2018年 03月 13日 ( 1 )

A氏のお酒 2018 hiver その2

昨年末にA氏から頂いたお酒の第二弾。
”できるだけ早くお呑みください” 
という注意があったのに、
こんな遅くなってしまってスミマセン!
あの冬の寒さが悪いのです。
(寒い中の冷酒は拷問、、、)

二年前にも頂いた富山の羽根屋というお酒、
今回はそれのすごいヴァージョンのようです。
『美酒、七色に輝いて』という
お洒落な?キャッチフレーズのついた、
羽根屋 純吟プリズム Hologram Label
究極しぼりたて 生酒。
かなり長いお名前ですが、
そのラベルもキラキラのピカピカ。

b0019591_06483451.jpg
しぼりたてのフレッシュな美味しさを
完全無濾過、最短時間で封じ込めた
究極のしぼりたてなのだそうです。
フレッシュさをとにかく押し出していて、
それならもう聖子チャンにあの名曲を
歌ってもらわなくてはいけません。
(それなのにすぐ呑まずスミマセン)

吟醸香はいくぶん強めです。
肌馴染みの良い美味しいお酒で、
サラサラしているようで、
実はしっかりしています。
呑み進めていくと、
そのしっかりさがもっと強くなり、
いけいけどんどん!という感じで
ぐんぐん呑めるお酒ではないです。
かなり古いですが、西城秀樹の
昔懐かしの黒い学生服姿を
ふと思い出してしまいました。
つまりは高校男子のようなお酒で、
ある意味ではまぁ、フレッシュと
言えなくもないのかしらん。
 梅香るお別れの春おとずれて
   学生服に残る青春

いつもいつも、
誠にありがとうございます。
心よりの感謝をこめて。

[PR]
by orochon3 | 2018-03-13 15:20 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(241)
(213)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧