タグ:昭和10年 ( 8 ) タグの人気記事

母の戀文(私のツボ)

この映画は昭和10年に作られたコメディです。
主役の坪内美子さんは下の写真の向かって左。
全篇を着物で通すモダンな和美人で真ん中の男性良一と結婚します。
向かって右の洋装女性は高杉早苗さん、彼女は良一の妹です。
物語は、美子さんが良一と結婚してすったもんだがあって、
その最大の危機となった恋文が実はお母さんの書いたものであった、
という結末で大団円を迎えるのですが、
物語には関係なく私のツボを並べてみます。
b0019591_14445524.jpg
美子サンが初めて良一の家に来て弟(突貫小僧)にお菓子を渡す場面。
この高台にのったお菓子はどうも固そう。指でつついても弾力がありません。
トングでケーキをはさんでいるところを見ても、
固そうで噛んだらサクっといいそう。
この頃の映画にはたまにでてくる固いケーキ、気になります、、、。
b0019591_14495884.jpg
早苗さんは洋装派で寝るのもベッドでパジャマです。
もちろん既製服ではないパジャマ、たっぷりっとした生地で気持ち良さそう。
枕のカバーや布団がなんとなく和風をひきずっています。
b0019591_14570635.jpg
全身のパジャマ姿もサービス。
b0019591_15074302.jpg
美子サンの女学校時代のお友達と偶然道でバッタリ出会いました。
えっちゃんとかいうこのお友達はお洒落な洋装。
美子さんと同級生という設定なのに年上っぽくてしっかり者という感じ。
この女優さんのせい?と思って調べてみました、
松井潤子さんという方なのですが、
ナント後に水原茂氏の奥様になられます!
b0019591_14584506.jpg
アップもサービス、モダンな洋装なのにどこか庶民的な感じです。
b0019591_15351926.jpg

この映画はテムポが早くて場面が切り替わる時に芝居のように暗転します。
そしてこんな場面が突如映し出されるのです。
なんてことのない場面ですが、モダンなコーヒィカップ、欲しい!
b0019591_15021538.jpg
吾が愛しの徳大寺伸の登場です!かっこいー!
早苗さんの恋人で医学博士?らしく「血液型の研究論文」を書いていて
それが仕上がったら結婚するんですって、いいなあ。
こうした喫茶店での場面はいつ見てもスバラシイ。今となんの遜色ありません。
こういう意匠の喫茶店どこかにないですか?
b0019591_15045119.jpg
この映画で一番の場面。
お勝手というよりはお台所ですね、キッチンと言っても良いかもしれません。
可愛らしい卓上のガス台に脚付きのまな板、広い作業台が羨ましいですね、
そして明るいのが一番素晴らしい。清潔そうで使いやすそう。いいなあ。
b0019591_15084662.jpg
サービスショットはこの台所の横手に見える冷蔵庫?らしきものと、
その上のお醤油の容器と思われるもの。陶器製らしい?
たぶんお醤油だと思うのですが大きいですよね!
b0019591_15104398.jpg
この場面はどうでもよい宴会シーンなのですが、徳利にご注目です。
この徳利が空になったといって良一は「お酒ちょうだい!」と叫びました。
b0019591_15151174.jpg
そしてこの場面。お母さん(吉川満子!)は樽のお酒をまず片口に入れて
そこからお銚子にそそいでいます。
その横で早苗サンがもう一本のお銚子を手にしています。
こういう何気ない暮らしの一場面が大好き。
b0019591_15152909.jpg
良一の家の近所です、広い道はまだ舗装されていず雨が降ったら難儀でしょう。
家々には電気がひかれているのもわかります。
どんな暮らしをしていたのか、お邪魔してみたいな。
b0019591_15182491.jpg
最後は問題の恋文です!
「30年前に私が書いたのです」とお母さんが言いました。
1905年ということになりますが、明治38年日露戦争の頃です、
ノンキだなぁお母さん。
これをもらった今は亡きお父さんは大層喜んだそうで、
良一くんができてしまい結婚することになったのだとか。
こういうお手紙を書くひとが!と少し驚いたのでした。
b0019591_15205491.jpg
それでは本当の意味でのサービスショットです。
最後の場面、喫茶店のボーイさん(阿部正三郎)。
最初のクレジットの中で最後の最後に出てきたお名前。
だれ?と思っていたら、この方、、、
見たことある、ある!与太者のひとでした。色々調べてみて見ると、
阿部正三郎も女中役で出ていた出雲八重子さんも徳大寺伸さんも
同じこの頃に松竹の準幹部に昇格したそうです。
わぁ!なんだかワクワクしてきます。
(同じ年にかの田中絹代嬢は大幹部に昇格されました、さすが!)
この頃の映画界はその年間製作数を見てもどれだけ栄華を極めていたか
がよくわかります。
映画を一本観ただけでもその雰囲気を味わえるような気がします。
 きら星のごとくゐならぶ映画スタア ひときわ輝けり大幹部
b0019591_15203596.jpg


昭和10年・製作=松竹キネマ/監督・野村浩将
[PR]
by orochon3 | 2017-04-04 16:20 | 戦前松竹 | Comments(0)

女優と詩人

これまたつまらない映画でございました!
結局、こういうのは合わないのか・・・
藤原鎌足演じるところの友人のあつかましさ、
隣の夫婦のこすっからさ、辟易してしまい、
精神衛生上よろしくありませんでした。
非常に疲れるのであります。
それにしても、最近、あんまりアタリがないですネ。

月風(げっぷう)というのはペンネームでしょうか、本名かしら。
童謡作家ということで、BGMには色んな童謡が流れて楽し♪
月風役の宇留木浩という方は初めてでしたが、好みではない!
彼の細君、千絵子サンには美しい千葉早智子さま。
彼女は女優で恐妻家でしたが、色々あって最後には甲斐甲斐しく夫の世話をする
優しく働き者の奥さんにヘンシンしてしまわれました。
初めのちょっと偉そうにしている彼女のほうがかわいくて魅力的なのに。
(“げっぷ〜”と夫を呼びすてにする声が可愛らしかった!)
結局、ヘンシン後の方が一般受けするのでせうか。
月風氏だって、最初の方の千絵子サンが好きだったのではないの???
ちょっと納得がいかないのでありました。

ヘンシン前。この手袋、流行っていたんでしょうか。他作品でも観ましたねェ。
キツネの襟巻きがとってもお似合い!そしてクラッチバッグの形が良いです。
b0019591_9422283.jpg

ヘンシン後。台所というよりもお勝手、という感じがします。
笑顔で朝食の準備中!
b0019591_9423279.jpg


冒頭、家事をする月風氏、裏で千絵子さんの靴下や下着を干しているところへ
洗濯屋さんが自転車でやってきます。
自転車の荷台に乗せた四角い箱に洗濯物を入れているらしい。
「今日はもうやっちゃったからいいよ」と断られます。
そんな箱で用が足りるなんて、それだけ洗濯屋さんに出す家が少なかったのでしょうね。

隣のおかみさん、戸田春子さん、ずんぐりしていて、話し方がうまい!

昭和10年・P.C.L.映画製作所・大阪敷島倶楽部/演出・成瀬巳喜男
[PR]
by orochon3 | 2005-11-30 08:45 | 戦前東宝 | Comments(0)

妻よ薔薇のやうに

うぅぅぅん。
千葉早智子サンの洋装&和装やら、東京の街中の様子やら、
何気ない家庭の中の様子やら、温泉のサービスショットやら、

b0019591_1244263.jpg

b0019591_1245243.jpg


楽しめる場面はテンコ盛りにあって眼福な映画でありながら、
ワタクシにはこのスジがあんまり気に入りませぬ。
配役的にもあんあり・・・どうでも良い感がありますが。
お父さんのダメさ加減や、愛人でありながら正妻のように(正妻よりも)
お父さんを支える、だけど、やはりダメなお雪さんや、
お父さんを愛しながらも我が道しか行けないダメなお母さん、
この三人があまりにもうっとおしい。みんな依存系で生理的にダメでした。
そんな中、早智子サンと恋人清二サンの関係は、ほとんどと言っていいくらい
現代的で、今まで観た映画の中では一番好感の持てる二人でしたのに。
もっとこの二人を観たかったです、お父さんたちはもういいから、と。
夫は妻に母親のようなものを求めるんだわ、と早智子サン扮する君子は
清二サンに言います、お母さんにはそれが出来ないけど自分はできる、と。
それができるのが良い妻であるようです。ふうぅん・・・・。

千葉早智子サン、洋装もなかなかお似合いですね。
オフィスで働くモダン嬢であります。
お父さんを訪ねて旅する時にもネクタイ締めたスーツスタイル。
30年代型の長くてストンとしたスカートが素敵。
ポッケに両手をつっこんだポーズも堂に入って。
もちろん、帽子もきちんとかぶってらっしゃる。いいですねぇ。
年頃のお嬢さんらしい和装姿も参考になります。
半襟の出し方、帯揚げの見せ方、今度真似してみやうかしらん。
あ、年頃ではないから、お母さんの方を真似した方が良いか?!
でもあんな地味なのはイヤダなぁ。

b0019591_1214195.jpg

b0019591_122238.jpg

b0019591_1223886.jpg


ワタクシの憧れの買い物風景です。
包みをたくさん提げて、帰って広げる楽しさが想像されます♪
b0019591_1232895.jpg


昭和10年・製作・P.C.L.映画製作所 /演出&脚本・成瀬巳喜男
原作/中野実 『二人妻』
[PR]
by orochon3 | 2005-11-06 23:04 | 戦前東宝 | Comments(2)

噂の娘

なんとも言えないうっとおしい映画でした。
後味の悪いこと・・・中途半端なこと・・・。

舞台である酒屋さんというのもあんまり魅力ないし、
優等生美人姉の千葉早智子サンの着物姿と
梅園龍子サンの遊びほうけるモダンな妹の洋装姿くらいしか
愉しめるところはありませんでした。
姉サンのお見合いに二人して出かけるところは良いです。
姉妹そろって着物にショール。
b0019591_925986.jpg

モダン妹のショールはなんと大きなハッパ柄だし、
姉妹そろって手首にフリルのついた白い手袋しています。
アンバランスなようで、似合っているところが素敵!
今度の冬はマネしてみましょう。

b0019591_923728.jpg


妹クンはどうしようもない放蕩娘だけど、小脇にバッグを抱えて
友人たちともしくはボーイフレンドと街をかっ歩する姿には、
他の登場人物たちがウダウダうっとおしい中、爽快でもあり。
彼女はかなり肉感的で、洋装でもなんだか着込んでいるからか、
ふくよかだからなのか、とにかくシルエットがモコモコしています。
そこが彼女らしくもあっていいんだけれど。
優しく賢いんだけどどちらかというと陰の姉サンは、
格子縞の着物に薄いお太鼓を締めていて、それと比べると、
どうしてもワタシは妹の方にひかれてしまうのでした。
まあ個人的な好みの問題なのですが、いい子ちゃんでおもしろみがない、
というのが致命的なのでした。
妹はおじいさんに、姉はお父さんに似たのかしら。

それでも街中の場面はなかなかよろしかったです。
b0019591_922478.jpg

b0019591_923789.jpg


おじいさんが最後に言った台詞が印象的でした。
「これから何もかもうまくいくよ」
なーんの根拠もなくって説得力ゼロ!

で、噂の娘ってどっち?

昭和10年・製作・P.C.L.映画製作所/演出・成瀬巳喜男
[PR]
by orochon3 | 2005-06-30 22:31 | 戦前東宝 | Comments(0)

放浪記

これはワタシの好きな放浪記じゃないわーん!
とにかく美しすぎる&お上品すぎる林芙美子、なんて奇妙!
(劇中は小林ふさ子という名になってます)。
なよなよしすぎるし、きれいすぎる。(容姿、行動すべてにおいて!)
ちがう、ちがう、ちがいすぎる!違和感アリアリです。
いくら腹の立つキライな相手が持ってきた水菓子でも、
窓から放り投げるなんて・・・違うんじゃないですか?
お腹が減って貧しくて食べる物がない時、他人の部屋に入り込み、
みそ汁を盗みすすった彼女とは思えないではありませんか。
が、よく考えてみれば、この作品、林芙美子バリバリの現役中の作品ですね。
彼女に対して遠慮があったのかもしれません、もしくは彼女からの注文とか、ね。

ともあれ、違和感を感じながらでも、愉しめました。
だって、10年くらいは経っているけれど、かなりリアルタイムに近い
大好きな放浪記の世界をヴィジュアルで体験できたのですから。
あの頃の市場の様子。部屋の隅に小さなコンロを置いて、煮炊きする様子。
そういう小さなことのすべてから生活がぐぐぐっと迫ってきます。
それこそが放浪記、林芙美子なのかもしれません。

ファッションは、全編通してほとんど着物姿しか出てきません。
気が付いたことと言えば、お太鼓がとっても薄っぺらなこと。
枕が入っていないのでは?というくらいホントにぺったんこでした。
着たきりスズメの新米フサ子に、料理屋のセンパイ女中が着物を貸してくれますが、
彼女もろくな着物を持っていない。上前に大きな穴がある着物を貸してくれて、
「左前に着れば大丈夫よ、かえって子供らしく見えて良いワ」
なんて言うので、びっくり。ひっくり返りそう。
着物はこう着ます、こう着ないとおかしいです、等とうるさく言う現代と違い、
なんて恐ろしくおおらかなんでしょうか!つくづくいいなぁと。

色々あって、カフエの女給に成りはてると、お洒落でちょっと良い着物を着るフサ子。
カフエの場面も、かなり当時に近いのではないかしらん。
個人的には大いに当時のカフエ、女給さんに興味がありますので、
目をさらのようにして食い入って観ていました。
コンチネンタルタンゴが流れる店内、お客のトンカツをフォークで食べる女給。
こういう何気ない描写にとてつもなく惹かれてしまうのでした。

え?!ここでおしまいなの?というところでぶつりと「終」の文字が。
もっと続きが観たいのにぃー!ということは、このフサ子も充分魅力的なのか。
妹分になったとっても若い堤真佐子、とっても良かったです。

昭和10年・製作=P.C.L.映画製作所/監督・木村荘十二
[PR]
by orochon3 | 2005-06-12 23:14 | 戦前東宝 | Comments(0)

人生のお荷物

田中絹代サンのカワユイ声から始まるこの作品、
実に、実に、素敵な映画でした。

とにかく、絹代サン。いえ、絹代チャンと呼ばせて。
彼女の魅力がビシバシとこちらにとんでくるような。
何もかもが小さくてカワユイ。
前半の黒いロングドレス姿、それに襟巻きをして帽子を
ちょこんとのせた外出姿、小脇に持った小さなバッグも素敵。
b0019591_12365660.jpgb0019591_12372443.jpg
 
















彼女のどこが好き?たくさんあるけど、ワタシは、ちょっと片眉をあげて
ちょっとえらそうに、エェェ?といった表情をした時が一番好き。
後半での着物姿では、お太鼓の山の形がとんがってておもしろい。
女中さんのお太鼓は普通に平らだったので、あれは着こなしの個性なのか?

絹代チャンの妹がお嫁に行きました。
披露宴は大きな料亭のような所で開かれた様子。
参列者の中に、留袖を着ているのが見えました。
花嫁の母ももちろん留袖でした。髪もキレイに結っていました。
お年を召したご婦人方は、おしなべて留袖でも帯位置がとても低く、
とてもゆったりとでもキチンと着ている姿にはホレボレ。

その花嫁花婿が紀州・白浜へ新婚旅行へ旅立ち、花嫁の父は、
がらんとした家に帰り、葡萄酒を小さなシェリーグラスで飲む。
その葡萄酒も飲みかけのものに栓をしていたのを開けていましたが、
飲みかけの葡萄酒を冷蔵庫に入れるでもなくそのまま又栓をして
戸棚にしまっておくなんて、信じられません。
酸化しないのかなぁ・・・こういう場面よく出るけれど、
いつもすっごく気になってしまう。
葡萄酒というよりもウィスキーとかブランデーのような感覚でしょうか。

葡萄酒を飲みながら、夫婦は多忙な一日の脱力、疲れで口論となり大げんか。
とうとう別居という段にまで発展してしまいますが、
花嫁花婿が新婚旅行から帰る日に間に合ったかのように、二人は仲直り。
家出から帰る母と一緒に車に乗り込む絹代チャン。
やっぱりこのヒトには誰も勝てないなぁ。

ちなみに、娘の仲人さんに飯田蝶子サンが!うれしや。
小さな男の子、寛一クンもとってもカワユイ。配役はコチラ。

昭和10年・製作=松竹キネマ/監督・五所平之助


こちらは、披露宴のあと、お父さんと話す娘、絹代チャン。
ドレス姿で出席か、すてき、すてき!
b0019591_12533917.gif

[PR]
by orochon3 | 2005-05-13 22:31 | 戦前松竹 | Comments(0)

母の恋文

ワタクシ的には大満足。お気に入りの映画となる作品でした!
すじも意外におもしろくて、くすりと笑ってしまったり。
たかだか70年しか経っていないのだから、今とそんなに変わっていると
思う方がおかしいのかもしれないけど・・・それでも、驚いた私は現代人。
イヤもしかしたら、今よりもずっとお洒落でモダンだったのかも。
とっさの一言に「ネバーマイン」とか「あなたのハズ」とか言っても、
ちっともキザじゃなくて格好良く聞こえるんだから。

夢子さんと八重子さんという二人の女性が、なんてったって魅力的!
夢子さんは帯位置の高い着物姿に腕時計、左手中指に大きな指輪。
お父さんに「ヨウ、ちょうだいよう」とお小遣いをせびります。
着物のたもとにはハンケチが入っていました。そっと出す仕草がイイ。
八重子さんは洋装。首元に一巻きした長いストールが格好良いです。
スカート丈はとても長くて、着物姿の夢子さんと並ぶとほとんど裾丈が同じ。
全体にモコモコしたシルエットは昔ながらでしょうがないか。
ぜんたいに下着の発想が全然違うんですから・・・。
八重子さんはパジャマでベッドで寝ているくらい徹底的な洋風ぶり。
和風の夢子さんも、芸者遊びをする夫を密偵する時の格好は、
ハンチングなんかかぶって車に乗っている姿、すこぶるカッコイイ!

この映画、いろんなカップルが出来上がってとても楽しいです。
デート風景は、タンゴの流れる喫茶店でモダンな柄のコーヒカップ、
「あなたにとっても逢いたかったのヨ」と甘い言葉が似合います。
もちろんお相手は徳大寺伸!おお、素敵。この作品でもやっぱり素敵。
だんぜん贔屓にしちゃいますね。

夢子さんの若奥様ぶり、なんでもない普段の生活が描かれていて最高。
特に台所の場面では、四角い瓦斯台でお料理しているところまで見せて貰って
ものすごーく得をした気分♪
ついでに帯揚げの見せ方もお勉強になりました。
最初から終わりまで、朗らかでとっても楽しい気分になる映画でした。
夢子さんの旦那は最低だったけど。

そして、最期の喫茶店の場面で流れていたのは“Parlez moi d'amour”
なんてお洒落なんでしょう!

昭和10年・製作=松竹キネマ/監督・野村浩将


b0019591_18395852.gif

[PR]
by orochon3 | 2005-04-28 20:14 | 戦前松竹 | Comments(4)

東京の英雄

家族が住んでいたはじめの豪邸も好きだけど、
お母さんが頑張って子供達を育てながら住んでいた、
郊外の一軒家もなかなか素敵でした。
見かけはなんということもない普通の日本家屋だけど、
玄関を入るといきなり喫茶店のような洋間で応接セットあり。
しかも靴のまま!なんだなんだ???
桑野通子サンが出戻ってくる場面、ドアが開き、
美しい脚のアップ。きちんと靴をはいたまま入ってくる。
土間のようにも見えたのですが・・・。
ここから階段があって二階へあがります。
階段のわきには扉があって、そこから奥は日本家屋。
不思議なおうち。でもおもしろそう。
今でもこんな家は珍しいですね。

若きミッチーが楽しみだったけど、最初は、
ずいぶんお化粧が違いましてわかりませんでした。
銀座を練り歩くそのスジのをんなに成りはてて、
ふてくされてソファに座る彼女もカワイイ。
その彼女の仲間が銀座を歩いてて、通りすがりのオトコに
軽く会釈するところの格好良さにはしびれる。お、やるね。
この二人が住むアパアトの部屋もとてもよろしい。
まるでホテルの一室のよう。こういう暮らしをしていたひと、
本当にいたんだったら羨ましいかぎり。

藤井貢と大学の若大将の時のフレッシュマンくんが兄弟、
なんか笑ったけど、フレッシュマンくん、ここでも情けなし。
三井英夫という役者さん。個性的な顔と体格で覚えちゃった。
突貫小僧もかわいい泣きべそ顔。いろいろ楽しめましたが、
吉川満子サンのお母さん役、既に昭和10年からですか・・・
座った姿勢がとてもお母さんらしくていいですねェ。
始終泣いてばかりいらっしゃいましたが。適役ですね。

土橋式松竹フォーンの無声映画でありました。
昔の映画ってどうしてこう字幕が出ている時間が短いの?
何度も再生ストップさせてしまい、手がつかれました。

昭和10年・松竹キネマ/監督・清水宏
[PR]
by orochon3 | 2004-11-12 22:29 | 戦前松竹 | Comments(0)