タグ:昭和15年 ( 5 ) タグの人気記事

美しき隣人 & 女

水戸光子サンの戦前戦後作品を奇しくも続けてみることになりました。

「美しき隣人」は昭和15年。
国策映画でもありますが、松竹大船調のかおりは感じられます。
都会のオフィスで有能だった邦子(光子サン)は、お兄様の出征のため、
一人残されたお母様を助ける為に田舎に帰ります。
今では「田舎」と言っても都会とそうそう変わりませんが、
当時の田舎は、まったくの農村。家の中に馬を飼っていて、
その馬が家の中でもっとも大切な存在として扱われています。
洋装で舞い戻ってきた邦子は、あっという間に野良着に着替えて、
しかもそれがまたすぐにしっくりくるところがスゴイ。
当時の女性の体型の成せる技なのでしょうか、野良着がキレイ。
映画の内容は、農村に戻り、幼なじみの男性と将来を誓い、
しかしその男性は満州開拓団となって彼の地へと旅立ちます。
彼に一度はふられ、じっと耐えていると彼から手紙が届いて、
最終的には満州では邦子が必要だと説かれて嬉し涙で追いかける。
うぅぅん、、、その行く末を知っている私には辛い結末ですが、
当時としてはハッピーエンドなのでしょうね、ハァ(ため息)。

昭和15年/松竹大船撮影所/監督・大庭秀雄


そして、戦争に負けて何もかもが欠乏していた昭和23年。
「女」は木下恵介監督の作品です、詳しくはこちらをごらん頂くと良いと思います。
たった8年で、水戸光子サンはガラリと変貌してしまいました。
もし、私が出征していて、敗戦と共に母国の土を踏み、
どこかの映画館でこの映画を観たとしたらモノ凄いショック!!
自我に目覚めて、情夫を見捨てる「女」の中には、
もう男の一言一句で右往左往する邦子はいません。
飛び出したお嬢さんでネグリジェ姿だった水戸光子にも驚きましたが、今回はスゴイ。
まぁ、、、と言って瞳をウルウルさせるアップシーン多用の、
かつての日本映画に存在していた女優さんではなく、
強くて自分の足で地を踏みしめて行きて行く一人の女を演じます。
グリア・ガースンのようなスーツを着て、すれっからしを演じる。
これが、戦争が終わったということなのかしらん。
この映画は木下恵介監督の実験的な作品だということですが、
確かに、当時では斬新だったのかもしれません。
斜めに傾いた画面、口元のアップのみ、目元のアップのみなどの画面。
けれど、今となっては新しさはなくただ見辛いという感想かも、、、。
斬新といえば溝口健二監督の「浪華悲歌」とか、
村山知義監督の「恋愛の責任」などは今見てもものすごく斬新!だと私は思うのですが。

昭和23年/松竹大船撮影所/監督、脚本・木下恵介


今回の二作品、どちらも私的見所は少ないのです。
ただ「女」の最後で、熱海での火事の場面で当時の熱海温泉街が
いろいろ楽しめました。
木造3階建ての旅館がとても多いようです。
b0019591_16195977.jpg


こちらは「湘南」という看板がちらりとみえています。
立派なホテルのような旅館です。
b0019591_16203759.jpg


左の看板にみえる「山木旅館」というのはまだ熱海で営業されているようです!
ホームページはこちらです。行ってみたいなァ。
b0019591_16215861.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-10-21 18:20 | 戦前松竹 | Comments(0)

妻の場合 前・後篇 (その2)

やはり大好きな水回り。
実際に使われている場面が観られるのですから、
あの頃の映画の中で、私にとっては一番の見せ場です!

b0019591_141139100.jpg

少々見辛いですが、窓のある開放感たっぷりなおだいどこ。
中央の調理台が使い勝手良さそうです。大きくていいなぁ。
ちゃんと冷蔵庫のあるあたり、中の上というところでしょうか。

b0019591_1412716.jpg

おだいこから繋がる洗濯室。
おだいどこの流しくらいの大きな洗濯場があって、
たか子様がじゃぶじゃぶと洗っていらっしゃいました。
手前はアイロン台。なんとも贅沢なつくりで羨ましい限り!
もっとも奥様は洗濯なんてなさらず、女中さんがしていたのでしょうが。

b0019591_14122966.jpg

メイン!のお風呂です。
坊やとお父ちゃんがじゅうぶん二人で入ることのできる大きさ。
湯気のもうもうとする大きな浴室で、大きな窓もスバラシイ。

お金持ちサンのお屋敷とはいえ、今よりもずっと余裕のあるおうち。

昭和15年/東宝映画/監督・田村道美/脚本・東坊城恭長/原作・吉屋信子
[PR]
by orochon3 | 2011-07-04 14:22 | 戦前東宝 | Comments(0)

妻の場合 前・後篇 (その1)

まずはいきなり“入江たか子の”というクレジットが入ります。
“ヴィヴィアン・リー イン”というのと同じでしょうか。
入江たか子による入江たか子の為の入江たか子の映画です。
確かに美しいですが全編通して和装なのが気に入らない。
お金持ちの奥様役を入江たか子がした方がずっとしっくりきたと
観ている間中思っておりました!
あらすじはコチラに詳しいです。すごく細かい!
吉屋信子サン原作なので全編台詞が美しく、ストーリィや結末も、
ありがちな感じではありますが、細かなディテイルが嬉しいです。

そんなワタクシ的ツボ。
高田稔のお屋敷、食堂へ颯爽と洋食のスープを運ぶたか子さまと
女中の椿澄江嬢。この方はカワユイ!
b0019591_17142811.jpg

応接室から食堂へ入って来たところ。
この壁の模様が東宝っぽくて吉屋信子っぽくてイイですね!
b0019591_17145276.jpg

高田稔邸の洋食の食卓風景。ゴゥジャスです。
b0019591_1715853.jpg

たか子嬢と藤田進夫妻の家の食卓。一般的です。
b0019591_17152654.jpg

そしてサービスショット!
高田稔氏の寝姿。パジャマでベッドで就寝中。起きたらガウンを着ますのよ!
b0019591_8142597.jpg



昭和15年/東宝映画/監督・田村道美/脚本・東坊城恭長/原作・吉屋信子
[PR]
by orochon3 | 2011-07-03 08:17 | 戦前東宝 | Comments(0)

女の街

原節子さん・・・実を言うとあまり好きではありません。
顔と声が、というとおかしいですが、
特にあの手のバタくさいお顔はちょっと苦手で。
嫌いというわけじゃないのですが。

一番嬉しい場面は、出征した夫が戻ってきて、
お風呂屋さんに行ったところ!タイル絵の下の浴槽で、
複雑な顔をして入っている新治郎氏。
どんつきにタイル絵の壁、その下に浴槽という、関東式銭湯でしょうか。
あ、小僧さんは手拭いを浴槽につけていますがいいのかな?
浴槽の淵には模様の入ったタイルがめぐらしてあってちょっとモダン。
ああお風呂はいいなぁ。生きた当時のお風呂屋さんを観る事が出来て
こんなに幸せなことはありません!
それだけでもこの作品を観た甲斐があるというもの。

おでん屋「いね子」で冬は熱燗、夏は麦酒がとぶように売れます。
麦酒は生?細い水道管のようなのにコックがついていて、
それをひねるとシュワーっと出てきます。
これを大きなジョッキに注ぐので生中?と思いきや、
小さなグラスも一緒に出して、ジョッキからグラスに注ぐんですね。
ジョッキというよりピッチャーなのか。勉強になりました。

髪結いさんのところでパアマネントあてる節子さん、
おでん屋を始めてどんどん華やかさを増します。
実際、とても綺麗な方なのだけど、普通の奥さんとは言えない、
なんだか艶が出てくる美しさ。
また着物の立ち姿がとってもきれい!
あらゆる関節の力を少しだけゆるめて、まるで柳のような風情で
ふぅっと自然に立っておられる姿には見惚れました。
ああいうのは計算なんでしょうか。それとも自然にできるのでしょうか。
真似しようったってできっこありませんけど。

河岸に仕入れに行く時、大福帳をひっかけて行く姿、かわいい。
とんかつ屋の日本髪のおてつさんも、かわいい。
最後にはまた仲良しになって良かったですネ。
いね子さんは心が広いのね。あんなに出来た人はやっぱりちょっと苦手。

おてつさん役の清川玉枝サン、ちょっと岡村文子サンに似てるかも。

昭和15年・松竹/演出・今井正
b0019591_2183359.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-02-10 21:12 | 戦前東宝 | Comments(0)

木石

静かな静かな映画で、カメラが凝っていて、
ああ、凝って作っているのだなぁと素人の私でも、
感心?してしまうのでした。こういうのんは実は苦手です。
気が散ってしまって、物語に入り込めないから。
もっと単純な方が単純に楽しめる単純なわたし。

舞台が研究所と研究所の付属病院で、
例によって戦前の看護婦さん達の裾の長い長い制服が
存分に楽しめました。でも、あの格好で研究用の家畜達の
お世話をするのはちょいと不衛生でありはしますまいか??
看護婦さん達の休憩所の様子も楽しいし、冒頭に出てきた
山の宿屋の内部も、土間にいきなり曲木の椅子とテーブルの
セットが置いてあったりして、すごく興味深い。
ここには、山遊び(のぼり)に必要な物が売られていて、
持って行かなくてもそこで揃える事ができるみたい、便利!
山での8ミリを二桐の友人の泉クン宅で試写会が催されるところが
一番良かったですね。お金持ちの応接間の優雅で楽しそうな、
実に幸福そうな場面。女中のお春にもお前も一所にご覧、と
言ってあげたりすると、お春もハイと素直に照明係りをしたり。
母役に岡村文子が!ファンなので大喜び。
ここでは田村になってるケド・・・違うよねェ。

あとは二桐先生の部屋が良かった。
まるでホテルのようなお部屋。男の一人住まいなのに、
大きくて美しいドレッサーが置いてあります。花なんかも飾って。
少しくぼんだ部分にベッドが置いてあって、カーテンで仕切って。
落ち着いて眠れそうね、いいなぁ。
ちなみにお食事は下の食堂でなさるらしい。お勘定は別支払いで。
どういうシステムなんでしょうか???
本当にホテルみたいな、それともアパアトか寮か???

夏川大二郎も木暮実千代も、実は大の苦手です。
なので、なかなか観る気持が起きなかった作品でした。
何が嫌って、木暮サンの小首をかしげた上目使い。
夏川サンの汚いヒゲと濃厚な風貌。貫禄がありすぎるし。
お話的にも、残念ながらついていけませんでした。
及川初サンの思いこみにもタジタジとなるし。
それにしても44才で婆さん呼ばわりされるのね、知ってはいたけど、
そうかなぁ。及川初さん、まだまだお肌も美しくてキレイでしたよ。
その及川初の赤木蘭子さんは、あの頃の方らしく、肩幅が恐ろしく
せまくてなで肩で、お着物がとってもお似合いでした。正座が美しい。
お着物といえば衣装は「三越呉服店」とのこと。
木暮サンの洋装姿もスカートが短めで溌剌としていました。
そして山にはキュロットスカートで颯爽と行ってました!
それにしてもあの頃の山登りっておそろしく軽装ですね。
それだけ気軽に出かけられたという事でせうか。

二桐先生が助手クンと泉邸へ試写を観に出かけて行くところ、
及川初をのせた寝台車が郊外の道を走っていくところ、
どちらもまるで童話の世界のように美しくてかわいらしい。
こんな待並はもうどこに行ってもみつからないでしょうねェ。

昭和15年・松竹/監督・五所平之助
[PR]
by orochon3 | 2005-01-29 23:01 | 戦前松竹 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧