タグ:たべもの ( 155 ) タグの人気記事

東部のオリーブ

今日はカインズへ諸々の買い出しに行って、
ついでに夫のリクエストで洋食を食べに
東部市場のオリーブキッチンへ行ってきました。
私は5月に友達と行ってお気に入りになったところです。
大盛りだから夫にも紹介していたのでした。
私は前回とーっても気になっていた焙煎カレーを注文したら
お店のお姉さんが上に何かのせたらどうかと言います。
例えば唐揚げとか、と言うので「美味しい?」と聞くと
笑顔で頷いたのでそれに決めました。
どうやらイチオシメニューだったようです。
これはオリカラカレーという名前で、
実は向かいにあるカフェのメニューなのでした。
オリーブカフェはカレーのお店で、オリーブキッチンでも
カレーを頼めばカフェの方から運んでくれるのです。
帰りにカフェの看板を見たら、オリカラカレーは
鶏唐、自家製焙煎カレー、魔法の白いソースと書かれていました。
白いソースはマヨネーズをゆるくしたような味と形状で、
唐揚げにもカレーにもよく合っていて、私は好きな味でした。
肝心のカレーは、ちょっと油断していましたが本格的な、
コクのある美味しさ、あとから辛さがくるタイプですが大満足。
唐揚げもご飯もルゥも大盛りですごい量、到底食べきれません。
これにサラダと福神漬けがついて850円也。

b0019591_15595877.jpg

夫は懸案であったという「オリーブランチ」。
これには”男の夢叶えました”というキャッチフレーズが
ついているのです、男ではないけど私も食べたい内容です。
ハンバーグ、海老フライ、鶏唐、クリームコロッケに、
焙煎カレーと大盛りご飯、そしてお漬物とお味噌汁まで!
至れり尽くせりのランチです、1100円也。
どれもちゃんと作られていて美味しいと彼も大満足でした。
そして食べきれなかった私のカレーも食べてくれたので、
もうハラいっぱい!と言っていました。まぁ当然でしょう。
隣のお客さんが食べていたカキフライは、その大きさに
思わず目がテンになるほどで、後ろの人のカツレツも、
お皿いっぱいの大きさでした。
何もかもが大盛りの夫には最適のお店でした。良かったね。
私は今度は海老フライカレーにしてみようかしらん。
(オリーブキッチンの食べログはコチラ →  )

12月ももうあと半月。
お正月が楽しみな年齢でもありませんが、
ニューイヤー駅伝と箱根駅伝は楽しみ!
と言っても駒澤はもうダメなんでしょうね、、、。
 煩悶のからみまつわる身はつらくどこへも届かぬ悲鳴をあげる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-15 16:49 | 日記 | Comments(0)

また天満

朝からまたまた天満に行くと夫が言うので、
ギックリのリハビリ気分で私もついて行きました。
気になるところがあるのです、一緒に行って
お昼ご飯を食べて帰りましょう、そうしましょう、
と有無を言わさない態度でのぞみました。

私がずっと気になっていたのはお好み焼き屋さんで、
天満の駅からすぐ近く、超有名な千草というお店、
ではなくその並びにある「つる家」さんというお店。
外観は古い喫茶店のようで、のぞいた感じも喫茶店?
と思いきや良い匂いのするお好み焼き屋さんです。
夫も乗り気で行ってみると開店11時半、、、まだ11時前で、
用事を済ませても11時でした。
そこでもう一軒、二人して気になっている大一そばの方へ
行ってみたら9時開店で既にお客さんもちらほら。
ヨシ!と気合いを入れて、うどん→お好みという
夢のリレーをすることにしました。

まずは大一のカウンターに座り、
夫は昆布うどん、私はうどんにかやくご飯がついた
うどん定食にしました。うどんは天かす入りです!
とにかくかやくご飯が食べてみたかったので。
もちろん、かやくご飯は半分こしました。
数日前に行ったつつみやさんのおうどんも
とても美味しかったのですが、なんとこちらの方が
だんぜん私の好みの柔らかいおうどんで、
かやくご飯も理想的な平均的かやくご飯で美味しい!
そしてお出汁はなんともいえないギリギリの下品さで、
(上品まであと一歩というギリギリの下品さ加減)
ズルズルといつまでもすすっていたい美味しさでした。
お会計は、うどん定食380円、昆布うどん280円。
美味しさにもお値段にも驚いてしまいました。
(大一そばさんの食べログの頁はコチラ →  )

食後はぷらら天満でブラブラして時間をつぶして、
11時半になってようやく、さあ、つる家さんへ。
自分で焼く式の懐かしい昔ながらのお好み焼き屋さんです。
優しくて気さくなおばさん二人が応対してくれて、
私は豚玉700円、夫は豚玉定食850円を注文しました。
おばさんが「焼きましょか」と言ってくれましたが、
私は豚をてっぺんにしたい派なので自分で焼きました。
もちろん夫も自分で焼きます、と言って二人じっと待ちます。
お好みは時間がかかるのでおうどんを食べてきておいて良かった!

b0019591_14245848.jpg

余裕をもってじっと鉄板の前で焼き上がりを待っていたら、
ちょうど良い頃合いにおばさんがお盆をもって現れました。
お盆には辛子、マヨネーズ、かつぶしが乗っています。
我々のお好みの焼き具合を見たおばさんは、
もう少し焼きましょね、と言ってひっくり返しました。
おばさんの流儀に則ってお任せしましたが、再度ひっくり返すと
まさしくちょうど良い焼き加減になったのです、さすが。
私はソースだけで良いです、夫は辛子以外はすべて、
はっきり主張し、おばさんが手際良くかけてくれた結果がこちらです。

b0019591_14250704.jpg

美味しい、実に実に普通の正統派のお好み焼きでした。
ソースも生地も具も、ああこれが大阪のお好み焼きだわ、
と深く納得して美味しく美味しく頂きました。
(神戸のお好みとはどこか少し違うのです)
ただしさすがに食べきれず四分の一は夫に進呈したところ、
私のお好みは混ぜ方があまい、俺の方が美味しかった、
とダメだしをされてしまいました。
私の食べた部分は非常に美味しかったので、ダメな部分が
夫へ渡ったようです、それは申し訳ないことをした、
と少し反省したのでした。
(つる家さんの食べログの頁はコチラ →  )

それにしてもこの”天満・夢のリレー”は、
毎週行きたいくらい美味しくて大満足でした。
なんの変哲もないいたって普通のお店、
まるで吉本新喜劇に出てくるようなおうどん屋さんや
お好み焼き屋さん、こういうお店が良いです。
用事も済ませお腹いっぱいで帰宅してもまだ1時でした。
 常常にわれの五感を刺激する鉄の双璧ソースとお出汁

[PR]
by orochon3 | 2017-12-11 15:48 | 日記 | Comments(0)

懐かしいラーメン

マルタイの棒ラーメンというのがありまして、
いままで見たことはあっても買ったことも
まして食べたこともありませんでした。
それが先日、水炊きをする時に〆のラーメンを買いに行き、
魔がさしてこれを買ってしまいました。
スープがついていましたがその時は麺だけを食べ、
思ったよりも麺がしっかりしていたので驚きました。
私はもっと柔らかくなるほうが好きなので、
これはもう再登板はないです、と判決をくだしました。

二人前入りなので一人前残っていたところ、先日、
夫が付いていたスープで棒ラーメンを食べていたので、
少し食べさせてもらったところ、ビックリ!
ものすごく懐かしい味、どこかで食べたことがあるような。
あ!と思い出したのは「みゆき」のラーメンでした。
「みゆき」は子供の頃、近所の市場の横にあった
なんの変哲もないラーメン屋さんです。
そこのラーメンを思い出させる味だったのです。
みゆきのラーメンは「美味しい」というものではなくて、
食べに行った回数もとても少なかったです。
我家も含めてうどん文化にどっぷりつかった地域で、
食べに行くならダンゼンうどん屋さんでしたし、
当時はそれほどラーメンが身近ではありませんでした。
誰もが美味しいラーメンというものに頓着していなかった
ように思います。
ひょんなことから懐かしい味を思い出しました。
b0019591_12373292.jpg
(マルタイのHPより)

個人的には小学校の時、代々木の岸体育館の食堂で食べた
醤油ラーメンがめちゃくちゃ美味しくて、その時初めて、
ラーメンというものは美味しいのだと知りました。

腰の痛みが10年前とまったく同じで、
時期もちょうど同じだし、
なんだかタイムスリップしたみたいです。
12月というのはそういう時期なのかなあと
考えていてふと気がつきました。
10年前のあの頃と今の心の状態が、
イヤになるくらいよく似ているのです。
10年前のあの頃、かなり限界にきていました。
そして今、考えないようにしていたけれど、
心の方ではもうじゅうぶんに限界だったみたい。
 腰痛はたしかな心のバロメーター痛みを感じ限界を知る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-10 14:20 | 日記 | Comments(0)

三色うどん

今日は朝一番に乳腺クリニックへ行きました。
9月から予約していた検査の日だったのです。
マンモグラフィーとエコーと触診と、
三段階の検査の結果は「異常ナシ」とのこと。
乳腺症の痛みはまぁガマンしてね、と先生に言われて
無事にすべて終了しました。

終ったよーと夫に連絡をして駅で待ち合わせ、
用事で天満に行くという夫に便乗して、
私も一緒に大阪へ行ってきました。
まだ腰が痛くて一人ではこころもとないけれど、
買い物など諸々の用事があったので渡りに舟で
本当にちょうど良かったです。
夫の用事も終わり、ちょうど良いので合間にランチ。
曇天で寒いから何かあったかいモンがいいな。
けれど歩き回るのは今日は無理です。
それではいつも気にかかっていたおうどん屋さんに
この機会に行ってみましょうか、と入ったのが
天満の駅からすぐのつつみやさんです。
(食べログの頁はコチラ →  )
入り口からお出汁のものすごく良い匂いがして
お腹がぐーっとなりました!
店内は明る過ぎず懐かしい雰囲気で居心地良く、
とにかくなんだか良い気持ち。
注文したのは三色うどん550円です。
きつね、海老天、とろろ昆布の三色だと言われ即決。
この間食べた彩りうどんはワカメでしたが
私はここのとろろ昆布の方が断然好きでした。
それにかやくごはんの(小)80円を頼みました。
ほとんどかやくははいってなくて色も味も薄めで、
でもとても美味しいのです、
お出汁のしゅんだきつねを一口かじって、
このかやくごはんを一緒に食べたらもう!
まさしく至福のひとときでした。
ちなみにお店のお姉さんは「さんしょく」ではなく
「さんしきうどん」と注文を通していました。
そういえば、後ろのお客さんの小きつねうどんは
「こきつね」と注文を通していて可愛かったです。
夫はカツ丼とミニそばの定食にしていましたが
これは720円、二人で合計1350円でした。
すべて普通に美味しく、正しいおうどん屋さんで大満足!

いつもなら歩くところ、今日は電車で梅田へ移動して
阪急、阪神と百貨店はしごをして用事はすべて終りました。
買いたいものも買い、かなりくたびれて帰路についたら
まだ12時半を過ぎたところでした。
腰が痛いとあれこれ寄り道できないから余計な出費もなく、
意外に良いこともあるのでした。
 ”異常なし”なにより嬉し言葉聞く毎年ながらほっとするとき

[PR]
by orochon3 | 2017-12-08 15:35 | 美容&健康 | Comments(0)

ギクってしまいました

今朝、良いお天気だったのでシーツを洗濯して
枕も干してあれこれと珍しく立ち働いていて、
床に落ちたものを拾い上げた途端に、
腰にイヤな痛みが、、、そして動けなくなりました。
ちょうど10年前のクリスマスの前にギックリ腰を
しています、あれは仕事場でのことでした。
毎年12月にはいろいろ起こるので、気をつけようと
思っていた矢先にコレ、しかも”おついたち”にです。
運良くいつも診てもらっている先生の予約がとれて
午前中に夫が車をだして連れて行ってくれました。
果たして”ギックリ腰”と言われてしまったのですが、
すぐにみてもらえたおかげで痛みはずいぶんマシに
なったとはいえ、まだまだ痛くて不便この上ありません。
ただ、安静にしてはいけないそうです。
小股でチョコチョコと歩き回るのが早く治すためには
良いのだそうで、真面目にチョコチョコ歩いています。
帰り際、私が何も言わないのに、
「これは行程をふまえてちゃんと治ります、
ギックリ腰では死にません」と言われました。
私の顔に”不安”と書いてあったのかしらん。

夫は治療が終るまで待っていてくれて、
おまけに帰りがけに王将へ連れて行ってくれました。
なんという優しいお方、、、ありがたや。
12月限定のフェアーメニューという
「五目あんかけラーメン」が目に入りました。
この心身ともに弱っているいまにピッタリ!
あらく刻んだしょうががたっぷりのっていて
身体の中からホッカホカになりました。
あんがからんだ細麺も優しくて美味しくて、
餃子と一緒に食べたら、痛さも忘れるほど。
ああ美味しかった。
と、言っても治ったわけではなくやっぱり腰は痛い。
とうぶんはチョコチョコ歩きを頑張ります。
 うつむいた顔をあげれば眼前にひろがる山の紅葉あざやか

[PR]
by orochon3 | 2017-12-01 17:43 | 美容&健康 | Comments(0)

全治二か月(自己診断)

今月あたまに痛み始めた左手の甲が
まだいつまでも痛くて、どうしたものかと
ずっと気にかかっていました。
原因はどうやらゴミ袋をしばる時に人差し指と
親指を変にひねってしまったからのようでした。
というのも、その時には確かに激痛が走ったのに
すぐに治ってしまって私自身が忘れていたからです。
その数日後から急に痛み始めたので、しばらくは
なぜこんなところが痛いのかわからなかったのです。
まぁ原因がわかったからといって治るわけでもなく、
いつまでもいつまでも痛いのでイヤだなあと思い煩って
うっとおしい日々を送っていました。

昨日の午後、洗い物をしていて激痛がはしり、
まったくユウウツになってしまいました。
いったいいつになれば治るのか先も見えず。
手の甲だけでなく、右の肩から腕、そして手首まで
うずくような痛みがずっとつながっているのです。
お風呂の中で温もりながらその場所を辿りながら
皮膚をつまんでゆらゆら揺らしてみました。
すると痛む手の甲のピリピリ感が薄れています!
調子にのって今朝もずっとつまんでは揺らしました。
ちょうどいつも診てもらっている先生のところへ行く日
だったのですが、先生もだいぶ良くなっていると言います。
そうなんです、ピリピリもだいぶなくなったんです、
張り切って私も言いました。
「もう治らないかと思っていたから、ウレシイ」
すると先生は笑いながら間髪入れずに言いました。
「ぼくは治ると思ってました」
ああ、良かった。
全治まであともう少しかかりそうですが、
とにかくバンソウコとはこれでサヨナラできそうです。

駅まで迎えにきてくれた夫と久しぶりにららぽーとへ。
ランチはさぼてんのトンカツを食べましょう。
私は欲張ってヘレカツ、ロースカツ、海老フライ、カニクリームコロッケ
の全部ついているさぼてんセット。それにまだミンチカツもつけて!
どれも小振りですがすべて美味しかったです。
それぞれの半分を夫のお皿へ移したのですが、お腹いっぱい!
b0019591_14070354.jpg
色んな種類が食べられて嬉しいセットメニューでした。
防寒のあったかいパンツを一本買いました。
美味しいマフィンも買いました。
ほのぼのと幸せになりました。
 銀杏葉がペイブメントを鮮やかな黄金に染めて秋のフィナーレ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-30 15:25 | 美容&健康 | Comments(0)

すき焼きでお祝い

昨日、法務局から電話があって、
書類がとおったということでした。
もう行かなくて良いそうです。
ヤッター。

ということで決算も無事済んだし、
色々のことが滞りなく済んだということで、
心祝いにすき焼きをしました。
こういう時、すき焼きというのはまったく適した
ハレの食べ物なのですねぇ。
実は今迄あまり好きではなかったのですが、
夫の大好物でもあり、私も最近甘いものが大丈夫に
なったということで、味付けは夫に任せて挑戦!
果たして、美味しく頂くことができました。
何と言ってもすき焼きの玉葱と白葱は最高です。
そして〆におんちのおうどん、、、美味しかったァ!
お肉は熊本のお肉でしたがなかなか美味しいお肉で、
すき焼きによく合いました。
何か良いことがあったらまた食べましょう。

食べたあとには部屋中にすき焼きの匂いが充満して
一日換気扇をまわしたのに今朝にはまだかすかに
すき焼きの匂いが残っていました。
 すき焼の残り香ただよう今朝の部屋寝ぼけまなこに幸せの匂い

[PR]
by orochon3 | 2017-11-29 15:57 | 日記 | Comments(0)

法務局、で買い物に行く

今朝は早く出て再び法務局へ行きました。
これで最後になるといいな。

用事はあっという間に終ってしまったので、
帰り道にある御影クラッセに寄って、
ちょうどお昼になったのでランチをしました。
杵屋さんで彩りうどんとかやくごはんの定食。
この間からきつねうどん再デビュウを果たしたので、
きつねうどんにしようかと迷いましたが、
彩りうどんには何から何まで入っています。
海老天、大葉天、きつね、出し巻、梅干し、わかめ。
おまけにかまぼこまで、、、夢のオンパレードとは
まさしくこのことでしょう。
わかめはちょっと余計で、きつねはこないだの
食堂の方に軍配があがりましたが、
いろんな具の味が混ざって、お出汁はたいそう美味しく、
身体もポカポカ。満腹満足でした、ごちそうさま。

b0019591_14334162.jpg

そのまた帰りにニトリに寄って、
冬のあったかいスリッパを買ってもらいました。
去年の冬はまさかのしもやけに泣いたので、
なんとしてでもしもやけを防止したいのです。
その第一対策としてのあったかスリッパ。
そしてしょうが湯が良いらしいので買ってみました。
しもやけ、もうイヤ。
 やわらかな小春びよりの陽をあびて冬の寒さをしばし忘れる

[PR]
by orochon3 | 2017-11-27 14:52 | 日記 | Comments(0)

きつねに戻る

昨日は代引きの品物が午前便で届くはずだったのに
結局届かず、なんだかグズグズになってしまいました。
買い物もあったのでとりあえずスーパーマーケットへ行って、
そこの食堂でお昼ご飯におうどんを食べることにしました。
選択肢は色々あったのに、あまりに寒くて汁物が欲しい!
おうどんは、きつね、かきあげ、肉の三種類ありました。
いつもならかきあげに即決するところですが、
何故だかこの日は”きつね”が頭から離れません。
きつねうどんなんて、もう何十年も食べたことないのに。
最近、甘い物を食べることができるようになったせい?
なのかどうかわかりませんが、あの少し甘くなったおつゆに
七味を効かせればさぞ美味しかろうと強く思ったのです。

ところで。
昨今の讃岐うどんブームには少し困っています。
若い頃は私も讃岐うどんにウツツをぬかし、
生醤油だーとか言って讃岐まで行ったりもしましたが、
ふと気がつくとうどんにコシなんて要る?と気づき、
近頃はアゴが痛むのでひたすら柔らかいものが良いし、
何よりも、おうどんとは八割がお出汁!だということに
ようやく戻ってきたのでした。
そしてうどんにコシ要りません、エッジも要りません。
できれば丸くて、ひたすら柔らかくツルっとして
モチっとしてくれていれば文句はありません。
なのに、最近はうどんが美味しいというお店は、
よくよく見て聞いてみるとどこもほぼ讃岐系。
昔、どこにでもあったおうどん屋さんが、近所には、
気がつけばほとんど見当たらなくなってしまいました。
そうなると自分でスーパーでおんちのうどんと出汁を買い、
好きなかやくをのせて食べるしかないのです。
ああ、普通のおうどんのお店ないかなあ。
と最近はいつも探していたのでした。

そこへ、このスーパーマーケットの食堂は、
メニューはなんでもありの食券制です。
もしかしたら、あの、普通のおうどんかも、、、
と淡い期待を持って臨んだのですが、
果たして、何十年ぶりかのきつねうどんは、大正解!
ごくごく普通のお出汁で、うどんは柔らかい期待通り。
きつねも甘すぎずさらっとしていて、
懐かしいあの昔食べていたきつねうどんでした。
七味を効かせて、身体もポカポカ。
これで290円というのですから恐れ入りました。
 おばさんとこどもが大好ききつねうどん かやくごはんがつけばなお良し

もう話題にするのはよそうと思いながら、
稀勢の里、やっぱりダメでしたね。
世間は日馬の事件でそれどころじゃないし、、、。

[PR]
by orochon3 | 2017-11-22 14:32 | 日記 | Comments(0)

優雅な洋食屋さん(2)

昨日は仲良しの友達と洋食の会でした。
忙しかった彼女とヒマな私の願いはひとつ、
八月に行った精養軒への再訪。
仕事がようやく一段落ついたと彼女から連絡があり、
ようやく昨日、寒い中、再訪が叶いました。
寒い中といっても彼女が車を出してくれるので、
乗っているだけの私は寒くなんかありません。
極楽気分であっという間に青谷に着きました。

三ヶ月ぶりの精養軒は、やっぱり良いお店です。
静かで明るくてホッとします。
寒いけどお庭側の席に座るとウキウキ感が高まり
メニューを開く手ももどかしく「何にする?」。
迷って迷って、私はハヤシライス、彼女は初志貫徹で
シーフードピラフに決めました。そしてモチロン、
お約束のカニクリームコロッケを半分こしましょう。
ここで私はカメラを忘れてきてしまったことを知り
落胆してしまいました、、、
というのも、供されたハヤシライスがモノスゴイ量!
友達のシーフードピラフも一合はあるボリューム。
これはきっと吾が夫も大満足だと思いました。
彼に見せてあげたかった、、、。
(今度一緒に行けば良いだけの話ですが)

肝心のお味はというともう涙が出そうなくらいの
美味しさ、優しくて丁寧で、正しい洋食です。
友達のシーフードピラフも少しもらいましたが
貝柱と海老がたくさん入っていてにんにくの効いた
しっかりめの味付けが嬉しい。
前回も頂いたカニクリームコロッケは、
カニがこれでもかと入っていて、クリームは
こよなく優しい。食べてしまうのが惜しい!
というくらい美味しくて自然と笑顔になりました。

珍しくお食後にミニクリームブリュレを頂き、
二人で半分こしました。
これもまた優しくて嬉しくなってしまうお味。
静かな店内、親切なお給仕、何もかもに大満足で
今度はもう断然ビーフシチューを食べようと決めて
お店をあとにしました。

このお店に来ると、二人の母校の前を通ることができ
ワイワイ思い出話をしながら帰るのもすこぶる愉しい!
彼女と通るから余計に愉しいのだと思います。
彼女のおかげで良い学生時代を過ごすことが
できたのだなあとあらためて思ったのでした。

いろいろあるけれど、美味しいものを食べて、
たくさん笑おう、そうすればなんとか乗り切れる、
つくづくそう思った一日でした。
 なつかしい母校のすがた垣間見て思い出話ができる幸せ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-21 14:20 | 日記 | Comments(0)