人気ブログランキング |

2019年 06月 13日 ( 1 )




「旅日記 ヨーロッパ二人三脚」高峰秀子

だいぶ前に発売されていて、
時々立ち読みしていましたが、
文庫版が出ているのを
見つけて購入しました。
発行は2年前でした。

高峰さんは日記はつけていなかったけど、
旅先では丁寧に手帳をつけていて、
高峰さん宅の納戸の書架には、
そんな手帳が何冊もあったのだそうです。
その中で一冊だけ、ちゃんとタイトルが
つけられて、表紙絵まで書かれた、
ワクワクするような手帳が、
亡くなってから発見(!?)されて、
それを少し直して、
一冊の本にしたものです。
高峰さんが、とっても、とっても、
大切にしていた思い出!
この表紙を見ただけで、
それが一瞬にしてわかります。

内容は、これ本当に旅先で書いたの?
というくらい、詳細に面白く、
記されています。
内容には雲泥の差がありますが、
私も巴里日記をつけていました。
ひとり旅の私にはたっぷりと時間が
あったので、いくらでも書けましたが、
あの過密スケジュール、
しかもいろんな人と一緒の旅で、
あれだけの文章を書いたとは、
驚くばかり。
なんでもサッ!とスマァトに
こなしてしまうひとです。

それにしても登場人物がスゴイ。
梅原先生、谷崎先生の両雄、
伊東深水に花柳章太郎。
藤田嗣治家にはご飯をよばれに
何度も行っていました。
カレー、美味しそう。

毎晩読んでいたので、
あっという間に読了です。
1958年8月から翌年3月まで
長い旅をご一緒してきたような
疲労と満足感で満たされました。
 華やかな水無月の巴里を夢想する
   さわやかな風きらめく陽射し

アンカレッジ、という地名を
久しぶりに目にしました。
懐かしいー!




by orochon3 | 2019-06-13 08:46 | | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ファン

ブログジャンル

画像一覧