2018年 04月 30日 ( 1 )

「お茶漬の味」観ました

連休3日目は過ごしやすいお天気。
夫は仕事でお弁当持って出かけました。
もしかしらた仕事が早く終って、
家に帰ってきて食べるかも、、、
ということでした。
先週もそういう事になったので、
もしや今日も、、、?
と思ったらヤッパリ帰ってきました。
5時に起きてつくったのに。

「お茶漬の味」という小津映画を
今更ながらに観ました。
この作品は、何はともあれ小暮実千代。
彼女の良さが200%以上発揮され、
彼女なくしては成り立たない、
と言ってしまえるほどの存在感でした。
あまり好きな方ではなかったのですが、
この作品で好感がもてました。
あの、最後の笑顔はスゴイ、スゴイ。
あぁうまいなぁ、と見惚れました。

昭和27年の映画で、
私としては若干新しい映画でしたが、
そもそもは小津安二郎が1934年に
企画し脚本を書いた作品だったとか。
わぁー!それが観たかった、、、。
戦前の有閑マダム連が遊び回るなんて
どんなに素敵な映画だったでしょう。
主人公の妙子は誰が演ったかな。
あの上流階級の気高さは、
やっぱり高峰美枝子サンかしらん、
高杉早苗サンも観てみたいですねぇ。

夫役は同じ佐分利信でイイです。
あのヒトは全然変わらないし、
長野出身の野暮な夫役にはピッタリ。
夫婦はお茶漬けだよ、お茶漬けの味、
という台詞は佐分利信にピッタリでした。

戦前の小津映画はわりとよく観ていて、
明るくモダンで好きな方ですが、
戦後作となると、ロゥアングルとか、
あの独特な雰囲気が苦手で、
ちゃんと観ていませんでした。
このお茶漬の味は、好きな方へ入れます。
ただ、私的ツボは今回はナシ。
返す返すも1930年代に製作だったらと
残念でなりませぬ。
 かざり気がないのと野暮は違うもの
   理想の夫は頼もしきひと

遠藤、小結おめでとう!
来場所の楽しみができました。
貴景勝、ガンバレ!

[PR]
by orochon3 | 2018-04-30 14:35 | 戦後映画 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(241)
(213)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧