2018年 02月 06日 ( 1 )

テレビで勉強、有馬温泉

毎日こう寒いと温泉にでも
行きたいなぁと思っていたら、
ちょうどNHKのブラタモリで
有馬温泉を取り上げていました。
有馬と言えば超身近な存在です。
小さい頃から、何かと言えば有馬。
ずーっと温泉といえば有馬です。
コレは見なくては!と思い録画し、
夕べようやく観たのでした。

果たして、、、
まぁなんと知らないことばかり。
そもそも、火山がないのに、
温泉が湧いてるのは不思議なのだという
そんな事すら知りませんでした。
それでは、何故火山もないのに温泉?
というと、地学のお話になって、
私にはちょっと難しいのですが、
ごくごく簡単に言ってしまうと、
火山ではなく断層、そして海洋プレート
というものが関係してくるのでした。
海水が海洋プレートに巻き込まれいき、
マントルに触れて熱湯となって、
断層による亀裂に沿って沸き上がってくる、
その途中に地中の鉄分や石灰などの
いろんな成分を吸収しながら、
温泉として噴出してきているのだとか。
有馬温泉がものすごくしょっぱいのは、
もとは海水だったからなのですねー!
それも1400万年も前の海水だったとは。
石灰石は炭酸になるので、
これで有馬の金泉の主成分である、
鉄分、炭酸、塩分のみっつが揃いました。
ワー、パチパチパチ!
ブラタモリを観ていて、
こういう瞬間がいちばん楽しいです。

それにしても地学が大嫌いだった私が、
これだけ楽しく観られるなんてスゴイ。
ブラタモリは去年、日本地質学会から
表彰されたほどですから、
専門的な内容ではあるのですが、
現地で実物を見ながらの説明と、
タモリの分かりやすい分析が、
地質学というものをグンと身近に
感じさせてくれるのでしょう。
と言っても、いつものごとく、
私は自分の関心がある回しか観ません。
だから余計に面白く観られるのでしょう。
 金銀の財宝のごとし有馬の湯 太古の海の恵みに浴す

間良く、昨日書店でブラタモリの本を
見つけました。
買おうか迷っている途中なのですが、、、
ちょうど別府、神戸、奄美の回が
収められている巻なのです。
別府も神戸も、興味深く面白かったので
読んでみようかと思いながら、
奄美は、、、なので購入は検討中。
そういえば京都祇園の回も面白かった!
(amazonの頁はコチラ →  )

[PR]
by orochon3 | 2018-02-06 13:37 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

タグ

(229)
(207)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧