2018年 02月 19日 ( 1 )

ジャンジャンロウ

昨日は深江に行きました。
実は深江には去年暮れから縁ができて
ひんぱんに行っているのですが、
ずっと気になっていた住宅街の
中にある中華屋さん、
じゃん醤楼(じゃんは難しい字です)
にとうとう行ったのでした。
連日にわたる中華なんて大歓迎です、
注文はモチロン雲呑麺にしました。

b0019591_14110881.jpg
運ばれてきたのは、
実に実にシンプルな雲呑麺。
良い匂いが食欲をそそります。
澄んだスープ、細い麺、白葱、
私の大好きなタイプではないですか。
沈んだ雲呑は数えると6個も入っていて
優しいアンとツルツルの薄い皮、
素直な雲呑麺で美味しく嬉しい。
誤解を恐れずに言うと、
バツグンに美味しい!というものではなく、
ああ美味しい、としみじみ言いたくなる
やわらかぁい美味しさでした。
欲を言えばスープにもう少しだけ
パンチが欲しいかしら、、、。
雲呑麺探究の道はつづきます。
 おばあちゃんのように優しい雲呑麺 初めて食べても懐かしい味

(食べログの頁はこちらです →  )

[PR]
by orochon3 | 2018-02-19 15:56 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

タグ

(229)
(207)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧