タグ:おでかけ ( 237 ) タグの人気記事

今年もついでランチ

昨日は買い出しに出かけて、
ついでにランチ。
買い物に行ったスーパーは
連休中のせいかどこもいっぱいでした。
なのでどこも混んでいるだろうと
思って選んだのは穴場のあのお店です。
あそこは穴場だと思っていたのですが、
さすがに昨日は割とお客さんが
入っていて、団体客までいました。
私たちはちょうどその隙に入り、
ゆっくり食べることができましたが。
そしてここは靴を脱いであがる式の
お店なのですが、なんと、
床暖房で足元はヌクヌク!
五目あんかけラーメンを頼んで、
中からも外からもホッカホカ!
になってごきげんでした。

b0019591_07080933.jpg
五目あんかけラーメンは、
今回初めて頂きましたが、
しっかり味ですが優しいあんで、
麺は私の好みではない太麺でしたが、
あんとよく絡んでなんとも美味しい。
満足満腹、ごちそうさまでした。
今年も美味しいものと
たくさん出会えますように。

あぁ初場所が始まってしまいました。
何も言うまい。とにかく、
ガンバレ、貴景勝。
 初場所の初日についた初黒星
   やるせないこの十五日間

買い物は重い物ばかりで、
部屋に運び込むのに難儀しました。

by orochon3 | 2019-01-14 09:13 | 日記 | Comments(0)

早朝の宵戎 2019

毎年、仕事のお仲間とともに
西宮神社へお参りに行っている夫。
今年はお仲間の方が長期出張中なので、
ピンチヒッターで私がお供しました。
過去のデータ(吾が家の)を参照し、
9日の朝6時半なら社務所が開いている、
と見当をつけて6時前に家を出ました。
まだまだ真っ暗な上に霧雨も降って、
人もほとんどいません。
車をちょっとだけ停めさせてもらい、
急いで御本殿へお参りしました。
けれど、社務所はまだ閉まったまま!
これでは肝心要の笹が頂けません。
隣で開いていた露天商のおばサマに
「コチラは何時に開くの?」と尋ねると、
8時頃だと言うではないですか。
ふへー、これは早すぎました。
待つにしてもまだ時間があり過ぎるので
一旦帰って出直すことにしました。

朝ごはんを食べて、再度出かけます。
7時半に家を出て、神社近くの駐車場が
空いていたので運良く停める事ができました。
ちょっとだけショートカットして、
社務所へ行くと開いていましたー!
よかった、よかった。
お仲間の笹もいただきました。

b0019591_08493894.jpg

御本殿の方は、もう列が出来ていて、
先ほどとは見違えるばかりの賑わいです。
お参りだけでも済ませておいて良かったと、
頂いた笹をしっかり抱いて帰りました。
聞けば、社務所は7時半に開くそうですが、
もっと早く開けても良いと思います。

神社仏閣には朝早く行くのが
とかく気持ちが良いものです。
澄んだ空気を胸いっぱい吸って、
心身ともに清らかになった気分です。
 お参りのお仲間ときに変われども
   願いはひとつ商売繁盛

なんと今日からまたしても洗濯物が
ベランダに干せなくなりました。
あと10日間も、部屋干しです。
外壁の最終確認だそうなので大事。
それは分かっているけれど、、、。

by orochon3 | 2019-01-09 10:06 | 日記 | Comments(0)

年明けの梅田で

まだ続いていたマンションの工事が
七日に再開されるとは聞いていたものの、
正月気分ですっかり忘れていました。
昨日は朝からカンカンという騒音を聞き、
あ!そうだった!と思い出す始末。
またしばらくは騒音とあの臭いに
悩まされる日々が始まりました。
早くもユウウツ。

吾が夫も月曜から始動。
午後から大阪へ出るというので、
いつものごとくついて行って
便乗ランチをしてきました。
いつものとんかつ屋さんですが、
でもホワイティ店の方が
上等で美味しいことが判明。
これからはこちらにしましょう。
新年早々の外食でしたが、
満足満腹、ごちそうさまでした。

食後は三番街まで歩きました。
本高砂屋を見つけたので、
きんつばを買おうとしたら、
店頭に見慣れない商品が、、、
手に取ってみるとずっしり重い。
「重ね蒸カステーラあずき」
と書かれたお菓子は、
ハイジのアルハンブラを一回りほど
大きくして重たくしたような感じ。
かなりの量のあんこを、
小豆風味の蒸しカステラで挟んでる!
なんてまぁ美味しそう。
でもちょっと甘すぎるかも、、、
と思い直して元に戻しました。
その瞬間、店のおじさんが出てきて、
「しっ、試食がありますねんっ!」
と言って一切れくれました。
フアッフアのカステラ部分が
甘さ控えめで抜群のバランス。
「美味しい!」と思わずおじさんと笑顔。
賞味期限が短いので二つだけ買いました。
ひとつ216円也。

b0019591_14015378.jpg

どうも初めて見たような気がして、
聞けば、三番街のバーゲン時にしか
販売していない期間限定商品で、
本店にも売っていないのだそうです。
「儲からないのんで、
 あんまり作ってくれませんねん」
とおじさんは泣き笑いで言いますが、
それにしても良いものみつけたー。
今度は7月のバーゲンの時に
売り出すそうです。
カレンダーに書いとこ。
 年明けの動きはじめた街行けば
   思いがけないお宝みつける

重ね蒸カステーラは期間限定で、
いろんな種類があるようです。
元町3丁目というブログをご参照ください。
コチラです →

by orochon3 | 2019-01-08 10:44 | 日記 | Comments(0)

謹賀新年 2019

b0019591_14192899.jpg
いつも拙ブログをご覧頂きまして
誠にありがとう存じます。
どんどん本来のブログから
逸脱しつつありますが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
(毎年同じご挨拶で恐縮です)

年頭にあたり、皆々さまとともに、
とにかく健やかに、そして平和に、
ただただ、それのみを祈念いたします。
そして、できるだけ笑って過ごしましょう。
 あたらしき御代のはじまるこの年に
   ただ平和にと祈りを捧ぐ

大晦日は夫とふたりで三宮。
生まれて初めて!お蕎麦やさんで
年越しそばを食べました。
選んだ駅地下の弦というお店は、
何度も前を通りながら初来店でした。
11時頃に行ったらもうほぼ満席!
さすが大晦日のお蕎麦やさんです。
私たちは間の良い時に入りました。
次から次へとお客さんがつめかけて、
あっという間に行列ができていました。
鶏とキノコと野菜のみぞれあんかけそば。
ちょっとややこしいですが、
あんかけそばに大根おろしが乗って、
おろしショウガもついています。
熱々のホカホカ、細いおそばに
美味しいお出汁で大満足でした。

b0019591_14380216.jpg

すごい人ごみのそごうで鶏肉を買い、
高砂のきんつばを買って
早々に帰ってきました。
きんつばは喜八洲より高砂派。
私の根幹はやっぱり神戸っ子でした。
もちろんコーヒはUCCです。

by orochon3 | 2019-01-01 08:39 | 日記 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(10) 〜忘年会〜

昨日は洋食会の忘年会でした。
水曜だったのでいつもの精養軒は
定休日でしたが、友達が電話をすると
年末で臨時営業するとのこと、、、
あら嬉しや、それなら精養軒に行こう。
ということで、色々と代案を考えていましたが
今年最後の洋食会は、精養軒に決定!
友達が車で迎えにきてくれました。

いつものボーイくんが待ち構えていて、
いつもの席に陣取り、
気持ちの良い小庭を眺めながら、
美味しい料理を静かな店内で
ゆっくりと楽しんできました。
静か、清潔、明るい、
そして控えめな接客。
これこれ、これこそがご馳走。
今年最後の洋食会は、
私は定番の精養軒ランチ、
友達は豪勢にカニコロコース。
オードヴルの盛り合わせが
一つ一つが美しく美味しそうでしたが
私には量が多すぎるので断念、残念。
けれど精養軒ランチも鉄板の美味しさで
満腹満足、ごちそうさまでした。

食後はコーヒを頂きながら、
アイスクリームを注文して、
2時までおしゃべり、おしゃべり。
お腹が痛くなるほど笑っていると
何年経っても変わらないなーと
呆れるやら嬉しいやら。
b0019591_06521994.jpg

ボーイ君にまた来年もよろしく、
と挨拶をして、母校を見ながら
次のお店へ移動しました。
今年は精養軒帰りによく来た母校。
私たちは愛校心のかたまりやねー
なんて冗談を言いながら、
マリア様にもご挨拶、また来年!
 この店で泣いて笑ったひととせを
   ふりかえりみて増すいとおしさ

次に寄ったのは久しぶりのにしむら。
元気印のオバサマ方が大騒ぎで、
その中で私たちはかなりシビアな
話題をひっそりとしていたのでした。
紛れてちょうど良かったのです。

今年も色々ありました。
大きな転機もありました。
そのきっかけになったのは
この洋食会でした。
お互いに洋食会で発散し、癒され、
また前を向けるようになりました。
二人にとって欠かす事のできない
大事な会になっています。
その中でも精養軒は特別なお店。
そこで一年の締めくくりができて
ホントによかったねーと言い合い、
新年会の約束をして別れました。
今年一年お疲れさまでした、
また来年もよろしくね。

by orochon3 | 2018-12-27 08:55 | 洋食会 | Comments(0)

水曜は買い出し

工事の匂いと騒音から逃れて、
毎日出歩いているうちに、
北側廊下の工事が進んでいました。
いよいよあの臭い臭い、
長尺シート貼りのお知らせも届いて、
やっと終盤に差し掛かったようです。

気がつけば冷蔵庫の中が空っぽで、
買い出しに出かけた水曜日は、
もちろんついでランチも欠かさずに。
吾が家にしては珍しく新規開拓です。
近くにあり気になっていた未訪問店、
今津駅近くのグリーンへ行きました。
目の前にパーキングがあるので便利。
私はポークチャップと海老フライの
Cランチ、なんと高価な1600円也。
夫はハンバーグと海老フライの
Bランチ1200円也。そして、
なぜかイタリアンスパゲティまで
注文していました、、、食べられる?

少し待って大きな器にたっぷりの
具沢山スープが出てきました。
私のCランチは高価なので海老入り。
同じスープで海老だけが違います。
卵で溶じてある美味しいスープは
量がすごいので全部飲むと大変だな
と思っていたらお料理が到着しました。

b0019591_09041178.jpg

これも結構な量です。
ものすごく大きなポークチャップ。
実は豚肉の下にはかなりの量の
赤いスパゲチが埋もれていました。
なぜか真ん中で大きな顔をしている
スライスハムがとても、じゃまー、
海老フライのソースが少なすぎる、
盛り付けがアンバランス、
など色々と感想はありましたが、
総体的に美味しいお料理でした。
特にポークチャップは、
焼き加減良く、ソースも美味しい。
重たそうな見た目に反して、
絶妙な味加減はさすがプロの味です。
後で知りましたが、ポークチャップが
この店で一番高価なメニュウでした。

イタリアンスパゲティは、
いわゆる鉄板ナポリタンで山盛り!
二人で分けるよう小皿も用意してくれて
食堂のような店内の雰囲気にぴったりな、
飾らない親切なサービスが嬉しいです。
そして、このイタスパ(そう呼ぶらしい)
が特筆すべき美味しさでした。
ほのかにバタも香り、味加減も抜群。
いつまでも食べていられそうなくらい!
お腹がはちきれそうになりながらも
ついつい食べてしまいました。
あぁ満足満腹、ご馳走さまでした。
 山盛りの湯気たち香るイタリアン
   ケチャップ味のメリケン仕立て

一番乗りでお店に入り、
帰る頃には満席になっていました。
常連さんばかりの人気店のようです。

昨日から南側の足場の解体が始まり、
すごい騒音ですが嬉しくって、、、。

by orochon3 | 2018-12-21 09:41 | 日記 | Comments(0)

火曜は大阪

火曜日は、例によって例の如く、
夫が梅田で午後から仕事ということで、
ついて行って便乗ランチをして、
私は買い物をすることにしました。
行ったのは、この間から気になっていた、
梅田大丸の食堂街にある
シンガポール料理のお店で、
シンガポールシーフードリパブリック。
チリクラブが有名だそうで、
夫はチリクラブと海鮮炒飯のセット。
私は大好きなナシゴレンセット。
サラダ、スープ、小鉢が二つもついて
更にドリンクバーもついて、1300円也。
天井の高いゆったりした店内で
ゆっくり食事ができるのでお得ではないかと。


b0019591_09035847.jpg

メインのナシゴレンには、
スパイシーなチキンサテと海老、
大好きなゆでタマゴまでついていました。
嬉しや、嬉し。

b0019591_09035069.jpg

緑の葉っぱはパクチーです。
私はパクチーが大嫌い。
昔、横浜の中華街で初めて食べたパクチー、
新幹線に乗って家に帰ってきても
まだ口の中が気持ち悪かったくらいです。
けれど、このナシゴレンを一口食べた時、
もしかするとパクチーを一緒に食べると
もっと美味しくなるかもしれない、、、と
思ったのです、そういうスパイシーな
濃い味のナシゴレンでした。
果たして、パクチーを少し混ぜたご飯を
口に入れてみると、やっぱりね、そうだよね、
という感じでまとまった美味しさになり、
見事にパクチーを克服することができました。
昨年は菊菜が好きになり、
ついにパクチーまでも大丈夫になりました。
難関不落のセロリももしかしたらいけるかも?
なんて虎視眈々と狙っているのですが、
どういう料理にすれば良いか、
これは作戦を練る必要がありそうです。

夫のチリクラブも辛くて美味しい
チリソースでしたが、
如何せん蟹に向いていない彼は、
身をほじるのがとても下手ッピィでした。
次回は私がほじってあげましょう、
と言うと「バイト料はずむわ!」
と嬉しそうにしていました。
それならガンバル。
 パクチィの香りをまとうナシゴレン
   第六感が導いた美味

食後は別れて、私はいつものごとく
阪神でやよいのちりめん山椒、
阪急のカムイチェプデリで秋刀魚の酢漬け
をそれぞれ買って早々に帰宅しました。
前日の京都に続き大阪へのお出かけ、
これで翌日神戸に行けば三都物語でしたが
そういうわけにはいかず。
せっかくですがまたの機会に持ち越しです。

by orochon3 | 2018-12-20 08:59 | 日記 | Comments(0)

師走の京へくりだす

恒例のお稲荷さんへのお参りは、
全て済んでもまだ10時半、
京阪に乗って三条まで出ました。
懐かしい三条の駅はもう変わり果て、
ほとんど面影がありません。
けれど私たちにとっては思い出がいっぱい。
なぁんて、思い出に浸る間もなく、
早めにお昼にしないと混んでくるので、
とっとと決めてしまいましょう。
そしてあまり悩まずに決めたのは、
先日夫が仕事で京都に来ていた時に
お昼に行ったという寺町の常盤さん。
常盤?どういうお店?
という方はこの写真をご覧になれば
すぐにわかるはず、、、。


b0019591_15310346.jpg

明治11年創業、
前身はお善哉屋サンだったようです。
何度この前を通ったかしれません。
BSフジの”100年食堂”でも紹介されて、
(100年食堂のHPはコチラ →
一度は行っておきたいと思いながら
なかなか叶わなかったお店です。
この日は別段どこへ行きたい、とか
そういうものは全くなかったので、
こんな機会はありません、入ろう、入ろう。

壁にはたくさんのメニューが貼ってあり、
気になるものばかりでしたが、
例年よりは暖かいとは言え、
ご祈祷中から底冷えで冷え切っていた
私の目に飛び込んだのは鍋焼きうどん。
夫は日替わりのエビカツ定食と
特製中華そばを注文しました。
すると待つ間もほぼ無く定食が登場し、
続いて鍋焼きうどんがやってきました。
こんなに早く鍋焼きが出てきたのは初めて。
どうやって作っているのか不思議、、、。
そしてその具も摩訶不思議です。


b0019591_15412205.jpg


干し椎茸のスライスと、かまぼこ、
そしてエビ天にたまごが落としてあって、
それは見慣れた景色ですが、
手前にあるのはナント、ナント、
美味しそうに焼きを入れた鶏肉が
かなりの量が入っていました。
こんな鍋焼き初めてです。
合うのかなーと思いながら食べていくと
うふふ、これが合うのです。
好き好きだとは思いますが、
焼いた鶏肉も私は好きでした。
それより何より、おうどんの美味しいこと。
昨今の流行とは真逆の柔らかいおうどん、
そして京都特有の甘くないお出汁は
優しくでもしっかりした味で、
100点満点の鍋焼きうどんでした。
今度はけいらんうどんを食べに行こう。
(常盤のHPはコチラ →

蛇足ながら、斜め向かいの三嶋亭も
選択肢の中にあったのですが、
でもやっぱり常盤の魅力に負けました。
常盤のお勘定は二人で2160円也、
三嶋亭の一人分にもなりませんでした。
結果、良い選択をしたと言えるでしょう。

食後は三条を少し散歩して、
はるか昔の学生時代を思い出し、
30年前も今も、結局のところ、
私たちってそんなに変わらないなーと
なんだか妙な気分になりつつ、
錦市場の打田でお漬物を買いました。
ぢんとらで辛口カレー粉も買えました。
包装がお洒落になっていたので
「わーお洒落になってるー」と
驚いたら、おばちゃんが、
「去年から変わってるけどぉ」と
少し変な顔をしていました。
(どうやら少し値上げをしたらしい)
b0019591_06312962.jpg

かれこれ三年以上来ていないのです。
本当に久しぶりの京の街。
嬉しくて、楽しくて、
気持ちが若返りました。
 みととせを経ても変わらぬ君とわれ
   店は変われど街は変わらず

お約束の大丸でうろちょろし、
せっかくだから地下のイノダに
寄ろうかと行ってみたら、、、
たくさんの人が行列していました。
ガッカリ。
気を取り直し、阪急でとっとと
帰ってきたのでした。
朝8時過ぎに家を出て、2時に帰宅。
十三でまたしても買ってきた
喜八洲のきんつばでお甘をして
ほっこり。
さすがに疲れましたが、
良い一日を過ごすことができました。
これもお稲荷さんのおかげです。

by orochon3 | 2018-12-19 08:59 | 日記 | Comments(0)

師走のお参り2018

昨日は朝8時過ぎに家を出て、
9時半過ぎには伏見に着いていました。
お稲荷さんは相変わらずすごい人出です。
ほとんどが中国系の団体さんばかりで、
あちこちに旗を持った添乗員さんが、
お参りの作法を説明していました。
関心、関心、と思いながら私も
並んで手水をとりに行ったところ、
隣にいた女性はいきなり柄杓を
直接口につけてお水を飲んだのです!
口をすすぐのではなく、、、。
あぜんとして眺めてしまいましたが、
一体どんな説明を受けたのでしょう。
図入りの説明書きも掲示してあるのに。

いきなりガッカリしてしまいましたが、
お札をお返しして一年のお礼を申し上げ、
また来年の商売繁盛のご祈祷を受けました。
私たちと同じ回になったのは、
おじいさん、おばさん、おじさんの
四組ですがおばさんが二口だったので
合計5組ということになります。
5組くらいなら早く終わるだろうと
たかをくくっていたのですが、
それが大いに違っていました。
まず大きなお供物が運ばれ、
次々に左右2台ずつ運ばれました。
それだけでも随分かかりました。
それからようやくご祈祷が始まりましたが、
お神楽の音から始まったのです。
これは、どなたか高額のご祈祷を
されている証拠でございます。
ご祈祷が終わっても、おさがりにも
とても時間がかかりました。
ようやく全て終わり、お神酒を頂き、
さあ、高額の方はどなたでしょう???
とお神楽の方を見ていたら、
おじいさんが舞台横へ案内されていました。
個人名でご祈祷をされていたおじいさん。
あんなにお供物が並んだのも
今回初めてでしたので、かなりの高額!
のご祈祷だったことでございましょう。
私たちもご一緒させて頂けて、
誠にありがたいことでした。
おじいさん、ありがとう。
観光客のみなさんも集まってきて、
お神楽は始まりました。
 厳かなお神楽の音が境内を
   鎮めてもどす神聖の地へ

まぁね、金額の問題ではありませぬ、
と言い聞かせて、京阪電車に乗り込み、
三条へ向かいました。
そう、今年はまちへ繰り出したのです。
つづく。

by orochon3 | 2018-12-18 09:27 | 日記 | Comments(0)

無料で良い気分

昨日の日曜日は、朝いちばんから
充電がてら昆陽イオンへ行ってきました。
さすがに朝早いと日曜でも空いていて、
充電中はウィンドウショッピングをして
クリスマス気分を味わってきました。

SKⅡがキャンペーンをしていて、
お肌の診断をしてくれるというので、
時間つぶしにお願いしてみたら、
私の肌年齢は45歳だという結果でした。
キメ、ツヤ、くすみはほぼ満点、
ハリとシワが少々残念、なのでした。
この年齢でハリとシワがないというのも
逆にちょっとどうかと思いますので、
まぁ良い結果だと満足していました。
ところがセールスの女性は違います。
「いちばん気になるところはどこですか」
と聞かれたので、シミです、それだけ。
シワとかたるみは仕方がないから
もういいんです、シミだけです。
はっきり言い切った私に彼女は苦笑い。
「今日まで特別価格なのでお買い得ですよ」
とすすめてくれたのですが、
とりあえずサンプルで肌との相性を
試してみないと買うことはできませんと
丁寧にご辞退してサンプルだけ頂きました。

前後して、イオンの中にある無料の
血管年齢診断をしたら、結果は46歳、
年齢にふさわしい血管年齢だそうです。
お肌も血管も、なかなか良い結果!
無料で良い気分にさせてもらいました。
 来し方に行く末にふと惑わされ
   五十路のわれに平成は行く

今日は恒例のお礼のお参りに
伏見さんへ行ってきます。
今年も無事にこの日を迎えることが
できました。
感謝の気持ちで行ってまいります。

by orochon3 | 2018-12-17 07:02 | 美容&健康 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

タグ

(274)
(237)
(113)
(26)
(17)
(14)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧