2018年 03月 12日 ( 1 )

やっと会えた

去年の夏、とあるHPで偶然見つけた
かわいらしいガラスのタンブラーは
北欧のイッタラというブランドのものでした。
(販売しているscoopのHPはコチラ →  )

流行の北欧テイストというものを
そもそもあまり好まない私でも、
そのタンブラーは非常に愛らしくて、
すぐにでも手にしたくなる程でした。
調べていくと、1960年代の復刻品の
フルッタという果物柄のシリーズで、
どうやら大人気の商品とのこと。
そうなるとガゼン欲しくなるという
悲しい性です。
再入荷を待ちこがれ、注文し、
ようやく先日、吾が家に届きました。
半年越しの想いが実ったようです。

北欧好きな人が喜びそうな布に
大事にくるまれたタンブラー。

b0019591_14223267.jpg
わりに大判の布をひらくと、
待ちに待ったフルッタタンブラー。
手にしたときの感じが思っていたとおり
私の手にピタリとフィットします。
果物柄もカワユイし、
ガラスの厚さもちょうど良いです。

b0019591_14224047.jpg
実物を見たわけでもないのに、
一目惚れして思いを募らせていたので
実際に手にしたらガッカリしないかと
本当は心配していたのですが、
まったくいらぬ心配でした。
半年以上も待った甲斐がありました。
さあ、これで何を飲みましょうか。
 待ちこがれ届いたフルッタ摩訶不思議
   たなごころへとコロンとすわる

[PR]
by orochon3 | 2018-03-12 15:30 | 日記 | Comments(0)