2018年 02月 21日 ( 1 )

憧れの富士屋ホテル

昨日の午後はいつもの友だちと
近所のお店でお茶をしてきました。
このひと月ほどかなり大変だった彼女。
ようやく時間ができて会えました。

彼女との話題に富士屋ホテルが出ました。
私は30年くらい前に一度行ったことが
あるだけなのですが、昔から憧れのホテルです。
もし自分がずっと独りでいて、そして年老いて、
もしも、もしも、ものすごくお金持ちだったら、
富士屋ホテルに住みたい!それが夢!
という話をアチコチでしていたのですが、
彼女は私がそんなアホな事を言っていたのを
しっかり覚えていたのでした、、、
ああ恥ずかし。

富士屋ホテルといえば、
菊池寛の名作『真珠夫人』にも出てきたし、
お正月の箱根駅伝では必ず
その姿がテレビに映し出されます。
いつも、いつまでも、
私の憧れのホテルなのです。
 数々の歴史をつむぎ幾星霜その一葉にわれも入らん

[PR]
by orochon3 | 2018-02-21 14:29 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

タグ

(259)
(225)
(112)
(25)
(17)
(14)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧