カテゴリ:洋食会( 11 )

洋食の会 新規開拓 その3

昨日は久しぶりの洋食の会でした。
このところいつもの精養軒が続いたので、
今回は新規開拓してみようと、
友達と二人で審議した結果、、、
阪神西宮駅南に移転したロンドンに決まりました。
以前のお店は行きにくい場所だったので、
気になりつつも行くことができなかったのです。
でも阪神西宮駅からすぐの場所に移って、
ぐんと行きやすくなりました。
優しい友達が車で迎えにきてくれて、
エビスタの駐車場にとめました。
ようやくリニューアルしたエビスタを見つつ、
歩いてすぐのロンドンへ向かいます。
馴染みの深いえべっさんの参道近くで、
すぐ見つかりました。

友達は一も二もなくハンバーグとエビフライ!
と決めてしまったので、
つられて私も同じメニューにしました。

b0019591_06435043.jpg
すごくおっきなハンバーグ、
後ろに隠れていますが太くて大きなエビフライ、
サラダに春雨サラダとポテサラが付け合わせ。
ご飯がついて1200円也。
ハンバーグは近頃には珍しくかなりしっかりめ。
デミソースが、どこか子供の頃を思い出す、
不思議に懐かしい美味しいソースで、
ご飯も絡めて残らず最後まで完食しました。
エビフライも甘い美味しい海老で頭付き。
手作りタルタルも美味しいので
もっと欲しかったくらい、堪能しました。

いろんなところでハンバーグを食べていると、
そのお店、お店の個性の味を愉しめます。
これこそ外食の醍醐味だとおおいに満足。
そして今のところ、どこも外れなく美味しくて、
お店を選ぶ基準が間違っていないねーと自画自賛。
きちんと真面目にお料理を作っているお店は
食べるだけでなく、居心地も良いようです。
ロンドンも静かでゆっくりとした時間が流れ、
気持ちよく食事ができました。

食後はお店を出たら目の前にある
”えびす焼き”へ行って、
えびす焼きでお甘をしました。
温かいお茶を出してくれて、100円でほっこり。
冷え込んだ日だったので温もりましたー。

くちくなったお腹を解消すべく、
新しいエビスタを上下くまなく探検し、
ちょぴっと変わった阪神百貨店で買い物をして、
まだまだ喋り足りない二人はロイヤルホストで
2時間たっぷり喋って怒って笑って、
家まで送ってもらいました。
色々説明しなくても、お互いに分かり合える
話が早い貴重な存在、いつもありがとう!
 秋晴れの目に鮮やかな銀杏葉も
   やるせなくなる休場の報

ガンバレ、貴景勝。

[PR]
by orochon3 | 2018-11-15 12:33 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(9)定番にもどる

粗食が続いていた昨日、
いつもの友達が声をかけてくれて、
ひと月ぶりに洋食会となりました。
さて、どこへ行こうか、となって、
少々くたびれている吾ら、
やっぱりあそこでゆっくりしたいねーと
2人の意見は一致して、いつものところ。
新規開拓はまたしても次回へ持ち越しです。

優しい彼女が迎えにきてくれて、
楽チン車で精養軒へと向かいました。
車中の話題は、何を食べるか???
悩ましく色々意見は出ましたが、
店に入り、席に着いたら即決でした。
久しぶりのド定番、精養軒ランチ!
何故って後ろの席の2人が食べていて
それを見てしまったから。
精養軒ランチはミニハンバーグに
エビフライが二尾も付いていて、
温泉卵とスパゲチ、ハムサラダもついて
それにスープも、、、
これにいつものカニクリームコロッケを
食べるのは到底無理です。
今日はやむなく諦めました。

初めにかぼちゃのポタージュ。
甘くてサラサラで美味しい、美味しい。
そして間も無く登場の一皿。
端正な美しさにため息がもれます。

b0019591_06583475.jpg

海老フライの後ろには、
ハムとポテトサラダと
きゅうり、トマト、キャベツなどが
かなりの量で隠れているのですが、
これをサンドイッチにしたら
さぞかし美味しいだろうと言いながら
ニコニコして食べました。
が、それだけでもうお腹がくちくなり、
先行きが心配になりましたが、
友達と笑いながら話しながら
食べていたらいつの間にか完食!
久しぶりのハンバーグも、
優しいタルタルの海老フライも
全て美味しく、するするとお腹に
おさまっておりました。
粗食に慣れたお腹は、さぞやびっくり
していたことでしょう。

このあとデザートも注文し、
14時半の閉店までゆっくりと
3時間過ごさせてもらいました。
連休の最中というのを感じることなく、
いつも通りの静かで気持ちの良いお店、
満足満腹、ごちそうさまでした。
 オアシスのごとく吾らを憩わせる
   精養軒の美味しひととき

やった、やった、
大迫くん日本新、良かったね。

[PR]
by orochon3 | 2018-10-08 09:22 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(8) 合いがけ

このところ一人での食事が続き、
それはほぼソーメンレーメンで、
サッパリするもののパンチに欠けていました。
そんなところ、絶妙のタイミングで
いつもの友達からお誘いがあって、
いつもの精養軒へ行ってきました。
新規開拓しようか、と相談していたのですが、
今回は静かにゆっくりしたいよねー
と意見が合って、やはりそれには精養軒です。
そして、我々には今年の新年会の時に発案された
あるプランがあったのです、
今回はそれを実行しようと意気揚々と
青谷へと向かいました。
車中では台風の話でもちきり、
なぜか最近はいつも災害の話ばかりです。

お店に着いたらいつものボーイ君が
メニューを持って迎えてくれました。
カニクリームコロッケは予約時に既に
注文してあるのです、ボーイ君の手回しです。
では、今日は何にしましょうか、、、
ハイ、初志貫徹で例のプランを遂行します。
「カレーとハヤシを一つずつ、二人で分けて食べます」
そう、夢のカレーとハヤシの合いがけ!
ハヤシライスは去年食べたのですが、
カレーライスがずっと気になっていて、
そしてできたら合いがけしたらどうやろか?
と今年の初めに友達が発案したのです。
なのに、いつもお店に来ると
他のメニューに目移りしてしまって、
なかなか遂行できなかったのです。
でもとうとう念願が叶ったのでした。

ボーイ君は気を利かせて、
空のソースポットを二つ用意してくれました。
カレーとハヤシをそれぞれ分け合って、
ご飯の両端から食べ進めていきました。
ハヤシは以前食べた時と同じ感動、美味しい。
初のカレーはというと、、、、
一口目は「?」という顔になります。
今まで食べた事のないカレーなのです。
サラサラしていて、一口目は頼りない?
というか、え、カレーだよね?
と確認しそうになるくらいカレーっぽくない。
あとで分かったのですが、野菜だけで作ったルゥ
に、ビーフが入ったカレーなのだそうです。
そう言われても、こういう味です、
と解説できない複雑で良い意味で微妙な味。
そして食べ進めていると辛い。ちゃんと辛い。
ビーフも大きなのが4切れも入っていて、
そのコクや旨味もしっかりカレーに溶けています。
いつまでも食べられる美味しさ、さすが精養軒!
何を食べても、控えめながらしっかり美味しい。
どう?どう?美味しいでしょー?
とグイグイ迫ってくるのではなく、
少し後ろの方で、控えめに、お味はいかがですか?
と微笑んでいるようなお料理ばかりなのです。
でもその微笑みにはしっかりとした自信があって、
それが、ここなら何を食べてもちゃんと美味しい、
という信頼へと結びついていくのです。

そしてプラス店内の雰囲気。
小庭から注ぐ陽射し、清潔で静かなサービス。
疲れた時には元気が出ます。
食事に喜びが生まれます。
美味しかった、ごちそうさま、と笑顔になる、
大好きなお店です。
 静謐な味と雰囲気に包まれる
   浮き世わすれる至極のひととき

この日はデザートにブリュレとアイスのセットと
コーヒーを注文して閉店までゆっくりしました。
帰りにクラッセへ寄ってお互いにお買い物。
久しぶりに日常を離れて、非日常を満喫できました。
災害に次ぐ災害に心身が疲弊し、
こんな世の中だからこそ、
毎日を精一杯、悔いなく生きようね、
と話し合ったのでした。


[PR]
by orochon3 | 2018-09-07 09:35 | 洋食会 | Comments(0)

洋食の会、新規開拓 その2

昨日はいつもの洋食の会でしたが、
先月に引き続き新規開拓店です。
毎年、健康診断に行く神戸東病院の
すぐ近くにあってずっと気になっていた、
アクアヴィテというお店です。
並びにあるマルヨネというお肉屋さんが
経営している洋食屋さんで、
行く前からお肉を食べる気満々!

メニューは、
ハッシュドビーフ、ミートソースパスタ、
ハンバーグ、そしてステーキと
お肉料理のオンパレードでしたが、
その中で光り輝いていた(?)
おすすめステーキランチに
一も二もなく決めました。
普通のステーキランチはモモ肉で、
たった300円プラスするだけで、
なんてったってロースになるのですから。


b0019591_06225370.jpg

間もなく運ばれた前菜三種盛り。
生ハム、ローストビーフ、何故かクラゲのマリネ。
分厚いローストビーフ二枚が凄いボリュームで、
少しニンニク風味のソースが美味しい。
食べている途中にもうメインがきました、
とにかく出るのが早い、、、。

b0019591_06230081.jpg
大きな一枚です、
柔らかくてあまくて、理想的なロース肉。
ソースはお醤油ベースで少し甘くて
これもほのかにニンニク風味があって
お肉とごはんをワシワシ食べたくなる味!
バランス良くまさしく絶品でした。
特筆すべきはこの大量のポテトサラダ。
私の握りこぶしくらいありますが、
あっさりしていてやめられません!
ゴロゴロのラタトゥイユ、
人参、ブロッコリ、何故か筍水煮、
そしてもっと謎のバナナとパイン。
もうダメ、食べきれない、、、
これにご飯もつくのですから大変。


b0019591_06230812.jpg


そしてまだまだドリンクとデザートが
ドドーンとついているのです。
デザートもすべて丁寧な手造りで、
ティラミス、マンゴーとミルクのソルベ、
ブラッドオレンジのゼリー。
満腹なのに完食してしまいました。
これで1,600円也ですからビックリ。
お肉の質を考えると、
これはもうめちゃくちゃにお得です。
久しぶりにお肉を食べたー!という
満足感に包まれてまわりを見たら
満席になっていました。
ミートソースパスタもハッシュドビーフも
ハンバーグもどれも美味しそう、、、
でもやっぱり次もロースステーキだなー。
こんなに良いお店だったとは、
もっと早く来るべきでした。
一緒に行った友だちも大満足で
良かった、良かった。

品の良いお店の雰囲気のわりに、
かなりフレンドリーな感じで、
まるで定食屋さんに来たみたいに
気楽に食事ができました。
大人気のわけがよくわかります。
 いつもより長く感じるこの夏の
  暑気払いにはロースのステーキ

これであと三週間、乗り切りましょう。

[PR]
by orochon3 | 2018-08-12 13:15 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(7)端整な魚料理

昨日も暑かったですが、
またまたいつもの友だちと洋食の会でした。
静かないつもの精養軒で
ゆっくりたっぷり洋食を楽しみました。
いつものボーイくんがやってきて、
「ご注文はまず、カニコロッケと、、、」
と言ったので二人で大笑い。
”カニコロッケのお客さん”と
もう既に認識されているのでした。

そしてこの日の注文は、魚料理です。
何故なら私の大好物のサーモン、
それも香草パン粉焼きだったのですから、
一も二もなくサーモン!にしました。


b0019591_16244775.jpg

カニコロッケのザクザクっとした衣と違い、
薄くてパリっとした衣をまとったサーモン。
お皿を動かした時に、
上に乗っていたレモンスライスを
落としてしまったのが残念至極、
けれどそれでも美しい一皿で、
料理人の気質が現れているようです。
つけあわせの豆のトマト煮やオクラに人参まで
お味も絶妙!すべてのバランスが素晴らしい。
プロフェッショナルという言葉が
お皿の上に燦然と輝いていました。
もちろんカニクリームコロッケも
変わらず盤石の美味しさで、
友だちと二人で死ぬ前にはコレを食べたい、
その時はお互いにカニコロを持って行く、
というカニコロ協定が固く結ばれたのでした。

いつも平日に来ていたのですが、
昨日は土曜日で、いつもの雰囲気とは違い
活気に溢れていました。
それなのにうるさくないという不思議。
ボーイくんもきびきびと立ち働いていて
いつ来ても気持ちが良いことを
再確認したのでした。
ちょっと話し込んでしまったので、
バニラアイスとミニブリュレのセットを
追加注文したのですがこれがまた秀逸!
クローズタイムまで静かで涼しいお店で
ゆっくりさせてもらい大満足でした。

先週もトンコパンへ行ったばかりですが、
その時に彼女が投げてくれたボールで
私はある決断をして大きく前へ進むことが
できたのでした。
結果は思いもよらないものとなり、
とことん疲弊しましたが、
とにかく現状から抜け出すことができたし、
自分としてはよく頑張ったと思います。
 カニコロは決断くだしたごほうびと
   笑ってほおばる時ぞ嬉しき

[PR]
by orochon3 | 2018-07-22 12:12 | 洋食会 | Comments(0)

洋食の会、新規開拓

またお弁当づくりが始まっています。
車が混むからと言って、
6時過ぎには家をでる夫。
という事は私も早起きです。
午前中が長い、、、。

昨日はいつもの洋食の会が
粛々と開催されました。
親切な友だちが迎えに来てくれて、
暑い中でも車で涼しい移動ができ、
我々の親しみのある西灘へ。
今回は新規開拓です、
王子公園そばのトンコパン。
フランス語のTon Copain、
”きみの友だち”というお洒落なお店。
いつも前を通って気になっていて、
やっと訪問が叶いました。

メニューが多くて迷いに迷い、
ようやくサービスセットに決めました。
好きな料理を二品選べるので、
もちろん、カニクリームコロッケと
ハンバーグです。


b0019591_06331774.jpg


まず最初にでたスープが美味しい!
懐かしいようななんともいえない美味しさに、
友だちと二人、ノックアウトされました。
そしてずっしりおっきなハンバーグと
カニがぎっしりつまったクリームコロッケ。
これにごはんかパンがついて1,390円。
デミソースもトマトソースも、
初めて食べたような気がしないくらい
とっても懐かしく美味しい味でした。
そしてボリュームがすごい。
お腹がはちきれそうになりましたが、
完食できたのは、その美味しさ所以。
精養軒とはまた違った美味しさに
新規開拓は大満足な結果となりました。

食後は彼女の提案で、
通学路を車でたどりました。
泣きたくなるほど懐かしい!
坂の上を見上げた時には、
二人とも女学生に戻っていました。
ちょっとあつかましいカナ。
 坂道を元気にのぼり通う道
   見上げる先にたたずむ聖母

場所を変え友だちと話していて、
ものすごく大事なことに
気づかせて貰いました。
私も少し変われそうな気がします。

[PR]
by orochon3 | 2018-07-12 14:13 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(6)おすすめの一皿

まだまだ忙しい夫。
私はひとりゴソゴソやっています。
そんな先週の木曜日のこと。
優しい友だちが誘ってくれて、
いつもの精養軒へ行ってきました。
三ヶ月ぶりでした。
いつものボーイ君も笑顔で迎えてくれて
変わらずに気持ちの良いお店です。

「本日の魚料理は活鯛のムニエル」
と聞いた瞬間、それにしよう!
と思いました。
前回のサーモンのムニエルが
とっても美味しかったから。
ボーイ君は続いて、
「本日の肉料理は、
鶏むね肉のクリーム煮、
けれどソースとお肉は別々です」
と言いました。
え?いったいどういうこと?
詳しく聞いてみると、
鶏は真空の低温調理でしっとり柔らか、
そこへ茸のクリームソースをかけていて
「僕のおススメはお肉です」とのこと。
精養軒は何を食べても美味しい、
と前回サーモンを食べて確信したので、
それならアナタのおススメにしましょう
ということで珍しくお肉ランチにしました。
「カニクリームコロッケは
いらないんですか?」とボーイ君。
「モチロン!半分こしますよ!」と我々。
ここに来て食べない訳がないでしょう。

スープは優しいミネストローネ、
サラダはさっぱりドレッシング。
本当に何を食べても美味しい!
そして登場しました、カニコロ。


b0019591_16031687.jpg

わりと大きめです。
仲良くひとつずつ分けました。
あぁ、美味しい、美味しい。
絶対、蟹より美味しいよねー!
と何故か自慢しながら頂きました。
ソースもちゃんと美味しいです。

そしてボーイ君のおススメの一皿。
鶏むね肉のクリームソース。


b0019591_16033124.jpg

彼の言ったとおりに、
しっとりして柔らかく、でも弾力もあり、
食べたことのない不思議な食感。
鶏肉の美味しさもしっかり味わえて、
クリームソースの絶品なこと!
ゆっくり食べて、
最後は冷めてしまいましたが、
冷めても美味しくて感動しました。
付け合わせはラタトゥイユですが、
スナップえんどうの
火のとおり加減もあわせて、
さすがプロの味だなーという
バツグンの美味しさでした。
 この年齢になればお味と同等に
   大切なのは店の静かさ


[PR]
by orochon3 | 2018-06-21 14:40 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(5) 〜春のひと皿〜

昨日はここ一番の絶不調で、
心身ともにあっぷあっぷしていると、
親切な友だちが迎えにきてくれて
いつもの精養軒へ連れ出してくれました。

冷たい風と雨が降った昨日は二人とも、
「今日は煮込みハンバーグにしよう」と
行く前には思っていたのですが、
お店に着いたらガラッと心変わりしました。
本日の魚料理がサーモンのムニエル
だったのです。
友だちも私も「それにする!」と
顔を見合わせてニッコリ。
実は今迄、魚料理がいつも同じ魚で、
サーモンだったらいいのになぁと
二人して思っていたのでした。
訪問5回目にして叶ったサーモン。
私のここ最近の外食では
見た事の無いようなノーブルな写真です。


b0019591_08425603.jpg


身のあつい大きなサーモンで、
ムニエルだと言うのに軽いのです。
ムニエルのお手本とでも言うきべプロの技。
そして、バタのソースもすこぶる軽い!
ほのかなレモンの香りと酸味が絶妙で、
塩梅の良い完璧な一皿と言えましょう。
余計な事をせず、しなければいけない事を
正しく正確にこなした仕事の証です。
すべてのバランスが素晴らしく、
すこぶる美味しい一皿で感動しました。

ミニサラダ、スープ、パン、コーヒがついて、
それにいつものカニクリームコロッケを
二人で一つずつ分けっこしたからという
わけではありませんが、
お腹がいっぱい、大満足のランチでした。

蛇足ですが精養軒は3月から
メニューが少々変わっていました。
少々の値上げでしたが、
これだけのお料理を供してくれるなら
許容範囲よね、と二人納得したのでした。
 華やかなサーモンピンクのひと皿に
   春がおとずれ心ははずむ


貴景勝が休場ですって、、、
この状況でよく頑張っていたと
健気さに心うたれていたのに。
元気になって戻ってきてね。

[PR]
by orochon3 | 2018-03-21 14:40 | 洋食会 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(4)〜新年会〜

昨日は仲良しの友達が迎えにきてくれて、
いつもの精養軒へくりだしました。
このお正月、お互いに心身共に疲れ果てたので、
精養軒の静かな店内で美味しいものを食べて
慰労しあいましょう!となったのでした。
前回の忘年会からあまり日がたっていませんが
気にしない、気にしない。
忘年会の帰り際、お店のお兄ちゃんにも
「またすぐ来ます」と言ったのですから。

友達の車に乗せてもらい、お店へ向かう道中は
いつも話題は”何を食べるか?”です。
精養軒のメニューはそれほど多いとは言えません。
なのにそこから何を食べるか決めるまでには
精養軒に行くと決まればその時から、
ずっとかなり悩みに悩んでいるのです。
車中でもまだ悩んでいることもしばしば。
ところが昨日は、、、二人ともなんと同じ意見!
初めて精養軒に行った時に食べた精養軒ランチ、
あれを年の初めに食べよう!
と二人とも思っていたのでした。
もちろん、いつものカニクリームコロッケを
半分こするのも忘れてはいけません。

お店に着くと、お店のいつものお兄ちゃんが
笑顔で出迎えてくれました。
「また来ました、またすぐ来るって言ったでしょ?」
と言う私に、彼も心得ていて、メニューを出しながら、
「カニクリームコロッケを半分こですね」。
こういう阿吽の呼吸が嬉しいです。
色々あったお正月の出来事もふきとぶくらい、
美味しい洋食、正しい洋食、嬉しい洋食を
二人して静かな気持ちの良い店内で頂きました。
ああ、これでなんとか立ち直れそう、
また今年もこれを楽しみに頑張りましょう、
そう言いながら最後はやっぱりくだらないことで
笑いころげておしまい!
いつもながら、彼女には感謝、感謝です。
 立つ位置は互いに違えど煩悶は果てなく続き年はあけつる

[PR]
by orochon3 | 2018-01-10 14:12 | 洋食会 | Comments(0)

優雅な洋食屋さん(2)

昨日は仲良しの友達と洋食の会でした。
忙しかった彼女とヒマな私の願いはひとつ、
八月に行った精養軒への再訪。
仕事がようやく一段落ついたと彼女から連絡があり、
ようやく昨日、寒い中、再訪が叶いました。
寒い中といっても彼女が車を出してくれるので、
乗っているだけの私は寒くなんかありません。
極楽気分であっという間に青谷に着きました。

三ヶ月ぶりの精養軒は、やっぱり良いお店です。
静かで明るくてホッとします。
寒いけどお庭側の席に座るとウキウキ感が高まり
メニューを開く手ももどかしく「何にする?」。
迷って迷って、私はハヤシライス、彼女は初志貫徹で
シーフードピラフに決めました。そしてモチロン、
お約束のカニクリームコロッケを半分こしましょう。
ここで私はカメラを忘れてきてしまったことを知り
落胆してしまいました、、、
というのも、供されたハヤシライスがモノスゴイ量!
友達のシーフードピラフも一合はあるボリューム。
これはきっと吾が夫も大満足だと思いました。
彼に見せてあげたかった、、、。
(今度一緒に行けば良いだけの話ですが)

肝心のお味はというともう涙が出そうなくらいの
美味しさ、優しくて丁寧で、正しい洋食です。
友達のシーフードピラフも少しもらいましたが
貝柱と海老がたくさん入っていてにんにくの効いた
しっかりめの味付けが嬉しい。
前回も頂いたカニクリームコロッケは、
カニがこれでもかと入っていて、クリームは
こよなく優しい。食べてしまうのが惜しい!
というくらい美味しくて自然と笑顔になりました。

珍しくお食後にミニクリームブリュレを頂き、
二人で半分こしました。
これもまた優しくて嬉しくなってしまうお味。
静かな店内、親切なお給仕、何もかもに大満足で
今度はもう断然ビーフシチューを食べようと決めて
お店をあとにしました。

このお店に来ると、二人の母校の前を通ることができ
ワイワイ思い出話をしながら帰るのもすこぶる愉しい!
彼女と通るから余計に愉しいのだと思います。
彼女のおかげで良い学生時代を過ごすことが
できたのだなあとあらためて思ったのでした。

いろいろあるけれど、美味しいものを食べて、
たくさん笑おう、そうすればなんとか乗り切れる、
つくづくそう思った一日でした。
 なつかしい母校のすがた垣間見て思い出話ができる幸せ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-21 14:20 | 洋食会 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

タグ

(253)
(222)
(112)
(24)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧