夢の競演

最近すっかり食が細くなってしまい、
心配してくれた夫が「好きなものを食べに行こう」
と言いました。
ひさしぶりにピッコロのカレーが食べたいと
ずっと思っていた、と言うと、
じゃ、行こ、行こ、と言ってくれましたが、
あ、でもオムライスも食べたいなあ。
と付け足したら、
ピッコロにはどっちもあるやないか、と
かしこいことをいうではないですか。
そうだ、そうだ、両方あった。
では行きましょう、と相成りました。

まずはオムライスの登場です。
スタンダードな ”The オムライス”。
トマトのソースがたっぷりで嬉しい。

b0019591_15543544.jpg
普通サイズのオムライスですが
かなり大きめだったのに、、、

なぜか、本当になぜか、
ご飯も大盛り、ルゥも追加で
カツカレーを注文した吾が夫。
すごい量です。
b0019591_15544324.jpg

そしてカツカレーとオムライスを
2人で分けながら交互に食べるという
超ゼイタクなことをしてしまいました。
食べたかったものだったので
いつもよりたくさん食べることもでき、
その後フードコートでは、たこ焼きも3個食べ、
お腹がはちきれそうになりました。
カレー、ケチャップ、ソース、という
魅惑の味三昧で幸せ倍増、元気、元気。
どこが食細いねん、とつっこまれそう、、、。
 安心の奇をてらわないむかし味
   いつでもおいしい定番の味

近所のスーパーへ行くと、その前に
焼肉店が来月オープンするみたい。
店頭のポスターをいそいそと覗きました。
するとなんだかヘンな感じ、、、
某高級ワインと笑顔のシェフの写真に
踊る文字は”オートクチュール”???
がっかり肩を落として帰ってきました。

[PR]
# by orochon3 | 2018-10-20 10:35 | 日記 | Comments(0)

コーヒーフロート熱

酷暑だったこの夏の楽しみは、
コーヒーフロートでした。
あっちこちの喫茶店やカフェで
いろんなコーヒーフロートを試した結果
私の中で一番だったのは、
珈琲館のコーヒーフロートです。

子供の頃は甘いクリームソーダの方が
好きだったのですが、
いつの頃からか、あの甘いアイスクリームと
苦いコーヒーのバランスが程よい
コーヒーフロートの方が好きになりました。
醍醐味はコーヒーにつかったアイスクリームが
シャリシャリになった部分で、
私はあれが大好きなのです。
そして、コーヒーフロートの要は、
”氷”だと判明しました。
細かすぎる氷では、溶けたアイスクリームと
区別がつかなくなってしまうし、
大きすぎる氷でもうまく食べられないのです。
珈琲館のコーヒーフロートはその点では
理想的な氷でした。
シャリシャリの部分が多くて食べやすく、
私にとってベスト1に決定。

b0019591_06470433.jpg
実は昨日、コストコへ行ったついでに、
隣のイオンの珈琲館へ寄ってきました。
やっぱりここのは最高、理想的でした。
 飲み終えて秋の深まり感じとり
   飲み納めにするコーヒーフロート

次点としては、コーヒーギャラリーヒロ。
アイスクリームがコーヒー味で、
ほろ苦さが増してさっぱり美味しかったです。


[PR]
# by orochon3 | 2018-10-19 09:26 | 日記 | Comments(0)

つくろい人生

古本屋さんでふと手にした本、
沢村貞子さんの「わたしの三面鏡」という
エッセイ集を読みました。
沢村さんが70代半ばの頃、昭和58年に
書かれたものだそうです。
50代前半の私には、共感できることと
まだよくわからないことがありましたが、
いずれはたどる道なのだろうなと
想像しつつ読んでいました。

ある朝、寝ぼけて脇腹を強く打った沢村さんは、
勝手に全治一週間だと思い込みます。
けれども20日経っても治らないので、
「若い時にはこれくらい4、5日で治ったのに」
とブツブツ文句を言い、
挙句「もう治らなくても良い」とフテ腐る。
そして、気がつくのです。
思えば70歳半ばまで散々使った身体であった、
わが家の古い雨戸でさえ、すり減ってくたびれ、
雑巾で埃をぬぐい、敷居にローソクをこすり、
そうしているからこそ、どうにか戸締りの
役に立っているのだと。
そう思い返し、せっせと湿布を貼り続けていたら
ちょうどひと月でやっと全治したのだとか。
「なるほどね」とよくわかった、
と沢村さんは得心したのでした。

『歳をとるとホンのちょっとしたことで
 身体のあちこちに故障がおこる。
 そのときは、あせらずじれず、
 ゆっくり手当をしてやって、
 どうにか動くようになったら、
 それでけっこうと思うこと
 どっちみち新品同様ピカピカになる
 わけではない。
 つまり、私に残されたこれからの毎日は、
 つくろい人生とでもいうのだろう、、、』

ちょうど私も、あせらずあわてず、
と思い思いしていたところだったので、
見られていたのか?と思うほど
ドキリとしたのでした。
いまの私を素直に受け入れて、
ていねいにつくろって生きていこう、
そう心に刻みました。
 われもまたたどる道なり
   怖々と一歩ふみだす老いの花道

[PR]
# by orochon3 | 2018-10-18 07:18 | | Comments(0)

ガンバレ葉っぱ

一週間ほど前に吾が家のモンステラは
新しいちっちゃな葉っぱを出しましたが、
あのちっちゃな葉っぱが、
すくすくとどんどん育って、
こんなになりました。

b0019591_09101653.jpg

あまりの育ち具合にビックリしながら、
嬉しくなってしまったのでした。
これでしばらくは双葉体制が続きます。
 胸をはりまっすぐ伸びて透きとおる
   わかさ命のいきおいうれし

昨日食べたおうどんは、
”しあわせの玄うどん”というもので、
水溶性食物繊維が10.4gも入っている
おうどんなのだそうです。
そのせいか今日はなんだか身体がすっきり。
場所は新しく借りた倉庫のご近所なので
再訪は確実でしょう。穴場です。

[PR]
# by orochon3 | 2018-10-17 09:04 | 日記 | Comments(0)

工事は続く

先週木曜日の朝から始まった
肩と首の痛みは、四日間ほぼ変わらず、
月曜の朝いきなりかなりよくなりました。
日にち薬だと自分に言い聞かせて、
(私にしては珍しく)慌てず騒がず、
じっと温めていましたが、
本当に日にちが経てば治ってきました。
何が起こったのかいまでも不思議です。

今朝は夫の元の倉庫を解約に行き、
あの悩ましい海辺の倉庫とサヨウナラ。
あぁスッキリしました。
そのまま買い物に行ってついでにランチを。
穴場で美味しいおうどんを食べました。
鳥のけいらんうどん、モチモチのおうどんと
優しいお出汁ですこぶる美味でした。
 出汁の香がよわった心と体へと
   しみてゆくよう優しあんかけ

b0019591_13283120.jpg

大規模改修工事の高圧洗浄が始まります。
窓を開けるのも禁止されるそうで、、、
いよいよ家の中がうっとうしいのです。
もういやー。

[PR]
# by orochon3 | 2018-10-16 13:30 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

タグ

(241)
(213)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧