残念無念

50歳になった途端、まるで待っていたかのように
身体に変化が次々におとずれています。
おお、おお、やってきましたね。
慌てず騒がず自然に任せて受け入れようと
腹をくくったのですが、ひとつ気になることがあります。
それは昨今話題のエクオール。

更年期の女性に特に大事な大豆イソフラボンは、
女性ホルモンとよく似た働きをしてくれます。
去年、乳がんの検診に行った時にも、先生から、
大豆製品を食べ続けていたら乳がんにかかりにくくなる、
という研究結果が出たと教えてもらいましたし、
日頃から納豆1パックと黒豆きなこは欠かさず食べて、
せっせと大豆イソフラボン摂取に努めている私。
けれど、気になるのです。
それが”エクオール”というもの。

そもそも、大豆イソフラボンは腸内細菌の働きで
体内に入ったら「エクオール」というものに変化し、
これこそが女性ホルモンの働きを助けるのだそうです。
腸内細菌にエクオールを作る力がなければ、
大豆イソフラボンを摂ってもエクオールの恩恵には
あずかれないという事がわかってしまったのです!

ここが、一番大事なところです。
エクオールを体内で作り出せる人は、日本人女性では、
2人に1人だというのです、、、ショック。
さて私はどっちでしょうか???
それを調べるキットがあることがわかったので、
早速試してみました。
簡単に言えば郵送の尿検査です。
郵送してわずか2週間足らずで昨日結果が届いたのでした。
早い!そしてホントに簡単!
b0019591_09283958.jpg

簡単だと喜んでいる場合ではありませんでした。
Level2とはいえ、つくれていないと言われるとガッカリです。
あんなに日頃から大豆製品を摂取しているのに、、、。

同封されていた説明を読んでみると、諦めてはダメ!
ということで、毎日せっせと大豆製品を摂ることは
決して無駄なことではなく、続けるべし、という事でした。
そして、サプリメントの併用を奨めていました。
なぁんだ、結局PRなのか、、、と言っても仕方ありません。
自分でエクオールを作れていないのは事実ですから。

パンフレットの解説を熟読した結果、
とりあえず豆乳を飲む事にしました。
とにかく大豆イソフラボン量がダントツに多いのです。
毎朝の納豆、きなこ、ヨーグルトも継続して、
これにとりあえずは豆乳を追加してみましょう。
サプリメントはもう少し勉強してからにします。
 目にいたいほどの陽射しを反射させ名残惜しげに照る赤紅葉

[PR]
by orochon3 | 2017-12-05 15:53 | 美容&健康 | Comments(0)