2018年 04月 19日 ( 1 )

天満プラプラ

このあいだのことです。
夫が仕事で天満に行く用事が
あったため、それに便乗しました。
いつものことです。
夫の用事は間もなく終ったので、
目的のぷらら天満へ行くと、
大セール中とのことですごい人、人、人。
その人波にもまれながら、
いつもの”雨竜にんにく醤油”を買いました。
このにんにく醤油は理想的で重宝。
なんにでも隠し味として入れています。
もちろんお肉にもピッタリなので、
消費が早い、早い。

買い物をすませるとちょうどお昼。
久しぶりに大来軒に行こうか、と
向かうと開店までまだ25分あります。
すぐにあきらめて、懸案だったヒビオへ
きびすを返しました。
ここはいつも前を通っていて、
非常に気になっていたのです。

店内へ入るとテーブルは2卓で、
長いカウンター席になっています。
11時半を過ぎていて、ほぼ半分以上
カウンター席は埋まっていました。
私たちが座ってからもどんどん
お客さんがやってきて満席、、、
ちょうど良い間に入ったものです。

私は日替わりの牛ヒレひとくちカツ。
スパゲティが下に敷いてあって
ドミグラスソースがかかっています。
夫のサービスステーキ(150g)は
醤油味のソースでレモンバタつき。
どちらもスープとコーヒーがついて
二人で合計2080円也。
お安くてビックリですが、
食べてもっとビックリ。
どちらもしっかり美味しいです。
ごはんに良く合うソースで、
お肉も美味しく食べられました。
この歳になっても色んな発見があって、
なかなか奥深いものだなあと感心しきり。
流行っているお店のソースは、
「美味しい」という結論が確立しました。
(ヒビオの食べログhpはこちら  )

ここで帰る筈が、なぜかまたしても
大一へ行ってしまいました。
あのお出汁の香りがひきつけるのです。
私は昆布うどん280円也。
夫はなぜか?うどん定食380円也。
二人で660円也。
下品の一歩手前という絶妙なお出汁は
いつも通りの美味しさで、
柔らかいおうどんと共にズルズルと
いつまでもすすっていたいくらいでした。

お腹がいっぱいになったので、
梅田まで歩いて阪急に乗りました。
天満はたのしいな。
また夫の用事があるといいな。
 奥深い食の魅力は果てしなく
   いと優しげにわれをいざなう

[PR]
by orochon3 | 2018-04-19 13:22 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(239)
(212)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧