人気ブログランキング |

カテゴリ:その他(ほぼお酒)( 459 )

奈良のお酒その2

Mちゃんが送ってくれた
心のこもったお酒、2本目は
篠峰 大吟醸 山田錦 です。
篠峰とは葛城山のことで、
以前Iくんが送ってくれたのは
篠峰 純米 でした。
大吟醸は初夏らしい清々しい瓶。
b0019591_05031292.jpeg

さてお味。甘ったるくなくて
キリリとした切れ味です。
後口がすっきりしていて、
梅雨の雨があがった時のような
爽快さを感じました。
スイスイと呑んでしまうのでご用心、
断続的に横っ腹をパンチされるみたいに
しっかり酔います。
もりたじゅんの漫画に出てくる
ちょっと硬派な男の子みたいです。
バンカラだけど優しい昭和の男の子。
(わかる人いるか知らん)
あぁもう何も言うまい。
ごちゃごちゃ言うより、
ただただ美味しかったです。
そう、もう空になってしまいました。
美味しくて懐かしいお酒、
どうもありがとうございました。
感謝を込めて。
 爽快ないつかあの日の篠峰の
   めぐみの水が醸した銘酒

暑い、暑い、暑い。
これじゃあ去年と同じですね。
今夏はあまり暑くならない、
なんて誰が言ったの???

by orochon3 | 2019-08-01 08:37 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

奈良のお酒その1

四月に早逝してしまった
大学時代の友達Iくん、
その彼の奥さまMちゃんへ
先月お菓子を送って、
元気だしてね、と電話をして、
そして、先日のことです。
Mちゃんからお酒が2本も届いて
ビックリ!
すぐに電話をしてお礼を言って、
Iくんが以前私に送ってくれた
千代酒造さんのお酒だと伝えました。
(旧友のお酒その1→
(旧友のお酒その2→

Mちゃん曰く酒蔵へ行ったら休日で
Iくんがなにを私に送ってくれたのか
わからなかった為、
他の酒屋さんで、オススメの
千代酒造さんの代表的なお酒を
送ってくださったのだとか。
その気持ちが嬉しくて、
涙が出そうでした。
さすが!
Iくんが大事に大事にしていた
奥さまです。
あたたかな心が伝わりました。
その、気持ちがつまったお酒の
一本を早速いただきました。

御所市櫛羅にある千代酒造さんの
代表的なお酒、櫛羅 純米吟醸
山田錦 生詰瓶燗 火。
b0019591_09440382.jpeg
葛城山の麓一帯が櫛羅という地名で、
葛城山の伏流水である地下水が豊富、
そのお水で風土を醸したお酒、、、
美味しくないわけがありません。

お味は、優しいお布団みたいです。
月明かりのした、
春ののどかなあぜ道をのんびりと
歩いているみたい。
でも足下に気をつけるべし、
油断したら溝にはまるよーという
あたたかな厳しさもあります。
あっという間に空になってしまい
残念無念。
お心のこもったお酒、
ごちそうさまでした。
感謝を込めて。
 まっしろな雲を茜に染めながら
   暮れてゆく宵おぼろげに酔う

お酒のお礼の電話をした時、
Mちゃんの声が少しだけですが
元気そうに聞こえて、
笑い声も聞けて、嬉しくなりました。
関係ないけど”火”ってなんだろ???

by orochon3 | 2019-07-30 07:23 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

A氏のお酒 2019 été その2

いつも貴重で高価なお酒を
お送りくださるA氏のお酒、
2本目です。
秋田県大仙市の奥田酒造さんの
千代緑 SP 純米大吟醸。

b0019591_07591642.jpeg
奥田酒造さんは350年の歴史があり
県内最小規模クラスの酒蔵で、
代表の奥田さんは昭和6年生まれ!
お元気ですねえ。
今の杜氏は19代目?!とか、
戊辰戦争で焼けた、とか、
本当にすごい歴史のある酒蔵です。
SP と言うのは、使用酵母が
”こまち酵母スペシャル”なので
そこからとられたのでしょうか。

お味は、、、ウゥーンなんだろ、
一言で言えば濃いい。
のどのところでストップする感じ。
フェリーニの名作「道」に出てくる
ザンパノ、、、
彼にも色々あったんだろうな、
とは思うけどやっぱり好きには
なれないのよね。
というような事を思い出しながら
頂きました。
あの重量感が似ているような、、、
こういうタイプのお酒は
あまり頂いたことがなくて、
ちょっとドギマギしているうちに
空になってしまっていました。
ということは、、、!
いつも新しいお味を体験させて
頂きまして感謝の念にたえませぬ。
ありがとうございます。
感謝を込めて。
 一升を何日で呑むか計算し
   なにが普通かわからなくなる

昨日は、もう暑い暑い暑いー。
梅雨明けでいきなりの猛暑は
身体にこたえます、やめてー。

by orochon3 | 2019-07-26 08:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

A氏のお酒 2019 été その1

いつも貴重でとびきり美味しい
お酒を送ってくださるA氏から
今夏もとっておきのお酒を
頂いてしまいました。

まず一本目は福岡八女市の高橋商店
繁桝 純米吟醸(切り絵ラベル)
糸島産の山田錦100%だそうです。
ラベルの美しい切り絵の模様は、
丸い輪が「原点回帰」
トンボが「日進月歩」
稲が「酒造りの原点」
を表しているのだそうです。
夏らしく涼しげでステキ。
b0019591_14473873.jpeg
肝心のお味ですが、
直球ストライクで大好きな味!
美味しくて、あっという間に
なくなってしまいました。
ということは、毎夜呑み過ぎ、
ていたということです、はい。
柔らかでいてスッキリしている、
ほどの良さ。
何事もこういう風になりたい、
といつも願ってはいるのですが、
現実はなかなか厳しくて、
やっぱりまた呑み過ぎる、、、。

「ディオールと私」という
映画を観ました。
ジル・サンダーのデザイナーだった
ラフ・シモンズが、ディオールの
オートクチュールのデザイナーに
大抜擢されてから、
初めてのコレクションを発表する迄
を追ったドキュメント映画です。
このラフ・シモンズという人が
なんというか、一見柔和なようでいて、
かなり芯が強く、妥協を一切許さない。
周囲のスタッフたちは、
「今度のデザイナー、かなんわー」
と手こずっている感じ、、、。
けれど最終的に54着ものドレスを
仕上げて、スタッフ達にお礼を言うと
感極まって泣いてしまいました。
なんと言うか、
この繁桝を呑んでいたら、
このラフ・シモンズという人を
なぜか思い出してしまったのでした。
そういう味だったのです。
お酒から広がる世界、、、
いつも本当にごちそうさまです。
感謝を込めて。
 土砂降りの空が次第に晴れるよに
   たしかな酔いが広がるお酒

昨日も遠藤は良かったですね、
これが続くといいのですが。
そして炎鵬は、あっという間に
すごい人気になりました。
確かに観ていてワクワクします。

by orochon3 | 2019-07-18 08:49 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

A氏のお酒 2019 hiver その2

いつもお世話になっているA氏から
昨冬頂いたお酒の第二弾です。
コチラも大事に冷蔵庫で保管して
暖かくなるのを待っていました。

b0019591_13004005.jpg
吟醸中取り 無ろ過生原酒
真野鶴 青紋生
新潟のお酒です。
ハートにズドーンと入ってくる
美味しい美味しいお酒でした。
初めの甘さ、続いてキレよく、
後口の辛さ、なんて美味しいの!
と思ってドンドン呑んでいると
ガツーンとノックアウト。
18.5度とアルコール度数が高いのが
好きな理由の全てではありませぬが、
これは本当に美味しい、
理想的な美味しいお酒です。

柔らかぁーい真綿で、
喉を静かにゆっくりと
しめつけられていくように
心地よく酔っ払っていました。
潔く美しいお酒。
言葉に語弊があるかもしれませんが
毎日こんなお酒を呑んでいたら
廃人になるかもしれません。

時代は令和になりましたが、
昭和が始まった頃の日本。
お洒落で粋なモダンボォイを
思い浮かべさせます。
でも心の芯のところは
サムライ・ニッポン、というか、、、
もっと具体的に言うと、
時代的にはもう少し前のはいからさん、
伊集院少尉のような、優しくて
強くて美しいお酒です。
 優しくて強くて粋で美しい
   日本の酒に恋する春の夜

補足すると下の名前は忍です。
決して花村紅緒ではありません。
あぁあまりに美味しいお酒で
少々はしゃぎすぎました、反省。
A氏さま、いつもいつも、
本当にありがとうございます。

by orochon3 | 2019-05-07 08:59 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

なら、かつらぎ

昨日のお昼は、
あんかけ焼きそばにしました。
とびきり美味しく仕上がって
お腹がはちきれそうに満腹!
あー美味しかったね、なんて
のんきに笑っていたら、
突然電話が鳴って、気がつけば、
奈良へ車を走らせていました。
行き先は葛城です。
小一時間ほど滞在して、
まだ信じられないままに帰路に
ついたのでした。

高速に乗る前にトイレへ、
ということで道の駅かつらぎ
というところに寄りました。
黄金週間中で大混雑していましたが、
店内は奈良のいろんな美味しい物が
所狭しと並んでいます。
店内くまなく見てまわって、
茶花豆の煮たの、山菜山葵漬け、
ざる豆腐、おぼろ豆腐、奈良漬、
柿の葉すし等々を買いました。

ここでしばし観光旅行気分を味わい、
沈んでいた気持ちを紛らわすことが
できたのは幸いでした。
あのまま帰っていたら、二人とも
どうしようもなかった事でしょう。
 早すぎる別れに春の涙雨
   とつとして聞く友の旅だち

買って帰ったものは、
どれもとっても美味しくて、
特にお豆腐と柿の葉すしは格別!
柿の葉すしは、
各種並んでいた棚の中で
いちばん人気のよしなやさん。
お豆腐は林とうふ店さん。
どちらも吉野にある、
有名店だったようです。

by orochon3 | 2019-04-30 09:05 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

A氏のお酒 2019 hiver その1

いつも高価で美味しくて
そしてとても貴重なお酒を
届けてくださるA氏から、
昨年末に頂いたお酒です。
いつもいつも、お心づかい頂き
本当にありがとうございます!

要冷蔵の生酒ですので、
毎年の事ですが冬にはキビシイ!
熱燗で温まらないと眠れないので、
冬の間は到底、
冷酒を頂くのはむりー。
という事でようやく暖かくなって、
頂くことができたのでした。
こんなに遅くなってしまって、
本当にすみませんー。

b0019591_07352346.jpg
羽根屋 純米吟醸
越中山田錦50 生酒。
お米を50%まで磨いて醸した
純米大吟醸です。
初めは甘さがきて、スッキリ。
若干の泡感もあってたのしい。
優雅な余韻のあるお酒でした。
パリのヴァンドーム広場に建つ
リッツが思い浮かびました。
そしてそこに住んでいた、
優雅でありつつしっかりと立ち
生活力があるココ・シャネル。
グイグイっとパンチもありますよ。

美味しいお酒でございましたが、
ラベルにちょこっと文句があります。
一つはこの瓶の後ろに書かれた
「富山越中のテロワールを表現」
というひとこと。
なぜここにテロワールという
文言を入れる必要があるのォ?
なんでも横文字を使えば良い、
というものではないでしょう。

それから、、、
「羽根屋四代目は手間を惜しまず、
力の限り全てをかけ魂を込めて
お酒を醸している」と、
そこまで徹底的にラベルに書く
必要があるのかなー。
これって当たり前のことで、
みなさんそうやってお酒造りを
しているのではないのかしらん。
お酒が美味しいだけに、
なんだかとっても残念でした。
 蔵元が魂こめて醸したる
   旨し酒には言葉はいらぬ

今朝選挙の結果を知り、
引っ越したくなりました。
どうなる、わが町。

by orochon3 | 2019-04-22 09:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

焼き飯賛歌

お店で食べる炒飯というのも
実に美味しいものですが、
私は家のご飯である焼き飯も
とっても、とっても好きです。
具沢山で、それも好きなものが
いーっぱい入った焼き飯なら
いつまででも食べていたいくらい
大好きなのです。
薬味は紅生姜でしょうか、
福神漬けでしょうか、迷うところ。
案外、沢庵やつぼ漬けも良いな。

そんな昨日のお昼、
最初は焼き飯にするつもりが、
途中で予定を変更して、
カレー味の焼き飯にしました。
具はたまごにベーコンとハム、
玉葱、白葱、青葱、グリンピース。
S&Bのカレーフレークをふりかけ、
ぢんとらのカレー粉で仕上げたら
とっても美味しくなりました。
もちろん、隠し味はにんにく醤油。

b0019591_12395761.jpg
お供にはコストコの
海老ワンタンスープ。
スパイシーなカレー焼き飯と
よく合って、美味しかったです。
あんまり美味しくて、食べ過ぎ!
お腹がはちきれそうになっちゃって、
食後のお甘も入りませんでした。
 スパイスの効いた焼き飯 春の味
   カレー風味は万能の味

流石にこの日の薬味はラッキョウ。
買い物に行かずに
家にあるものですみました。

by orochon3 | 2019-04-19 08:58 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

佳きお酒

この間、伊丹のイオンへ行った時に
免許証を書き換えに行っている夫を
待っている間にウロウロしていて
あるものを見つけました。
加藤酒造の越後一というお酒です。

b0019591_14554571.jpg
初めて見たパックのお酒でしたが、
私に対して強く主張してきました。
こういうシンプルなデザインは好きで、
思わず手にとってみると、、、

b0019591_14555488.jpg

毎日呑める定番酒!
こういうの大好きです。
いいかも、、、。
b0019591_14560224.jpg

品評会用のお酒を造らない、とか、
毎日飲んで美味しいお酒、とか、
まさしく私のためのお酒ではないですか。
買うべし、買うべし、
と思ってお値段を見たら
ものすごくお安いのです。
ムムム。
こういう時、かなり悩むタイプです。
吉と出るか凶と出るか?
美味しかったら最高だけど、
過去に何度か失敗しているのも事実。
けれど挑戦してみる価値ありかも、
勇気を出してみようかな。
一応、夫にも相談しましたが、
こういう時には絶対に止めないのが彼。
背中を押してもらって買ってみました。
果たして、ひやでも燗酒でも、
抜群の安定感、普通に美味しいお酒でした。
毎日いただいても全く問題なしです。
というよりも毎日呑みたい。

この普通というのは実に難しいのです。
とびきり美味しいお酒は幸せですが
毎日は続くとしんどいです。
ただ安いだけのお酒ではもっとしんどく、
何よりつまらない気分になります。
そんな私の定番酒は上撰白鶴の辛口。
これなら毎日おつきあいしても
じゅうぶんなお相手でお気に入りでした。
b0019591_15064591.jpg
(白鶴のHPより)

果たして越後一は、
この白鶴に取って代わる勢いの美味しさ。
そしてお値段ももっとお安いのが
なお嬉しく良い出会いだったなあと
われながら得意になってしまいました。
イオンでしか見つからないので、
一昨日、昆陽のイオンへ行った時に、
夫があるだけ買ってくれました。
4本買って4000円でお釣りがきました。
お値段ではない、美味しいお酒。
良いお出会いが何より嬉しいです。
ちなみにこれはクリスマスプレゼント、
だったようです。
ありがとー。
 佳き酒と出会う幸せ感じつつ
   盃あける調子はあがる

今日はいつもの友達と忘年会!
いつもの洋食屋さんへ行ってきます。

by orochon3 | 2018-12-26 09:34 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

いいものみつけた

昨日、車で夫と出かけた時に、
通りがかった公園で人だかりがして、
なにやら煙も上がっていました。
「あ、あれや、あれしてる」と夫が言うので
「ああ、防空演習!」と教えてあげると、
「え?」と夫が驚きました。
なにを驚いているのかと不思議に思っていたら、
「なに言うてるねん」と夫。
「えー?防空?でしょう?」
「防空てなんやねん、消防訓練!」
「あ、そうか、防空演習じゃないか」
「おまえ、いつの時代の人間やねん」
ホント、、、我ながらほとほと呆れました。

ニトリに買い物に行って
いいものを見つけました。
「パックと袋のカッター」です。
b0019591_08294903.jpg

豆腐などのパックのフィルム部分が
スーッと切れる便利なカッター。
ストレスなしで簡単にキレイに
切り取れるなんてスゴイ発明。
夫も私もあのフィルムをはがすのが
とても下手くそで、いつもストレスに
なっていたのです。
早速夕べ、たまご豆腐のパックに
スーッと刃を入れるとキレイに切れました。
もちろん袋物もスーッと切れます。
裏に磁石が付いているので、
冷蔵庫にくっつけておけます。
本当に良い買い物をしました。
 ちょっとしたスキマをうめる良品が
   このうえもない喜びもたらす

昨夕、掃き出し窓の養生が外されました。
今朝は窓を開け放して洗濯を干し、
シーツも干して、掃除機もかけました。
スッキリさっぱり良い気分です。

by orochon3 | 2018-10-28 12:46 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

タグ

(362)
(306)
(117)
(31)
(17)
(14)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧