人気ブログランキング |

2019年 07月 05日 ( 1 )

劇場あれこれ

旅にまつわるものばかり
読んでいたら、
やっぱり旅に出たくなります。
こんなに出不精になった今では
とうてい考えられませんが、
ほんの10年ほど前までは、
ホイホイとどこへでも
出かけて行っていました。

中でも今頃の時期になると、
やはり毎年思い出すのが観劇の旅。
ほとんどが一人旅でした。
その一番最初は銀座、
今はなきセゾン劇場です。
ホテル西洋銀座の建物内にあった
800席ほどの劇場は時代の最先端!
という感じで、衝撃的。
入る時はちょっと背筋を伸ばして
エレガント、を意識していた、
というのが23歳の私です。
そしてセゾン劇場は、
圧倒されたお芝居と共に、
忘れられない場所になりました。
1990年の秋でした。

それからどのくらいの舞台を
観てきたでしょうか。
東京にはたくさんの劇場があって、
思い出すだけでもPARCO劇場、
シアターコクーン、青山劇場、
北とぴあ、最後の新橋演舞場、、、
中でも一番思い出深いのは
聖地、新宿の紀伊國屋ホールと
両国のシアターΧ。
思い出がありすぎて泣けてきます。

東京だけでも数え切れませんが、
博多や大分へも行きました。
名古屋へも行きました。
ソウルにまで遠征もしました。
普段なら縁のない場所でしたが、
劇場へ行くという目的の旅です。
ワクワク楽しくないわけが
ありません。
お芝居のチケットを取って、
ホテルを探して、交通手段を考えて、、、
何から何まで楽しくて嬉しくて、
帰りの新幹線や飛行機の中で、
お芝居のパンフレットを広げ
あれやこれやと思い出すのは
何にもかえがたい幸せな時間でした。
そしてだんだん家に近づくにつれて
日常へと戻っていくのでした。
 通い詰め初日中日に千秋楽
   頭をめぐる芝居の台詞

そして今、劇場へ行くことは
もうなくなりました。
思い出の中の劇場を愉しむだけ、
それでもう十分です。

by orochon3 | 2019-07-05 10:49 | | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

タグ

(362)
(306)
(117)
(31)
(17)
(14)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧