人気ブログランキング |

大好きな大好きな霧立のぼる嬢の映画!
と思って観たら、原節子さんもお出になられていて、
結局は大日向伝の主演だったのですね、、、。
ストーリーは田舎の青年が都会に出てきて正義を楯に
やりたいほうだい、挙げ句に出征。
いったい彼はなんだったんだ???という終わり方でした。
(あおられて、残された人たち、あれからどうなるんだろ)

それでもコチラにあるように、都会の洗練された紳士は
アパアトに住んで(お茶の水文化アパアトだそうです)のぼる嬢とダンスしたり、
原節子さんは池のあるお庭の立派な洋館にお住まいで、
そういう雰囲気はたっぷり楽しめました。
節子さんが散歩するお屋敷町は吾が街と少し似た感じがします、
どこなんだろう???

それにしても、のぼる嬢はカワユイ!
手袋を持つしぐさにノックアウトでした。真似できない。

昭和14年/東宝映画/制作・青柳信雄/演出・山本薩夫
by orochon3 | 2010-04-02 16:06 | 戦前東宝 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

タグ

(367)
(310)
(117)
(31)
(17)
(14)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧