タグ:たべもの ( 202 ) タグの人気記事




「ノォトを見る会」の内容

昨日は10時から17時まで、
なんと7時間も喋り倒しました。
普段はほとんど喋る事がなく、
相手も夫くらいしかいないので、
もうクタクタ、ノドはガラガラ。
でも、ものすごく楽しかったです。

とってもとっても久しぶりなので、
「老い」「親」「子」「夫」
などと昔とは全然違った話題で、
なかなか実りのあるひとときでした。
けれど、50代になっても、
本質的には変わってないよねー
と自画自賛?して、
60になったら旅行に行こう!
と話がまとまってお別れしました。

旅行先をどこにしよう?
とアレコレ言っていましたが、
私たちがこれまで旅行してきても、
結局はなんの観光もせず、
ただひたすら部屋にいて
お喋りしていただけよね、
という事を思い出した結果、
それならもう有馬で良いやん!
という結論に至りました。
実に、私たちらしい、、、。
とにかく、こうなったら、
60までは元気でいたいものです。


b0019591_08364673.jpg

集まったのは5人でしたが、
皆それぞれに全く違う環境と生活。
そのうちの一人、Mサンがお土産に
持ってきてくれたのは手焼きのパン。
一人に1本ずつのバゲットでした。
私はチーズとベーコンのバゲットを頂き、
今朝、夫と頂きましたが、美味!!
メゾンカイザーの粉を取り寄せて
焼いているのだそうですが、
もうお店のバゲットが食べられないくらい、
本格的で美味しいパンでした。
彼女はフルタイムで働きながら
旦那さんと三人のお嬢さんの世話をし、
バラも育て味噌も手造り、、、
私とは両極端の生活をしていました。
そういえば、昔から何でもできて、
とてもしっかりしていて、
授業中に落書きをしていた私は、
よく彼女に叱られたものです。
 何十年経っても同じ役回り
   照れくさいよな嬉しいような

肝心の昔のノォトは、
お喋りに夢中でそれほど話題には
なりませんでしたが、
ノォトがきっかけで集まれたので、
良かった、としましょう。

[PR]



by orochon3 | 2018-05-17 15:05 | 日記 | Comments(0)

カレーの決まり事

朝からよく降っていたので、
買い物には行かないで
カレーをつくりました。

初めは普通のカレー鍋で
作り始めたのですが、
夫が横から水分が足りぬ、
水を入れよと指示を出したので、
増量したらお鍋からあふれそうに。
またまた夫が横から、
大きな深いフライパンに移せば
焦げ付かなくて良いから、そうすべし、
との指示がありました。
その時点で私はフライパンでは無理、
絶対あふれる、、、と思ったのですが、
夫が絶対大丈夫だと言うので、
移してもらいました。
すると案の定、やっぱりあふれそうで、
例の吾が家で一番大きなお鍋を
出さざるをえなくなりました。
あぁ、、、。
当初の思惑からは大きくはずれて、
これなら最初から大きなお鍋で
作っていたら良かったじゃないか。
流しには洗い物が山となりました。
これからカレーを作る時は絶対に
初めから大きなお鍋で作ります。


b0019591_10103578.jpg
(右手前に爪楊枝を置いてみました、鍋の大きさがわかるかな)

今回はカレー粉の他に、
長野の八幡屋礒五郎で買ってきた
ガラムマサラを入れてみました。
からい、からい、からい。
ノドがヒリヒリするスゴイ辛さ。
唐辛子屋をみくびっていました。
これは良いものを買いました。
カレーうどんが美味しいだろうなぁ。
楽しみ、楽しみ。

肝心のカレーライスは、
昨日からすじとお肉をコトコトと
煮込んでいた甲斐があって、
たいそう美味しくて、
ほっぺたがおちました。
 あちこちと食べ歩いてはいるけれど
   つまるところは吾が家のカレー


[PR]



by orochon3 | 2018-05-13 13:36 | 日記 | Comments(0)

カレーそばを食べる

昨日は寒かった、、、もういや。
そして今朝のニュースでは、
今年の梅雨は雨が多いという予報。
もういや。

今日はとなりまちのビルにある
湯川のカレーそばを食べに行きました。
カレーといえばうどんでしょ!
と言いたいところなのですが、
ここはおうどんはいまいちで、
おそばの方が白くて細くて
私好みなのです。
カレーがよくからんで美味しかったわァ。


b0019591_13083302.jpg

稀勢の里はもうダメですね、、、
本当にもうダメですね。
 清々し皐月の空に鳥は鳴き
   学校帰りの子どもが跳ねる

[PR]



by orochon3 | 2018-05-11 15:30 | 日記 | Comments(0)

連休も終って

昨日は久しぶりのガーデンズへ
ようやく出かけました。
阪急百貨店に用事があったのですが、
肝心の用事はあっと言う間に済んだので、
アクタ西宮のかつ喜へ勇んで向かいました。
久しぶりの外食は、ずっと食べたかった
とんかつに決めていたのです。
今日はロースカツと海老フライ。


b0019591_14510337.jpg

やっぱり揚げ物は美味しいな。
いつもはヘレカツにするところ、
ロースカツにして大正解でした。
そしてここは密かに海老フライが美味。
タルタルも酸味がきいて美味しいです。
満腹満足でごちそうさまでした!

アクタ西宮の上に無印良品があるそうで
探していたTシャツを求めて行ってみました。
初めて行きましたが、案外に広くて、
見て回るだけでも楽しかったです。
幸運にもちょうどTシャツは二枚以上
20%offだったので四枚買って、
今夏はもうこれで万全です。

ガーデンズではイズミヤで
いつもの菊水スマァトパウチを
大量に買いました、もうホクホク。
連休中のストレスもこれでスッキリ。
あぁ楽しかった。
 雨上がりかがやく樹々の濃淡が
   目にとけてゆく爽やかな朝


[PR]



by orochon3 | 2018-05-09 16:14 | 日記 | Comments(0)

信州のおそば

連休の後半がスタート。
吾が家も連休ごはんが続きます。
長野のスーパー、
綿半で買ってきたおそば。
夫がそば好きなので、
率先しておそば売り場へ行きました。
さすが信州、色んなおそばがあって、
驚きましたが、いろいろと
物色したあげくにコレに決めました。
”株式会社おびなた”の
信州生戸隠そば。


b0019591_12262496.jpg
(おびなたのHPより)


半生なので茹で時間はざるで3分です。
あっという間に茹であがりました。


b0019591_12261562.jpg

細くて私の好み。
お味も美味しくて気に入りました。
もっと買えば良かったです。

”おびなた”の半生ではなく”生そば”が、
阪急オアシスにて販売されていたので、
一度買ってみようかしらん。
その前に一箱買ってきた乱切りそばを
消費せねばなりませんが。
 門前で食べたざるそば思い出す
   深閑とした旅の蒼空

[PR]



by orochon3 | 2018-05-03 15:46 | 日記 | Comments(0)

連休ごはん

良いお天気に恵まれた連休。
今日のお昼はオムライスにしました。
吾が夫が美味しいチキンライスを
山のように作ってくれて、
私は玉子でまきました。
実をいうと、なんと、
恥ずかしながら、
この歳にして初めての出来事!
と言いながら案外カンタンに
くるりんとキレイに包めたので、
内心ホッとしていたのでした。
お弁当作りで卵焼きを作りまくった
成果でしょうか、まぁこの歳だから
なんの自慢にもなりませんけれど。

オムライスには、私は、
何かスープというか汁物が欲しいです。
私はコンソメスープを作ろうとしたら
夫は不要だと言うので、
フリーズドライの野菜スープが
一つ残っていたのでそれを食べよう、
と思って探すもありません。
どうやら食べてしまったようです。
仕方がないので液味噌で即席の
お味噌汁にしました。

オムライスとお味噌汁。
この組み合わせはどこかで見た、、、
あぁこれは喫茶店のオムライス。
果たして、お味噌汁は万能でした、
オムライスにもよく合って、
とっても美味しく頂きました。
連休のお昼ごはんらしいと自画自賛。
オムライスはやっぱり美味しいな。
 連休のお昼ごはんはオムライス
   ウキウキさせるケチャップの赤

[PR]



by orochon3 | 2018-04-29 14:33 | 日記 | Comments(0)

天満プラプラ

このあいだのことです。
夫が仕事で天満に行く用事が
あったため、それに便乗しました。
いつものことです。
夫の用事は間もなく終ったので、
目的のぷらら天満へ行くと、
大セール中とのことですごい人、人、人。
その人波にもまれながら、
いつもの”雨竜にんにく醤油”を買いました。
このにんにく醤油は理想的で重宝。
なんにでも隠し味として入れています。
もちろんお肉にもピッタリなので、
消費が早い、早い。

買い物をすませるとちょうどお昼。
久しぶりに大来軒に行こうか、と
向かうと開店までまだ25分あります。
すぐにあきらめて、懸案だったヒビオへ
きびすを返しました。
ここはいつも前を通っていて、
非常に気になっていたのです。

店内へ入るとテーブルは2卓で、
長いカウンター席になっています。
11時半を過ぎていて、ほぼ半分以上
カウンター席は埋まっていました。
私たちが座ってからもどんどん
お客さんがやってきて満席、、、
ちょうど良い間に入ったものです。

私は日替わりの牛ヒレひとくちカツ。
スパゲティが下に敷いてあって
ドミグラスソースがかかっています。
夫のサービスステーキ(150g)は
醤油味のソースでレモンバタつき。
どちらもスープとコーヒーがついて
二人で合計2080円也。
お安くてビックリですが、
食べてもっとビックリ。
どちらもしっかり美味しいです。
ごはんに良く合うソースで、
お肉も美味しく食べられました。
この歳になっても色んな発見があって、
なかなか奥深いものだなあと感心しきり。
流行っているお店のソースは、
「美味しい」という結論が確立しました。
(ヒビオの食べログhpはこちら  )

ここで帰る筈が、なぜかまたしても
大一へ行ってしまいました。
あのお出汁の香りがひきつけるのです。
私は昆布うどん280円也。
夫はなぜか?うどん定食380円也。
二人で660円也。
下品の一歩手前という絶妙なお出汁は
いつも通りの美味しさで、
柔らかいおうどんと共にズルズルと
いつまでもすすっていたいくらいでした。

お腹がいっぱいになったので、
梅田まで歩いて阪急に乗りました。
天満はたのしいな。
また夫の用事があるといいな。
 奥深い食の魅力は果てしなく
   いと優しげにわれをいざなう

[PR]



by orochon3 | 2018-04-19 13:22 | 日記 | Comments(0)

春の信濃路(その6)

4月11日、旅も最終日、この日は曇。
7時前にフロントへ降りると、
名古屋駅へのシャトルバスが
ちょうど出発するところでした。
いそいそと乗り込み、JR名古屋駅へ。
目指すは7時開店の驛釜きしめん。
そうです、モーニングきしめんです。
7時過ぎでもう賑わっていました。
私は昔ながらのきしめん、680円也。
三角のおあげさんが入っていました。
夫はこれに天むすがついたセット。


b0019591_09003811.jpg

味が濃そうですがそうでもなく、
鰹節が非常に良い仕事をしています。
柔らかく美味しいきしめんで、
きしめんってこんなに美味しかったっけ?
というくらい。嬉しい誤算でした。

駅のお土産やさんを散策。
宮きしめんの半生タイプを見つけ、
春ういろも見つけ、やれ嬉しや。
そんなこんなで8時になったので、
コンパルへと移動しましたが、
既にもういっぱいでビックリ。
とにかくコレを食べずには帰られない。


b0019591_09060978.jpg

食べられるかなー?なんていうのは
まったく愚問でした。
濃い味付けの揚げたて海老フライの
サンドイッチは、泣きそうなくらい
美味しい。
930円ととてもお高いのですが、
このヴォリュームなら適正価格でしょう。
夫と半分こしてごちそうさま。
もう、もう、お腹がいっぱいです、
満員の地下鉄でホテルへ戻りました。

身支度をして10時にホテルを出発。
本当はあんかけスパゲティを
食べに行く予定だったのですが、
とてもじゃないけど無理です、無理。
雨も降るようなのでとっとと帰ろう。
帰り道に何故か熱田神宮へ行くという夫。
初めてだと言います、では行きましょう。
曇天ではありましたが、
空気が澄んで気持ち良い空間です。


b0019591_09113361.jpg

なぜかアジア系の団体さんが多く、
どういう所なのか説明を受けて
ここへ来ているのでしょうか???
お参りして、鶏にも挨拶しました。
巫女さん曰く、野良鶏だそうです。
ぶくぶくコロコロに太った雄鶏が
気持ちよく大声で鳴いていました。

名残は惜しいですが、
そろそろ家に向かいましょう。
高速に乗って、途中、
充電の為に御在所SAに寄りました。
ほとんどのSAやPAにEVクィックがあるので、
本当に便利です、よくお世話になりました。
充電30分の間に何か食べるつもりでしたが、
まだあまりお腹がへっていなかったので、
何か軽く、と思いながら並んだお店を見ていると、
山本屋本店を見つけてしまいました!
そうだ、名古屋に来たのに食べていなかった。


b0019591_09114108.jpg

赤味噌の誘惑には勝てず、
ついつい注文してしまいました。
やっぱり美味しいです!
三分の二は食べてしまったほど、
赤味噌の威力は恐るべし。
残りは夫が食べてくれました。
ちなみに彼は鶏カツドン。

朝から、きしめん、海老カツサンドに
味噌煮込みうどんと、名古屋メシの
オンパレードで旅をしめくくり、
今日は今日も食べ過ぎました。

充電も済んで、一路吾が家へ。
帰りは大津SAで休憩しただけで、
14時半には無事帰宅しました。
お疲れさまです、
楽しい旅でした、ありがとう!
 信長へ秀吉へまた家康へ
   勝ちをさずける熱田神宮

[PR]



by orochon3 | 2018-04-17 14:10 | | Comments(0)

春の信濃路(その5)

善光寺を出たのは11時半。
梓川のSAで途中休憩しましたが、
このSAは素晴らしい景色でした。
雪を頂いた南アルプスが目の前に広がり、
広々としたテラス席もあります。
その席には、外国の人々が
コーヒーやパンを手に座っていました。
ややや、ホントのアルプス?と思いきや、
ここにも外国人団体客が大勢いたのでした。
中に入ると、おそばを食べている
同じ団体のオジちゃんがいて、
チャレンジャーだなあと関心しました!
彼らはトイレの掲示板を激写したり、
厨房の中もバシャバシャと撮影しまくり。
とても楽しそうでした。

早い時間に善光寺でおそばを食べたので、
カツカレーとおやきを
二人で分けながら食べたのですが、
これがまた、なんというか、、、
大きく「ハズレ」と書かれたような
かなしいお味だったのでした。
まあ、こういう事もあるでしょう。


b0019591_15364680.jpg

気温は22度、車内は暑い暑い!
運転手の夫も私もかなり疲れたので、
もう夜に出かけるのはやめて、
百貨店でおかずを買って部屋で宴会にしよう、
と早々に決めました。
そうなれば、とばかりに、
梓川SAで信州サーモンのスモークを
保冷剤と共に買っておきました。
これで夜の晩酌、、、うれしや。

ドーミーイン名古屋栄に着いたのは、
16時半、良い頃合いです。
三越へ繰り出してお惣菜を買い求め、
ついでにお酒も買い求め、
ホテルへ戻りました。

名古屋のドーミーインにも、
天然温泉の大浴場がありました。
時間帯のせいなのか、ほぼ貸切で
ヌルヌルの温泉を満喫できました。
お風呂上がりのビールが美味しかったこと。
そして信州サーモンのスモークも
期待通りの美味しさでした。
少し広めのお部屋だったので、
ゆったりできたのが本当に良かったです。
明日は旅の最終日、
名古屋メシをたのしみます。

今回、車窓からは色んな種類の
桜の木を楽しむことができました。
見た事もない大木の桜並木に
びっくりしたり、山肌に点在する
山桜を見つけるのに夢中になったり。
一番壮観だったのは、山里に一本だけ
たっていた大きなしだれ桜です。
あまりの美しさに目を奪われました。
これまで八重桜一本党でしたが、
しだれ桜の良さを今更に知ったのでした。
 道々に多種多様なる桜の木  
   しだれ桜に軍配あげる

[PR]



by orochon3 | 2018-04-16 16:29 | | Comments(0)

春の信濃路(その2)

今回の旅で善光寺さんの次に
楽しみにしていた信州サーモン。
さてどこに行けば食べられますか?
ホテルの近くを探索していて、
「焚喜屋(やきや)」という居酒屋を
見つけ、その店頭にあったメニューを見て
びっくりして欣喜雀躍!
”信州サーモン、大王岩魚、天魚の三種盛り”
本当ですか?
こんな三種盛りが食べられるなんて、
まるで夢のようではないですか!
私は川魚が大好きなので、
そのお刺身なんて貴重な機会です。
是非ともここにしましょう。
ちょっと派手な外観ですが、
中に入ると普通の居酒屋でした。


b0019591_14151845.jpg

珍しくカウンターに座ると、
厨房の中にオジサンが一人いました。
「信州サーモンが食べたいのです」
と言いますと、例の三種盛りを奨められ、
とりもなおさずそれを注文。
向かって右から天魚、信州サーモン、大王岩魚。
一番左の信州サーモンの薫製は
オジサンからのサービスということです。
オジサンありがとう!


b0019591_14170153.jpg

初の信州サーモンです、
美味しい、美味しい、美味しい。
大好きな味です、ネットリしっとり。
そして大王岩魚の美味しさにも
感動しました、脂が素敵に美味。
大王岩魚は正しくは信州大王岩魚と言い、
信州サーモンに続いて開発されたのだとか。
これは嬉しい発見!
天魚は少し〆てあり塩気があって美味で、
どれもこれも好みの味で大満足でした。

夫は馬肉のお刺身と鹿肉の炙り焼きを
注文していました。
この鹿肉がなんともいえない美味しさ。
柔らかくしっとりした食感、
しっかりめの味付け、
お皿にふられた山椒がよく合い、
お酒がすすんで仕方がありませぬ。
これは、大正解でした。


b0019591_14240961.jpg

普段は夜にあまり食べないのですが、
今日ばかりは食べずにおられようか。
オジサンに声をかけました。
「信州サーモンがもっと食べたいです」
オジサンは笑いながら頷いていましたが、
単品メニューはなかったそうです。
仕方ないなぁという笑いだったのか、、、。


b0019591_14255369.jpg

掟破りの信州サーモンだけのひと皿。
焦って手前の一切れを食べた後で
気がついて写真を撮りました。
夫にも分けてあげましたが、
本当に美味しい信州サーモン!
大ファンになってしまいました。
死ぬ前に食べたいくらい。

メニューは他にも、ジビエ類や
信州の地のものがたくさん。
気取らず丁寧な接客で、
活気のある良いお店でした、
おすすめです。

この日のお酒は、
信州限定販売の佐久の花の裏佐久、
しぼりたて水尾の紅、
そして夫の真澄の焼酎を少しもらい、
良い気分、楽しい嬉しい晩餐でした。

と言ってもまだまだ7時前。
長野駅の駅ビルへ探索に行きました。
つづく。
 圧巻の信州サーモン山盛りに
   舌鼓うつ信州の夜

[PR]



by orochon3 | 2018-04-13 13:08 | | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ファン

ブログジャンル