到着時間は午後4時?!
、、、絶望的です。
引き返そうにも車線変更はできません。
とにかく三車線が一車線になるところまで
行くしかない、という結論になり、
延々と続く渋滞をノロノロ進みます。
ありがとう浜村淳が終ってしまっても
まだまだ一車線にならず、ようやく一車線になった!
と思ってもノロノロノロノロ。
まるで歩くような速度です、、、と思っていたら
あ、尼崎の出口がありました、もう降りよう、帰ろう!
寛屋さんにキャンセルの電話を入れて、
義母へも断りの電話をいれて高速を降りたのでした。

いつまで続くのかと気が遠くなっていましたが、
ようやくホッと一息ついた時はもう11時。
尼崎で降りてホッとしたのかお腹がすきました。
寛屋でステーキとハンバーグを食べる気でいた夫、
ここから一番近いステーキ宮へ行くと言います。
はいはい、もうどこでも良いです。お供しましょう。
果たして這う這うの態でお店まで辿り着きました。

b0019591_14404017.jpg
私は宮ステーキとハンバーグのセット。
大きなハンバーグにお肉が三切れついていました。
右上の小さな鉄板でお肉をよく焼きなさい
という指示がお店からあって、
切りながら焼きながら頂きました。
宮のたれが良い仕事をしてくれたのですが、
前回に比して今回のお肉はかなり固かった為、
アゴの悪い私には苦行のようでした、、、。
けれどもその分ハンバーグが至上の美味しさ!
食べきれなかった分は夫へ進呈しても、
お腹いっぱいではちきれそう。
ごちそうさまでした。

寛屋で食べるはずだったお肉とハンバーグ。
でも食べる場所が違ってしまいました。
 二時間をかけて着いたは尼崎 それだけあれば琵琶湖も行けた


[PR]
by orochon3 | 2017-10-17 12:42 | 日記 | Comments(0)

暑い一日

暑い!暑い!
洗濯を干していると焦げそうな陽射し。
なんだか夏にもどったようですが、
空を見上げると高くてちゃんと秋の空で
少しホッとしました。

世の中は連休だそうです。
そう言えば街中に車が多いような、、、。
それなのに、車を点検に出すという夫。
ヒマな私はとりあえずついて行きました。
車を出している間にランチに行こう。
GSのすぐそばにある”あえ”というお好み焼きに
行く予定で出かけました。
ここはいつもジムの帰りに前を通るお店で、
いつつぶれるかとハラハラしていたのですが
予想に反して健闘しているみたい。

b0019591_15532546.jpg
豚のそば焼きです。
おそばは細めで固め、もう少し焼いて欲しいところ。
お野菜も少なめですが豚肉は美味しいです。

b0019591_15533220.jpg
続いて豚のねぎ焼き。
ソースが選べます、これはポン酢と一味。
初めからかかっていて鰹節もかかって一味もかかって
出てきますが、追い一味も持ってきてくれました。
見た目から味が薄いかな?と心配しましたが
しっかりとした味つけで最後まで美味しく頂きました。
葱の存在感があと一歩かなぁ、、、。

b0019591_15534193.jpg
定番の豚のお好み焼き。
私はお好みもたこ焼きもソース・オンリー派です。
カツブシも青のりももちろんマヨネーズも要りません!
お好みは割に大きめで、たっぷり。
ソースはオタフクのようで、
小皿もテコもオタフクのマーク入りでした。
私はオタフクソースがあまり好きではないのですが、
トータル的には美味しく頂きました。
そば焼きと同様にもう少し焼いて欲しかったところ。

テーブルに鉄板はなく、このような鉄皿に各々の
料理が乗せられて供されます。
涼しくゆっくりとお好み焼きを食べることができる
良いお店でしたが、全体的にあと少し、、、
というところでした。頑張って欲しいです。

食後GSに戻ると車の点検は終っていました。
さあ帰りましょうとなりましたが、
その後の夫の寄り道が思いのほか時間がかかり、
帰ったらもう夕方!暑い暑い一日でした。
 肌をさし夏を思わす陽射しでも実った柿が秋を知らせる

[PR]
by orochon3 | 2017-10-09 16:11 | 日記 | Comments(0)

「関ヶ原」を観に行く

昨日は夫に誘われて「関ヶ原」を観に行きました。
いつものブルメールHAT神戸です。
私が50歳になったので、夫婦割引の二人で2200円
というウレシイ料金になるのです!
夫婦どちらかが50歳以上で割引になる仕組みです。
今迄はペアデイ割引で二人で2200円になる
毎月22日にしか行っていませんでしたが、
これからはいつでも2200円なのです。
嬉しいな、歳をとって早速良いこともあるのですね。

映画はちょうど12時55分開演だったので、
観る前にHAT神戸内にあるちゃんぽん亭へ行きました。
ちゃんぽんと言っても長崎のものとは違って、
ここは近江ちゃんぽんであっさりスープの細麺、
野菜もたっぷりの優しい味です。
途中で自家製辣油を入れるとまた違った美味しさになり、
まったく期待していなかった分、大満足でした。

b0019591_09444939.jpg

さて、肝心の映画ですが、、、。
司馬遼太郎の『関ヶ原』が原作ですから、
面白くないはずはないと思っていました。
もう何度読んだかわかりません。
1981年TBSで三夜連続で放送されたドラマ『関ヶ原』は
原作をほぼ忠実にドラマ化したもので、こちらも原作同様
もう何度観たかわからないほどです。
キャスティングの素晴らしさは後にも先にももう
あんなに豪華でぴったりの配役は見たことがありません。
三成は加藤剛、島左近は三船敏郎、家康は森繁、と
各武将がその役者として覚えてしまっています。
「島津は動かぬ」「金吾、ちがうぞ」などなど名台詞の
数々は今でもその場面と共にすぐに思い出せるほど。
映画はそれとは違うのだと自分で自分に言い聞かせ、
気持ちを切り替えて観ることにしました。
ところが、、、。
長くなるので続きます。

今日は寒い雨降りで急に寒さが増しました。
お昼は半年ぶりくらいの寄せ鍋うどんにしました。
頂いたスダチが大活躍で、おんちのお出汁にグンと
美味しさを増してくれます。
それに椎茸や舞茸の美味しかったこと!
これから始まるお鍋シーズン、
夏には味わえなかった美味しさを愉しみましょう。
 ほっこりとすだちの風味も香しく シーズン到来うどんすき鍋

[PR]
by orochon3 | 2017-10-06 14:44 | 日記 | Comments(0)

横着カレーうどん

昨日はまたしてもカレーうどんを作りました。
今回は、カレーからの流用ではなくて、先日スーパーで見つけた
S&Bの和風カレーうどん(HPはコチラ →  )のルゥを
使っていきなりカレーうどんを作ってみました。
b0019591_07140568.jpg
(S&BのHPより)

ルゥを溶かした後に醤油を100mlほど入れるところが少し違うくらいで
作り方は普通のカレーとほぼ同じです。
作る前からどんな味になるのか少し心配していましたが、
醤油を入れる前に味見をしにきた夫が、一口食べて「あまっ!」と叫び
これは甘いで、甘いで、と騒いぐので、醤油を少し入れて私も味見。
醤油を入れても底辺にながれるくどい甘さが残って、イヤな感じ。
醤油を100ml入れたところで再度味見をすると、
甘くてしょっぱい、ちょうどみたらし団子の餡のような味に
カレー風味があるというヘンテコなカレーうどんが出来上がりました。
やっぱり!私の不安は的中したのです。
そこへ出汁やらぢんとらのカレー粉やら生姜やら色々と入れて整えて、
それでもベースにみたらし団子の味がするので微妙でしたが、
八幡屋礒五郎の七味で風味をつけてなんとか頂きました。
食べている時に夫が「これは関東のカレーうどんとちがうか?」と
ふと言ったことに激しく同意!
総体的に出汁の効きが薄く甘い出汁という点で、長年慣れ親しんだ
関西のカレーうどんとはちょっと違っていたように思います。
食べられないほどではありませんが、もうこのルゥは使いません。
毎日美味しい物を食べ続ける日々が続いていましたが、
この日でその記録がストップしてしまって残念無念!
横着したバチがあたってしまいました。
これからはチャンとカレーから作って転身させましょう、、、
と言ってもそれが正解なのかどうかは定かではありませぬが。
 友に会い聞いた話の内容を反芻しつつ過ごす秋の夜

[PR]
by orochon3 | 2017-09-21 16:04 | 日記 | Comments(0)

時計と洋食

腕時計を求めて梅田のヨドバシへ行ってきました。
日付のわかる大きな文字盤やライトが点くことを条件に
探していたらBaby-Gに辿り着きました。
50でコレはどうかとも思いましたが、
他に気に入るものがありません。
カワユイものを身につけると女性ホルモンにも良いらしいし、
気持ちだけはいつまでも若いつもりで、
いまの私に無理がなければこれでもいいか、と思いなおし、
色々と迷った挙げ句に残ったものがコチラです。
(Baby-GのHPより →  )
肌がかゆくなるかどうかはまだ不明ですが、
樹脂とのコンビはピッタリ肌に着く感じが弱いと感じました。

そうして新しい時計を早速腕につけてランチへ。
向かった先は新梅田食堂街です。
いつもはお店を見ながら通り過ぎるだけでしたが、
ずっと気になっていたスエヒロへ行ってみました。
(新梅田食堂街スエヒロのHPはコチラ →  )
”梅田で愛され続けて65年”というキャッチフレーズに惹かれます。
こんなど真ん中で65年も続いているってどんなお店でしょうか。

迷わず注文したのはミックスランチ1,300円也。
帆立フライ2ヶと海老フライ1ヶ、案外大きなハンバーグ。
たっぷりのキャベツとトマトに胡瓜。
これにごはんの懐かしい味のコーンスープ、これもたっぷりついています。
海老フライとハンバーグを見ると何故こんなに心がワクワク弾むのでしょう!

b0019591_14313627.jpg
タルタルは酸味がもう少し欲しいところですがちゃんと美味しい。
ハンバーグはほろほろとくずれてしまうほど柔らかくて、
デミソースは見た目よりずっとやさしくてあっさりしています。
もちろん、たっぷりのデミソースはごはんにもよく合います。
夫の注文したロースステーキランチもデミソースがピッタリ。
至福の時とはこういうことを言うのでしょうか。
正しい、そんな言葉が浮かぶ気取らない普段使いできる洋食です。
この場所で65年続いている理由がわかりました。
また来よう、今度は海老のコロッケも食べたいです。

食後は阪神百貨店の地下へ”やよい”のちりめん山椒を買いに行き、
試食をして、葉山椒の佃煮も買って、ホクホク。
それからヨドバシへ戻ってもまだ2時間足らずでした。
駐車券のサービスである2時間内で全ての用事が済んでしまい、
最近できたヨドバシとJR大阪駅をつなぐ夢の橋「淀橋」は
つくづく便利なものだと実感したのでした。

昨日は貴景勝、初金星おめでとう!
横綱相手にあの気迫、素晴らしい。
嬉しくてインタビュウでは涙がこぼれました。
 頼もしき郷土の力士貴景勝 初金星に座布団が飛ぶ

[PR]
by orochon3 | 2017-09-20 13:05 | 日記 | Comments(0)

休日のごはん

連休と言っても吾が家には無関係なのですが、
いつもと違うのは外食には行かないこと。
なので家でちゃんとごはんを作って食べているのです。
だから連休きらい。
とは言え、凝ったお料理ができるわけでもなく、
いつもおんなじワンパターンのローテーションであります。
そんな敬老の日のお昼は定番のソース焼きそば。
いつもよりは少し控えめの味つけにして、、、
昨日のカレーうどんで残ったカレーあんをかけました!
ソース焼きそばに和風のカレーあんが絶妙に合って、
B級なのでしょうがなんと美味しいこと。
テレビで京都の懐石料理が映し出されていました、
大阪のフランス料理も映っていました。
でも私が食べたいものはああいうものではないのです。
B級グルメ、バンザイ。

夕べは台風、怖かったです。
そして台風一過、よく晴れたので夏布団を洗って干しました。
今夜からは、あいがけ布団でほっこりしよう。
 荒れ狂う激しい風雨がベランダを洗い流して台風一過

[PR]
by orochon3 | 2017-09-18 13:47 | 日記 | Comments(0)

カレー食べ比べ

先週カレーを煮いた時に初めて使ったハウスのルゥ、
その画期的な使い勝手の良さに感動しました。
(前回カレーを煮いた時のブログ →  )
その時は”スパイスがきわだつ辛口”のルゥでした。
その後、”コクがきわだつ中辛”のルゥを見つけたので、
食べ比べてみようとまたしてもカレーを煮いたのでした!
カレーなら毎日でも良いと豪語する夫で良かった。

果たして前回と同じように煮いて、味を比べてみました。
作っている最中から、まず香りが違いました。
馴染みのあるカレーの良い匂い!
そして辛口に比べると色もいつものカレーの色で、100点満点の安心感。
味見をしたら、説明書通りで、甘さがまずきてから辛さが後からきます。
黒胡椒、にんにく醤油、どろソースなどで味を好みに調整しました。

b0019591_14023772.jpg
写真にするとほとんど変わりがわかりませんが、確かに味が違います。
夫はどちらかというと辛口の方が好きだそうですが、
私はこの中辛がほっとする味で好きでした。
何よりこのきわだちのルゥは、長年使い続けてきたS&Bの
ゴールデンカレーのルゥで作るよりも、粉っぽい重たさがなくて、
でもちゃんとコクがあって、簡単なだけでなくとても美味しいです。
断然ファンになりました。
作る時にもう少し色々と工夫すればもっと美味しくなると思います。
今度は中辛と辛口を混ぜてみても面白いかもしれません。
簡単ですぐできるので、夏場でも作るのが苦にならないし、
カレーの頻度がぐんと跳ね上がる予感、、、と同時にカレーうどんという
嬉しいおまけももれなくついてきます♪
もちろん今回も少し残ったので、カレーうどん、カレーうどん!

昨日、今日とグンと気温がさがりました。
良い季節はいつもあっという間です。
 長月も半分過ぎて願わくば深まる秋に遠くへ行きたし 

[PR]
by orochon3 | 2017-09-16 16:04 | 日記 | Comments(0)

カリーブルストで〆

涼しい朝!肌寒いくらいでした。

一昨日の元町”伊藤グリル”に行った続きです。
上等のビフカツを食べて大満足したはずなのに、
続いて向かったのは、、、
お店の前はものすごくよく通るのに、
主食ではないし、おやつならたこ焼きだし、ということで、
行く機会がなかったインビスにとうとう行ってきました。
念願のカリーブルストで〆です。
b0019591_16054748.jpg

写真ではポテトの方が主役のように見えますが、
奥に写っているフォークの刺さっているものがカリーブルスト。
白くて柔らかいドイツのソーセイジにカレーがトロリとかかってカレー粉が
ふりかけられたもの。一度食べたいと思いながら、ようやくにして叶いました。
そしてこれはもう絶品です!カレーがトロリとしていてスパイシー、
ひつこいようですがトロリかげんが程よくて飲み込みやすくて最高!
ビフカツを食べた後でもパクパク食べてしまいました。
ポテトにつけるマヨネーズソースもオリジナルでしょうか、
とてもよく合います、もちろんビールはお約束。
無限に食べ続けられそうな黄金のトリオに出逢ってしまいました。
そういえば神戸はインドだけでなくドイツにも深くつながりがありました。
生まれてはいないけど幼い頃から育ったまちです、
食文化が豊かで恵まれていて幸せ!

センター街をブラブラしながら三ノ宮まで歩き、お茶をしたり、
そごうの地下でいろいろと買物をして帰りました。
大阪も良いけど、やっぱり神戸がいちばん落ち着きます。
 つきぬけるように高くなった空見上げたしかな秋の訪れを知る

[PR]
by orochon3 | 2017-09-14 15:19 | 日記 | Comments(0)

誕生日のトンカツ

無事に50回目の誕生日を迎えた昨日は、
ガーデンズに行きました。
なんと三週連続で火曜日にガーデンズに行っていますが、
偶然なだけでなんの意味もありません。
コツコツと貯めていたおでかけカードのポイントがかなり貯まったから
”かつくら”で豪遊しようと企んでいて、
せっかくならばと誕生日を祝ってカツ三昧しよう!となりました。
そういえば伊藤グリルでもビフカツでしたっけ、、、
良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、
50の大台にのってもフライ物好きの勢いは止まらず。

注文したのは兵庫県産雪姫ポークのヘレカツ120gに海老フライ追加。
昨日のビフカツの美味しさとはまた違って、こちらはガツン!とパンチのある
身近な美味しさで、あまいお肉の美味しさがたまりませんでした!
海老フライも大きくて酸味のあるタルタルソースたっぷりがウレシイ。
b0019591_15134956.jpg
夫は同じく雪姫ポークのロースとんかつ200gと海老フライを注文したので、
少しロースも味見させてもらいましたが、こちらの脂もまた格別で美味。
食べる前にはエアコンが効き過ぎて寒くてカーディガンをはおっていたのに、
食べている途中からブタミンパワーで汗をかくほど暑くなりました!
ああ、美味しかった!牛も豚もお肉は良いですねえ。

お昼はかつくらでトンカツ!と決めて家を出る時、
「おまえは肉を食っていたら(元気で)安心や」と夫に言われましたが、
私はお肉でできてるからね、50年!と威張って返事をしました。
何より私を理解してくれている夫に祝ってもらい、感謝感激!

50歳の記念に何か買おうとうろちょろしてみましたが、
物欲のないいまの私は物欲よりも食欲で、
前日のビフカツとトンカツ&海老フライでもう充分です。
50歳記念の品物よりもこの思い出があれば良いです。
 今日の日を思い出させるモノよりも心に残る思い出の味

[PR]
by orochon3 | 2017-09-13 14:26 | 日記 | Comments(0)

幸せ元町

本日とうとう50歳になりました!
たくさん、たくさんの方々のお陰で、今日まで辿り着くことができました。
皆々さまに心より御礼申しあげます。
ありがとうございました。

昨日は蒸し暑い中を三ノ宮へ出てきました。
「もん」でお誕生日の前祝いを豪勢にやりましょう、
ということで久しぶりの三ノ宮でした。
ところが、、、まさか、まさか、の臨時休業。
途方に暮れましたがすぐさま次の店を考えます。
「もん」はものすごく身近なのに行ったことがなく、
一度行ってみようということで決めたので、
他にそういうお店なかったかな、、、と思案した結果、
南京町の伊藤グリルに決めました。
どちらも超有名店でありながらご縁がありませんでした。
豪勢なのはどちらも同じ、ビフカツ食べに行きましょう!
人気店だということで10分前からお店の前で待って、
窓際の良いお席に着くことができました。

夫は生ビール、私は赤のグラスワインを頼んで、
前祝いの乾杯をしてもらいました。
間もなく小さなサラダと冷たいスープが供されます。
上等の洋食屋さんの味がしてしみじみと美味しいスープでした。
「美味しいね」と夫に言ったらもう食べ終わっていてビックリ。
b0019591_16053949.jpg
さあ、私のビフカツがおでましです。
運ばれた途端「うわぁキレイ!」と叫んだ程とても美しい一皿。
均整のとれた衣に、非の打ち所のない火の通り加減はさすが。
すべてのバランスがちょうど良い加減になるように、
お肉が丁寧にビフカツという上等なお料理に仕立てられていました。
ひとつだけ難を言うとすればソースが少ないことくらい。(美味しいからもっと欲しい)
端正で正統派のビフカツ、私は初めてこういうビフカツを頂きました。
柔らかくてあまり噛まずあごがほとんど疲れることなくのどを通りました。
ビツカツって美味しいお料理なのだと改めて思いました。

b0019591_16195896.jpg
目の前では吾が夫は大好物のテールシチュウにむしゃぶりついていました。
二人で大好きなものを食べることができて本当に幸せです。
かなりお腹がいっぱいになったはずなのに食後のコーヒも頂かず、
元町の交差点を渡ったところにある某所へと移動しました(以下つづく)。

美味しいな、楽しいな、嬉しいな、
40代にあった色んな事はもう忘れましょう。
今日から始まる50代、イヤだイヤだと言っていても仕方ありません。
腹をくくってもうこれからは色々と欲張るのもやめて、
ただ”健やかに”過ごせるように心身ともに整えていこうと思います。
 心よりあまたの感謝ささげつつ今日より吾は五十路を辿る

[PR]
by orochon3 | 2017-09-12 09:26 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(150)
(134)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧