今年の蓮

5時に家を出て、ちょうど蓮の池に着いた頃陽がのぼりました。
久しぶりの蓮池です。
思ったとおり、ぽつぽつと開いていました。

月日はあっという間に過ぎて、三回忌を迎えました。
蓮の花を眺めていると、私の名前を呼ぶ声が、聞こえたような気がしました。
久しぶりにピンと緊張した瞬間でした。


b0019591_931579.jpg



b0019591_932942.jpg



b0019591_933687.jpg




水面にうつる淡い紅色、懐かしさが胸いっぱいに広がりました。

b0019591_913286.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-07-10 09:08 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

一年が過ぎました

今年も蓮がきれいに咲いていました。

b0019591_8111993.jpg


今日で一年が経ちました。
一年以上もお目にかかれなかったことなど珍しくもなかったので、
いまでも、お元気でいらっしゃるように思います。
そんな風にこれからも、ずっと思っていくでしょう。


b0019591_8113666.jpg


凛々しいつぼみに負けないように。
[PR]
by orochon3 | 2011-07-10 08:16 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

極楽の池

b0019591_761764.jpg

朝のお散歩の楽しみ、蓮池のパトロールです。
どんどんつぼみが伸びてきて、どんどんお花が開いております。
早朝なのでまだ陽射しはきつ過ぎません。
静かな蓮池を眺めているとうつし世はゆめという言葉が広がります。
ああ、ゆめだったのか、と思いたい事が沢山ありすぎます。

卒論で、私は飛天というのをテーマにしました。
仏教の教典や壁画や彫刻やらの中に、羽など持たず、
天衣をひらひらさせながら仏を賛美して飛んでいる天人たちが、
なんだかかわいらしくてどこからきたのか知りたかったのです。
結局は調べてもわかりませんでした。
でも、諸説あるなかで一番私の気持ちにぴったりだったのが、
極楽の蓮の中から生まれた、という中国での説でした。

蓮を眺めながら、このつぼみから、ほっとあの天人が生まれ出て、
ひらひらと散華しながら天へのぼっていく様を思い浮かべ、
何もかも夢だったなら、、、と思うのでした。
[PR]
by orochon3 | 2010-08-05 07:13 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)