2018年 03月 27日 ( 1 )

”瀬戸内寂聴源氏”全10巻を
一年かけて読み終わったことを
その10冊をお借りしていた秋桜さまに
お礼と共にご報告申しあげました。
そして数日前、
源氏物語についてお話ししませんか、
という素敵なお誘いを頂きました。
昔から源氏の大ファンの宝塚マダムも
ご一緒にお招き頂いたとのことで、
宝塚マダムが迎えに来てくださって、
二人で秋桜さまのお宅へ伺いました。

秋桜さまは、「もう読まないので」と、
貴重なご本をくださったのです。
読むきっかけをくださった上に
ご本まで頂いたお礼を申しあげたいと
ずっと思っていたので、
とても良い機会をつくって頂きました。
お礼のお品を揃える為にそごうへ行って、
目当ての”明石”の銘店分大に向かう途中で、
素敵なお店を見つけてしまいました。
式部郷(しきぶのさと)という名前の
おかき屋さんです。
そこで私の目にとまったのが、
「源氏歌あわせ」というおかきです。
(商品のHPはコチラ →  )
これは絶対買わなければ!
だって、浮舟、中君、薫、匂宮と
其々の袋におかきが詰められているのです。
嬉しくなってこの源氏のおかきを持って、
源氏の会に参加したのでした。
果たして、包みを開けるや皆の歓声!
宇治十帖の世界が卓上に広がりました。


b0019591_06551804.jpg
(これは私の分、浮舟は食べてしまいました)


秋桜さまの造詣深いお話を伺い、
私は覚えている限りの知識を出し切り、
源氏物語の面白さや奥深さを語り合いました。
宝塚マダムは宝塚方面へ脱線しつつも、
何十年経っても覚えている記憶力は、
さすが宝塚のパワーと恐れ入りました。
久しぶりにお目にかかり、
あらためて人生の大先輩の偉大さに敬服し、
至福のひとときを過ごさせて頂きました。
心より御礼申しあげます。
 にぎやかに雅とあわれにひたりきり
   源氏を語る春のひととき

[PR]
by orochon3 | 2018-03-27 13:45 | 日記 | Comments(0)