2018年 03月 21日 ( 1 )

静かな洋食屋さん(5) 〜春のひと皿〜

昨日はここ一番の絶不調で、
心身ともにあっぷあっぷしていると、
親切な友だちが迎えにきてくれて
いつもの精養軒へ連れ出してくれました。

冷たい風と雨が降った昨日は二人とも、
「今日は煮込みハンバーグにしよう」と
行く前には思っていたのですが、
お店に着いたらガラッと心変わりしました。
本日の魚料理がサーモンのムニエル
だったのです。
友だちも私も「それにする!」と
顔を見合わせてニッコリ。
実は今迄、魚料理がいつも同じ魚で、
サーモンだったらいいのになぁと
二人して思っていたのでした。
訪問5回目にして叶ったサーモン。
私のここ最近の外食では
見た事の無いようなノーブルな写真です。


b0019591_08425603.jpg


身のあつい大きなサーモンで、
ムニエルだと言うのに軽いのです。
ムニエルのお手本とでも言うきべプロの技。
そして、バタのソースもすこぶる軽い!
ほのかなレモンの香りと酸味が絶妙で、
塩梅の良い完璧な一皿と言えましょう。
余計な事をせず、しなければいけない事を
正しく正確にこなした仕事の証です。
すべてのバランスが素晴らしく、
すこぶる美味しい一皿で感動しました。

ミニサラダ、スープ、パン、コーヒがついて、
それにいつものカニクリームコロッケを
二人で一つずつ分けっこしたからという
わけではありませんが、
お腹がいっぱい、大満足のランチでした。

蛇足ですが精養軒は3月から
メニューが少々変わっていました。
少々の値上げでしたが、
これだけのお料理を供してくれるなら
許容範囲よね、と二人納得したのでした。
 華やかなサーモンピンクのひと皿に
   春がおとずれ心ははずむ


貴景勝が休場ですって、、、
この状況でよく頑張っていたと
健気さに心うたれていたのに。
元気になって戻ってきてね。

[PR]
by orochon3 | 2018-03-21 14:40 | 洋食会 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(241)
(213)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧