ミツコ

NHKのザ・プロファイラーという番組は
”歴史好きの岡田准一が
時代を動かした人物たちの謎に挑む”
という内容ですが、興味のある人が
取り上げられている時だけ観ています。
そこで先日、思いがけない人が
取り上げられていました。
”クーデンホーフ・カレルギー・ミツコ”
ああ、懐かしい!
小学校の頃に読んだ大和和紀のマンガ。
『レディーミツコ』を思い出し、
(amazonの紹介頁はコチラ →  )
数々の名場面が即座に頭の中に
浮かんできます。台詞も言える!

東京の骨董屋の娘が、
オーストリア=ハンガリー帝国の
伯爵夫人となってウィーンの社交界に
デビュウする、という夢見たいな物語は
少女の胸を高鳴らせるに充分でした。

中でも、日本の女子教育がまだ
進んでいなかった明治に育ったミツコが、
ヨーロッパの先進の教育を受けている
自分の子供たちを育てる上で、
子供が習う勉強を、前の夜に、
自分が先に家庭教師について
勉強をしていたというエピソードは
忘れられません。

マンガでは息子のリヒャルトが
汎ヨーロッパ論を発表して終わり、
でしたが、番組ではもう少し先まで、
ミツコの晩年までを紹介していました。
思っていたよりもひっそりとしていて、
前半生の波乱にとんだ華やかさに比べ、
もう少し幸せな終焉であって欲しかった、
と哀しくなるほどの寂しさでした。
最後まで日本を恋しがっていたのだとか。

番組で紹介されていた、
ミツコの残した数々の言葉の中で
『謙遜を知り不平を言わない』
という言葉に感銘を受けました。
誇り高い大和撫子なのだと、
深く心に響いたのでした。
 寒風に頬がさらされ痛むけど陽射しの中に春の気配が

それにしても大和和紀のマンガには
相当影響を受けていますね、、、私。

[PR]



by orochon3 | 2018-02-13 15:08 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

検索

ファン

ブログジャンル