<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

久しぶりに泳ぐ

ようやく三月が終ります。
本当に長かったですー。
昨日、ジムへ行く途中に芦屋川を通ると、
桜が風に舞い散っていて、
まるで吹雪のよう、、、
ほんの数ヶ月前は本当の吹雪が舞い、
寒さに縮こまっていたのになぁと、
ふと思い出しました。
何事もこうやって過ぎてゆくのですね。

そんなことをぼんやり考えながら、
三ヶ月半ぶりに泳いでみました。
久しぶりに泳ぐのだから、
身体中サビついています、
そのサビを落とすようにゆっくり泳ぐべし、
と、いつもの先生の指示がありました。
その通り、ゆっくり、ゆっくり、
水の中で確かめながら、でもリラックスして、
ひとかき、ひとけり、進みました。
確かに、ギシギシという音が聞こえそうな程、
身体はサビついていました。
けれど100M位で動きはスムースになり、
おお、私はまだまだ大丈夫!と
嬉しくなっちゃったのでした。
あんなに痛かった腰や肩も、
こうして時が過ぎれば、
いつまでも同じではないのだと、
改めて教えられたような気がします。
そして泳ぐのがやっぱり大好きです。
 きょうもまた日は暮れゆきて空に月
   見上げて献杯空に満月

[PR]
by orochon3 | 2018-03-31 16:00 | 美容&健康 | Comments(0)

ついていけない

昨日は暑かったですが、
今日は爽やかなお天気になって
ほっとしました。
あのまま暑くなるのはイヤです。
聞くところによると、
今夏は猛暑どころか、
酷暑になる予報なのだとか。
もうカンベンして欲しい、、、。

いつものNクリニックへ
漢方薬をもらいに行きました。
いつもひと月分もらうのですが、
そうすると連休にかかるので、
多めに出しておきましょう、と
先生が言ったのでビックリ!
もう連休ですか、、、早過ぎる。
 ベランダにサクラヒトヒラ散りおちて
   春のさかりのみじかさを知る



[PR]
by orochon3 | 2018-03-30 15:58 | 日記 | Comments(0)

ジムで再会

先日、3ヶ月半ぶりにジムへ行きました。
水泳の許可が出ていないので、
まだ泳げなかったのですが、
ミストサウナで汗を流して、
プールでプカプカ浮いて、
温水ジャグジーでリラックス。
久しぶりに身体を水に浮かべると
なんともいえない良い気持ちでした。
そして、いつも仲良くして頂いている
ロマンティック・マダムとの再会、
二人で手をとりあい喜びました。
とても心配してくださっていたとのこと、
大変申し訳なく、でも嬉しかったです。

以後、毎日ジムへ行って、
プールでプカプカをしていますが、
その間、会う方、会う方、皆々が、
「久しぶり!」
「もういいの?」
「どうしてたの?」
等々と声をかけてくれるのです。
私の不在を気にかけていてくれた、
という事がひしひしと伝わりました。
皆私よりもずっと大先輩の方々です。
「おかえりー」
「さびしかったわー」などと言われると、
なんだかくすぐったくて、
恥ずかしくって、嬉しかったのでした。

今日はいつもの先生に診てもらい、
ようやく泳いでも良い、
との許可がおりました。
明日からいよいよ再開です。
溺れないか心配、、、。

行き帰りの電車からは
満開の桜、桜、桜で、
もうお腹がいっぱいになりました。
今年の桜は、時期も早いせいか(?)
なんだか趣に欠けるような気がします。
私の気持ちの持ち様でしょうか。
 春がきて変わらず咲けどなに故に
   胸おどらぬか今年の桜

[PR]
by orochon3 | 2018-03-29 15:30 | 日記 | Comments(0)

カレーとは違うの

マンションのハクモクレンが咲きました。
少し日当りが悪いようで、
毎年、周囲の木蓮よりも開花が遅いのです。
これが咲くとホッとします。
暖かくなったのね、やっと。
そんなお昼はケンミンの中華街呵利飯。
野菜を山のように入れました。
豚肉に玉葱たっぷり、
ピーマン、キャベツ、椎茸。
野菜だけ見れば、カレーを作るとは
思えないようなラインナップです。
隠し味に日本酒と、カレー粉を増量して、
これでグンと美味しさはアップしました。
簡単便利すぐにできる大満足のひと皿です。
(ケンミンのHPはこちら →  )

このカレーは普通のカレーではなくて、
あくまで中華料理です。
カレー味の中華煮込みのようなもので、
食べた後、今日カレー食べたっけ?
というくらい軽いのです。
美味しかった!

b0019591_08374276.jpg
(ランチョンマットをようやく買い替えました)

去年、水耕栽培を始めたヒヤシンスが、
実は、とうとうご他界あそばされました。
最初にカビたのが原因かと思いますが、
芽が出て葉が伸びてきたので、
やれウレシヤと喜んでいたのに、
結局は腐ってきて異臭がしてきたので、
バイバイすることにしました。
ごめんよ、ヒヤシンス。
今年の秋にまた再挑戦しようかな。

これでまた、モンステラが一鉢だけ
ポツンと残ってしまいました。
可哀想なので少し大きめの鉢へ
居心地が良いよう植え替えようとして、
夫が茎をブチっと折ってしまいました!
嗚呼!ふたつに折れた茎を
両方植えてみましたがどうなるのかしら。
ガンバレ、モンステラ。
 愛おしいひとあしおくれの白木蓮
   散りいそがずにすがたとどめよ

[PR]
by orochon3 | 2018-03-28 15:59 | 日記 | Comments(0)

源氏の会 in 秋桜さま邸

”瀬戸内寂聴源氏”全10巻を
一年かけて読み終わったことを
その10冊をお借りしていた秋桜さまに
お礼と共にご報告申しあげました。
そして数日前、
源氏物語についてお話ししませんか、
という素敵なお誘いを頂きました。
昔から源氏の大ファンの宝塚マダムも
ご一緒にお招き頂いたとのことで、
宝塚マダムが迎えに来てくださって、
二人で秋桜さまのお宅へ伺いました。

秋桜さまは、「もう読まないので」と、
貴重なご本をくださったのです。
読むきっかけをくださった上に
ご本まで頂いたお礼を申しあげたいと
ずっと思っていたので、
とても良い機会をつくって頂きました。
お礼のお品を揃える為にそごうへ行って、
目当ての”明石”の銘店分大に向かう途中で、
素敵なお店を見つけてしまいました。
式部郷(しきぶのさと)という名前の
おかき屋さんです。
そこで私の目にとまったのが、
「源氏歌あわせ」というおかきです。
(商品のHPはコチラ →  )
これは絶対買わなければ!
だって、浮舟、中君、薫、匂宮と
其々の袋におかきが詰められているのです。
嬉しくなってこの源氏のおかきを持って、
源氏の会に参加したのでした。
果たして、包みを開けるや皆の歓声!
宇治十帖の世界が卓上に広がりました。


b0019591_06551804.jpg
(これは私の分、浮舟は食べてしまいました)


秋桜さまの造詣深いお話を伺い、
私は覚えている限りの知識を出し切り、
源氏物語の面白さや奥深さを語り合いました。
宝塚マダムは宝塚方面へ脱線しつつも、
何十年経っても覚えている記憶力は、
さすが宝塚のパワーと恐れ入りました。
久しぶりにお目にかかり、
あらためて人生の大先輩の偉大さに敬服し、
至福のひとときを過ごさせて頂きました。
心より御礼申しあげます。
 にぎやかに雅とあわれにひたりきり
   源氏を語る春のひととき

[PR]
by orochon3 | 2018-03-27 13:45 | 日記 | Comments(0)

弥生三月しめくくり

b0019591_13451100.jpg

昨日はいつもの尼崎西店へ。
餃子は定番、安心の美味しさでした。
最近よその餃子に浮気もしたけれど
やっぱりコレが一番好きです。
お相手はあっさり醤油ラーメン。
五目そばも良いけれど、
これもまた餃子のベストパートナー。
王道ですね。

b0019591_13452743.jpg

ようやく大阪場所が終りました。
あんまり荒れない春場所でした。
遠藤、初三役おめでとう!
ケガもあったし、長かったなー。
それにしても、鶴竜は、
絶対こういう時を逃さないなー。
そして豪栄道はこういう時に勝てないなー。
本当に面白くない場所でした。
稀勢はもう帰ってこれないのかなぁ。
一年前がまるで夢のように思えます。

今年の三月は特に長い気がします。
ちょっとへこみ気味だったのですが、
餃子を食べて元気になりました。
 気がつけば桜は一気に開花して
   春、春、春に精気がみちる

[PR]
by orochon3 | 2018-03-26 12:29 | 日記 | Comments(0)

髪も老いる

昨日、美容院でバッサリ髪を切り、
床の上に積もっている吾が髪を見て
ビックリしました。
なんと、髪の色が小豆色なのです。
私の記憶では真っ黒だったはずです。
もう長いつきあいの美容師さんに
「これ、小豆色じゃない?」と
聞いたら確かに小豆色だと言います。
なんで?真っ黒だったよね、、、?
彼女曰く、年齢やストレスで、
髪の色は黒ではなくなるそうです。
ガビーン、、、そういうことですか。
そして彼女からもっとオソロシイことを
聞いたのです。
髪が細くなり、元気がなくなっていると。
一緒に歳を重ねていたのね、
髪の毛も身体の一部なのだと
つくづく感じ入ったのでした。
ガンバレ、髪の毛。

美容院の帰りに、
久しぶりにそごうに寄りました。
そごうが久しぶりというよりも
神戸じたいが久しぶりです。
親しみのあるさんちかを通り、
そごうの地下へ入りました。
春休み、土曜日の午後です。
普段はガラガラのさんちかも、
そごうの地下も、すごい人込みで
勝手にホッと安心したのでした。
ガンバレ、三の宮。
 人々の往き交う街は春めいて
   百貨店では桜がおどる

[PR]
by orochon3 | 2018-03-25 15:30 | 美容&健康 | Comments(0)

桜が咲いて

桜が咲きました。
いよいよハレのシーズン到来です。
嬉しいけれど落ち着きがなくなり、
なんだか気ぜわしくなるのです。

冬の間中じっとひきこもっていたら
美容院へ行くのを忘れていました。
気がつけばもう5ヶ月!
桜が咲いたことだし、
バッサリとやっちゃいましょう。
冬の間に積もった重たい思い出を
チョキンと切り捨てました。

春風が首元に吹いたら
まだ少し寒いですが、
軽くなった頭とともに
少しは気持ちも軽くなるかしらん。
それよりも風邪をひかないように
気をつけなくてはいけませぬ。
 髪を切り首もと軽く気も軽く
   春風さやか軽やかに吹く

[PR]
by orochon3 | 2018-03-24 16:05 | 美容&健康 | Comments(0)

薫と匂宮

瀬戸内寂聴の源氏物語を読み終わり、
田辺聖子の源氏へと続くつもりが、
瀬戸内寂聴のエッセイ「わたしの源氏物語」
という本を見つけてしまったので
復習しながら読んでいます。
アレコレ思い出しながら、、、。
ところがこの本、微に入り細に入りと
細やかに書かれているのに、
宇治十帖が入っていないのです。
玉鬘も良いですが、私は浮舟が好きで、
横川の僧都も隠れファンなのに。
そして、なんてったってもう!
ダンゼン匂宮の贔屓なのです。
やっぱり光源氏の血をひいているせいか、
ア・カルイのがイイですねェ。
中の君のことも色々詮索するくせに、
最終的にはツメがゆるくて、
自然に逃げ場をつくってくれたりする。
良い加減に、イイカゲンなところがイイ。
大好きなのはやはり、
浮舟をさらっていくところ。
ふたりして宇治川を渡る場面では、
いい歳をして胸が高鳴りなりました。
後に浮舟がひとりあの情景を思い出す、
という場面がありましたが、
私も時々思い出してしまって、
ああ、わかるわぁ浮舟の気持ち!
源氏の君が紫上を思わず連れ帰ってしまう
あの場面とともに大のお気に入りです。

それに比べて薫はどうもしんどい。
『自分が実際あまりにも一つのことに
 執着する性分から、他人のすることが
 この上もなく怪しからぬことに思われる』
この箇所を読んだだけでもウンザリします。
うじうじとしているのかと思えば、
いきなり浮舟を宇治へと連れ去って、
それもかなり用意周到に準備していたところ、
なんともいえずイヤな感じがしました。
匂宮とはえらい違い!
 彼の人の腕に抱かれ見た景色
   ゆめかうつつにわたる宇治川

[PR]
by orochon3 | 2018-03-23 14:59 | | Comments(0)

おたからサザエさん

先日クラッセに行った時に
メトロ書房に寄ったら、
すごいおたからを見つけました。

b0019591_15045591.jpg
(朝日新聞出版のHPより)

長谷川町子美術館にて
長い間大切に収蔵されていた
サザエさんの漫画が、
この度はれて出版されたのでした。
全六巻、毎月二册ずつ出版とのこと。
早速第一回配本の1、2巻を買いました。
この歳になって、読んだ事のない
サザエさんを読めるなんて、
なんて幸せなのでしょう!
新鮮で、うれしい、たのしい。
どうしてこれは収録されなかったのかな
と考えながら、長谷川町子サンの
プロとしての厳しい目を想像しながら
大切に読んでいます。
(けれどこれは読んだことがある、
というものがあるのは何故でしょう?)

これまで出版されていたサザエさんは
ひとコマ目を見たらオチがわかるほど
読みまくっています、いまでも。
このおたからサザエさんもこれからは、
私の愛読書の仲間入りです。
 物心ついた時からそばにいた
   サザエさんとは大の親友

[PR]
by orochon3 | 2018-03-22 13:12 | | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

タグ

(219)
(202)
(112)
(22)
(17)
(12)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧