タグ:たべもの ( 209 ) タグの人気記事

春はハヤシライス

b0019591_13241178.jpg
昨日のお昼は手っ取り早い
ハウスの完熟トマトのハヤシライス。
去年の春に初めて作って以来、
気に入って使っています。
お肉は切り落としでも黒毛和牛で、
野菜はたっぷり玉葱と人参にしめじ。
マッシュルームとグリンピースも忘れずに。
トマトの水煮缶を一缶まるごと入れて、
ソース、にんにく醤油、酒やら色々。
隠し味を適当に入れただけで簡単に
美味しいハヤシライスになりました。
お約束のミニオムレツをのせたら
ごちそうになりました。
寒くもなく暑くもない、
ポカポカ陽気にピッタリの一品でした。
残った分はパスタにしましょう。

昨日もちょっぴり泳ぎました。
泳いだあとの半露天ジャグジィが
何よりの楽しみです。
目の前にできた大きなホテルは
客船のかたちをしていて、
会員しか入れないのだそうです。
みんなで、感じ悪いわぁーと
悪態をつきながら眺めています。
でも一度行ってみたい、、、。
 毎日がおんなじことの繰り返し
   それはなによりそれがしあわせ

[PR]
by orochon3 | 2018-04-01 14:56 | 日記 | Comments(0)

静かな洋食屋さん(5) 〜春のひと皿〜

昨日はここ一番の絶不調で、
心身ともにあっぷあっぷしていると、
親切な友だちが迎えにきてくれて
いつもの精養軒へ連れ出してくれました。

冷たい風と雨が降った昨日は二人とも、
「今日は煮込みハンバーグにしよう」と
行く前には思っていたのですが、
お店に着いたらガラッと心変わりしました。
本日の魚料理がサーモンのムニエル
だったのです。
友だちも私も「それにする!」と
顔を見合わせてニッコリ。
実は今迄、魚料理がいつも同じ魚で、
サーモンだったらいいのになぁと
二人して思っていたのでした。
訪問5回目にして叶ったサーモン。
私のここ最近の外食では
見た事の無いようなノーブルな写真です。


b0019591_08425603.jpg


身のあつい大きなサーモンで、
ムニエルだと言うのに軽いのです。
ムニエルのお手本とでも言うきべプロの技。
そして、バタのソースもすこぶる軽い!
ほのかなレモンの香りと酸味が絶妙で、
塩梅の良い完璧な一皿と言えましょう。
余計な事をせず、しなければいけない事を
正しく正確にこなした仕事の証です。
すべてのバランスが素晴らしく、
すこぶる美味しい一皿で感動しました。

ミニサラダ、スープ、パン、コーヒがついて、
それにいつものカニクリームコロッケを
二人で一つずつ分けっこしたからという
わけではありませんが、
お腹がいっぱい、大満足のランチでした。

蛇足ですが精養軒は3月から
メニューが少々変わっていました。
少々の値上げでしたが、
これだけのお料理を供してくれるなら
許容範囲よね、と二人納得したのでした。
 華やかなサーモンピンクのひと皿に
   春がおとずれ心ははずむ


貴景勝が休場ですって、、、
この状況でよく頑張っていたと
健気さに心うたれていたのに。
元気になって戻ってきてね。

[PR]
by orochon3 | 2018-03-21 14:40 | 日記 | Comments(0)

お好み焼きランチ

久しぶりにお好み焼きを食べに行きました。
家のホットプレートで焼くお好み焼きと、
お店の鉄板で焼くお好み焼きとでは
やはり勝負になりません。
去年、阿弥陀さんに会いに行った小野で
夫がおっきな鉄板を欲しがっていましたが、
わかる気がしました、、、と言っても、
吾が家には絶対いりませんが。

私は、お好み焼きと同じくらい、
ねぎ焼きも大好きなのです。
そんな私にピッタリなセットメニュー
小さなお好みとねぎ焼きのセットがあって、
いつもだいたいコレを頼むのですが、
名前は何故かプレミアムランチといって
なぜ?どこが?といつも疑問に思います。
ランチはお味噌汁とごはんがついていて、
こよなくウレシイ。
ただ、ねぎ焼きとごはんは合いませぬ。
お好みというよりお好みのソースと
ごはんが絶妙に合うのでしょうね。
私にはポン酢とごはんはどうも合いませぬ。


b0019591_14110458.jpg


久しぶりのお好み焼きとねぎ焼き、
美味しく頂いてお腹がいっぱい大満足です。
 お好みに季節を問えば春先が
   似合うと思う春雨の午後

[PR]
by orochon3 | 2018-03-19 15:23 | 日記 | Comments(0)

美味しいトマト鍋

一気に季節が戻って
冷たい雨が降りました。
冷蔵庫にはこの間シチュウを作った時の
ジャガイモと人参が残っています。
それではトマト鍋で温まりましょう!
ということで、優しい夫が
特製のトマト鍋を作ってくれました。
私は助手で具材を切って用意するだけ。
ベースはコンソメスープにトマトの水煮
あとは、彼の秘密の調味料がいろいろと。
これでとっても美味しいお鍋になります。

玉葱、キャベツ、ピーマン、エリンギ、
トマトも入れて、今日はなぜか青梗菜も。
野菜をいっぱい入れて煮込んで、
先日コストコで買ったチビハンバーグや
ソーセイジ、鶏肉も入れました。
グツグツと煮込んでトロトロです。

b0019591_15014909.jpg
食べるときに、お好みで、
粉チーズや黒胡椒、タバスコ、パセリを。
もう美味しくてとまりません。
いつもは〆にスパゲチを入れるのですが、
今日はもう入らない!というほど
お腹がいっぱいになりました。
食べ終わったら身体はポカポカです。
ありがとう、ごちそうさまでした。
 わが夫の数えきれない隠し味
   トマト鍋には滋養と慈愛

[PR]
by orochon3 | 2018-03-16 15:18 | 日記 | Comments(0)

ナゾの満州

少し前のことです。
大阪の仕事から帰ってきた夫が、
「餃子の満州って知ってる?」と、
いきなり少し興奮気味に言いました。
そんなの知らない、満州ってあの満州?
と聞くと、ウンと言います。
よく聞いてみると、
夫が仕事でお世話になっている某所の
すぐ近くに『餃子の満州』という
新しいお店ができているのを
車で通り過ぎた時に見つけた、のだそうです。
こういうものを調べるのは怠らない私たち。
すぐさま、関東の方のチェーン店だと判明。
今更ながらにネットって便利だなあ。
とにかくHPのラーメンの写真が、
もう私の大好きなタイプです。
餃子のチェーン店が、わざわざ、
王将の本場である関西にまで進出してくる、
その自信を確かめたい。
実際満州のすぐ近くに王将があります、
これは気になる、気になります。

そして昨日、仕事で大阪へ出る夫に便乗し、
私は百貨店で買い物をし、後、合流、
気になる満州へいざ行かん!
ということになったのでした。

夫が車の中から見つけた外観。
これだけ派手なら目につくのもわかります。


b0019591_13552281.jpg


明るく清潔な店内は好感が持てます。
接客のおばちゃんも愛想が良いです。
もちろん頼んだのは、王道の、
満州ラーメンと餃子のセット648円也。
(麺は半玉、1玉、1.5玉と選べます)
メニューの写真とはちょっとばかり
上にのった具の配置が違うのはご愛嬌、
コレ、コレ、
こういうラーメンに飢えていました。
アッサリとした醤油味のスープは、
子供の時に初めて食べた関東のラーメン。
初めてなのに懐かしい優しいラーメンでした。


b0019591_07354687.jpg

さあ、肝心の餃子はどうでしょう?
餃子二人前、理想的な焼き加減です。
口に入れると、かなりの弾力。
皮が厚くてアンもしっかりしていて、
最初は良いけれどだんだんと
食べるのがしんどくなってきます。
皮もアンもしっかりしているので疲れてきます。


b0019591_07355682.jpg

味はちゃんと美味しい餃子ですが、
いつもの食べ慣れている味に比べると
少々物足りない感がなきにしもあらず。
味はアッサリしているのに重たい、
なんだかアンバランスなのか、
バランスがとれているのか、
よくわからない不思議な餃子でしたが、
「水餃子にすれば良いであろう」
という結論が導き出されたのでした。

ちなみに、夫の頼んだ炒飯は
刻んだカマボコが入っていて、
意外に美味しい炒飯だったのでした。

色々と気になることが解消されて
この日の空のように晴れ晴れしました。
まァいつもの尼崎西店に軍配はあがりますが。
 気にかかる事事すべて解消し
   こころは晴れてこの蒼空よ

[PR]
by orochon3 | 2018-03-14 14:00 | 日記 | Comments(0)

さよならシチュウ

”明日からは暖かくなります”
と何度も予報が言っています。
夫の仕事も一段落したので、
おつかれさまの気持ちを込めて
今季最後のシチュウを煮ました。
使ったのはいつもの、
ハウスのきわだちシリーズです。
きわだちシリーズを使い始めてから
あの固形のルゥはもう使えません。
香りも味わいもダンゼン違います。
何よりあの固形を溶かすという
ナンギな作業がいらないのがステキ。
いつも通りに美味しく出来上がりました。
ハウスさんありがとう。

b0019591_12115106.jpg

そもそも私はそんなにシチュウが
好きなわけではないのですが、
結婚してからよく作るようになりました。
吾が夫が大好きだからです。
彼はシチュウには白ご飯の人ですが、
私は無理、、、パンが欲しいです。
これはよく話題になる問題ですよね。
二人しかいない吾が家でも、
見事に二派に別れています。
私は今日はイカリのパンにしました。
シチュウ、食べると美味しいのですが、
一人だったら絶対わざわざ作りません。
 日曜日おつかれサマのごちそうは
   感謝を煮込んだチキンのシチュウ

[PR]
by orochon3 | 2018-03-11 13:35 | 日記 | Comments(0)

カレーうどん讃歌

お弁当が中休みだった昨日は、
冷凍庫からとっておきのカレーを
出してきてカレーうどん!を作りました。
いつもながらにおんち様々。

b0019591_12043361.jpg
(私には不似合いの花柄トレイは、熱くて器が持てないための苦肉の策)

家のカレーを変身させたカレーうどんは
いつもながらにカレーに入っていた
人参やしめじやジャガイモなんかが
見え隠れするのがご愛嬌ですが、
これがもう素晴らしく美味しいのです。
私は大好き、家のカレーうどん。
お宝のスジが出てきたら狂喜乱舞です。

実はちょっとしたこだわりがあって、
カレーうどんには、かなり頑張って
良いお肉を使います。
それもケチケチせずにドドーンと
山のように入れるのです。
あぁ、もったいない、、、と思っても
ひるまずに入れてしまうと、
お肉のあまみとカレーの辛さに
もう天国へとのぼっていく勢い。
そしてご飯をほうばれば最高潮!
 できるなら毎日食べたいカレーうどん
   白菜漬けとしろいごはんと

[PR]
by orochon3 | 2018-03-03 14:44 | 日記 | Comments(0)

かなり残念

ええ、また?
と聞こえてきそうですが、
本当にまたしても尼崎西店へ
行ってしまいました。
行動の動線にちょうど良い場所に
あるというのが最大の理由ですが、
やっぱりあの餃子が好きなのです。
行く前から五目ソバを食べるゾ、
と決めていたのにも関わらず、
今月のフェアは野菜煮込みラーメン
だという事を知り、一も二もなくそれ!
このご時世に野菜たっぷりの煮込み?
ホントかな?とは思いましたが。
王将にしては少し時間がかかって
出てきたのはコチラ。

b0019591_09173219.jpg

やっぱりね、写真とは違って
ほとんどがモヤシだらけでした。
584円のお値段を考えれば仕方ありません。
黙ってモヤシをモクモク食べました。

そういえば、
女子カーリング選手のことを
”なでしこジャパン”みたいに、
”もぐもぐジャパン”と言うのだと
勝手に思い込んでいました。
それが勘違いだったという事を
つい最近知ったのです。
”もぐもぐタイム”だったのですね、
なぁんだ。

野菜煮込みラーメンに戻ります。
トッピングされている白いのは、
生の刻みにんにくでした。
説明が無かったので、
提供されてから知ったのですが、
私は生ニンニクはイヤです。
なのですぐさま小皿に取り除きました。
そしてスープを一口飲んでみると、
どうしたいの?という感じの味で、
なんだかモヤシ独特の匂いもきつく、
ちょっと苦手かも、、、。
胡椒、酢、ラー油などを入れて調整し、
ようやくモヤシの匂いが消えたので
なんとか完食致しましたが、
もう一度食べようとは思いませぬ。
これまでのフェアのラーメンは割と
気に入っていたのですが、コレは残念。
生ニンニクを混ぜてはじめて
完成する味だったのでしょうか???
ま、こういう時もありますね。
餃子はいつも通り。大好きです。
 つくづくと愉快ではない今朝の空
   耳を疑うニュースに接し

[PR]
by orochon3 | 2018-03-02 15:02 | 日記 | Comments(0)

わりとよく行くオリーブキッチン

今日は朝から銀行まわりをして、
色んなことがあって
なんだかもうくたびれました。
そのあと買い出しへ行く予定でしたが、
そのあいまにランチをしちゃおう、
ということで行ったのは東部市場です。
お気に入りのオリーブキッチン。
いつもはカレーにしようか何にしようか
迷いに迷っているのですが、
今日はまったく迷いませんでした。

b0019591_13092135.jpg
ハンバーグと海老フライ二尾の定食は、
ごはんとお味噌汁、お漬け物がついています。
写真の向かって左上に伝票が写っていますが、
これで970円也(税込)。
オリーブオイルで揚げている海老フライは
サクッと軽くタルタルまでも美味です。
ハンバーグはあいかわらずのフアフア〜♪
ここのハンバーグはどうしてこうも
柔らかいのかしらん。秘密が知りたい。
肉々しいハンバーグが好きな人には
向きません、それほど本当に柔らかいから!
ちなみに私はハンバーグなら何でも好きです。

海老フライの後ろにはキャベツの千切りの山が
隠れていました、このご時世にものすごい量!
嬉しい悲鳴と共にワシワシと食べ続けました。
見た目よりも全てにおいてすごいボリューム、
お腹いっぱい、ああ美味しかった。
ごちそうさまでした。
 みそ汁と漬けもの付きがお約束 洋食はもう立派な和食

お腹がいっぱいになってからの買い出しは
あまり物を買いすぎないので良いですね。

[PR]
by orochon3 | 2018-02-27 15:15 | 日記 | Comments(0)

ジャンジャンロウ

昨日は深江に行きました。
実は深江には去年暮れから縁ができて
ひんぱんに行っているのですが、
ずっと気になっていた住宅街の
中にある中華屋さん、
じゃん醤楼(じゃんは難しい字です)
にとうとう行ったのでした。
連日にわたる中華なんて大歓迎です、
注文はモチロン雲呑麺にしました。

b0019591_14110881.jpg
運ばれてきたのは、
実に実にシンプルな雲呑麺。
良い匂いが食欲をそそります。
澄んだスープ、細い麺、白葱、
私の大好きなタイプではないですか。
沈んだ雲呑は数えると6個も入っていて
優しいアンとツルツルの薄い皮、
素直な雲呑麺で美味しく嬉しい。
誤解を恐れずに言うと、
バツグンに美味しい!というものではなく、
ああ美味しい、としみじみ言いたくなる
やわらかぁい美味しさでした。
欲を言えばスープにもう少しだけ
パンチが欲しいかしら、、、。
雲呑麺探究の道はつづきます。
 おばあちゃんのように優しい雲呑麺 初めて食べても懐かしい味

(食べログの頁はこちらです →  )

[PR]
by orochon3 | 2018-02-19 15:56 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

タグ

(209)
(197)
(111)
(22)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧