人気ブログランキング |

<   2003年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧




「貞操問答」菊池寛

 おもしろかったぁー!一気に読みました。
読むのが遅いわたくしにしては、かなりのスピードでした。
昭和九年から新聞に連載されたこの作品、当時の中流および上流階級の生活が、
具体的なブランド名や銀座の店の名と共にいきいきと伝わる気分の良さったらない。
そして何より物語のスジがやたらにおもしろい。続き物の王道的ストーリィで、
ベッドに入ってページを開くごとに、「むふぅ〜」と溜息をもらしつつ読み始め、
時間を気にして12時を過ぎるといったんは本を閉じて電気を消すものの、
やはり続きが気になり電気をつける。ということを毎晩しておりました。
やめられない、やめられない。
三姉妹の真ん中、新子嬢が主人公ではあるけれど、真の主人公は末の妹である美和子嬢でしょう。
後半も後半、最後の最後まで、すっかり新子嬢に感情移入して読んでいた私は、
実はこの美和子嬢が嫌いで嫌いでたまらず、立腹のあまりなかなか眠れないほどに
憎んでいたこの美和子嬢が、物語の最後、一番の見せ場で見事にぶちかましてくれるのだ!
それも、義侠心でとか姉思いでとかそういう湿っぽい感情をみじんも見せずに、
颯爽と軽やかに、ムカムカするような前川夫人をへこませてくれる。
「胸のすくような」とはまさしくこの事なり。
ベビーエロのこまっしゃくれたお嬢さん、という印象でしかなかった美和子嬢が、
すっかり粋な女性に変身してしまった、その快感!気分良し。
で、「貞操」については、うぅん・・・どうでもいいこととしか思えない。
そこのとこが欠落しているのか。

「悪魔が吹かせる風は、誇という声がする」
この「誇」にはプライドとルビがうってあるのだけれど、名言じゃありませぬか!
b0019591_941880.jpg




by orochon3 | 2003-01-24 23:39 | | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧