人気ブログランキング |

雪割草

見事に女性ばかりの映画です!
♪歌劇のくにのぉ〜たからづぅか〜のメロディと共に、
「宝塚映画」の文字が輝きます。
そして冒頭、白井鐵造先生の
「この一篇を乙女並に成長したる乙女に捧ぐ」
というお言葉がバーンと掲げられました。
続いて主題歌メロディと共に出演者のリストが流れますが、
全て女性ばかりです、それも宝塚の生徒さんの例の芸名が並びます。
なんだかワクワク、そして怖々。

主演は当然!宝塚歌劇団の東雲千鶴子サンというお嬢ちゃん。
南方にある農園の一人娘で、お金持ち、成績優秀。
彼女がとある女学校を舞台に、大活躍!と思いきや、
ある日突然、たった一人の肉親であるお父様が亡くなり、
しかも大きな負債が遺されます。それから続く転落人生。
手のひらを返したようにいじめる周囲の人たち。
涙のヒロインは、まるで中原淳一の絵から飛び出してきたみたい。
そして突然起こるどんでん返しは、吉屋信子センセイの如く。
あっという間に千鶴子サンはお金持ちに舞い戻り、
きれいなおベベを着て得意の歌を歌うのでした。

寮の中のサロン。ピアノや卓球台がありまして、各々好きに過ごしていますが、
派閥があるので少々人間関係がややこしい。
b0019591_14555739.jpg

まだ新参者の千鶴子サンは一人窓辺で歌います。
b0019591_1456865.jpg


ワタクシ的つぼは、寮の食堂での場面。
大きなおひつが各卓上にのせられていて、各自でよそいます。
真ん中の少女が千鶴子サン。
b0019591_14561713.jpg

もうひとつサービスショット!
寮の女中に転落した千鶴子サンが勝手口から帰ってきたところ。
お使いに行っても帰りが遅いと叱られます。
b0019591_14562775.jpg


本当のサービスショットで、当時のスタァ、葦原邦子がチラリ映ります。
さすがに華があって目立っていました。

昭和14年/宝塚映画製作、東宝映画配給/監督・松井稔/脚本・京都伸夫/原作・白井鐵造



by orochon3 | 2011-10-22 09:10 | 戦前東宝 | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧