人気ブログランキング |

タグ:ワンタン麺 ( 7 ) タグの人気記事

ジャンジャンロウ2019

昨日は点検で車屋さんに
車を預けに行きました。
ついでに充電も済ませましょう。
小一時間ほどかかるので、
その間にご飯を食べましょう、
というと行き先は二つに限られます。
夫の希望でジャンジャン楼に
かなり即決で決まりました。
思い出せばちょうど去年の同じ頃に
同じように車屋さんに預けに来ました。
そしてその時も車屋さんから歩いていける
ジャンジャン楼へ行っていました。
寒い時にはあったかいものを
欲するのでしょう。
なので、私はいつものワンタン麺です。

b0019591_14100258.jpg

ほどの良い優しいスープ、
しっかりした味のワンタン、
そして細めの麺。
私の中では定番盤石の美味しさです。
けれども。
あれれ、、、
去年の写真と比べてみると、、、
なんと!
チャーシュウが無いではないですか。
調子が良い店のおじさん、もしや、
忘れちゃったのじゃないのか???
いえどうも、おしなべて値上げした、
ようです。
まぁそれほどチャーシュウが好き、
というわけではないから良いですが。

参考までに去年2月の写真です。
ワンタンの数は同じだったと思います。
b0019591_14110881.jpg

夫の唐揚げ定食と柔らか皿うどんも
素朴な優しい美味しさで、
大満足でした。
奇をてらわないこんな普通の町中華が、
私には合っているのでしょう。
でも今はちょっとゼイタクがしたい気分。
たまには豪華な五目炒飯が食べたい!
とずっと思っているのですが、
なかなか実現しません。
 

寒くなった今日は、
冷凍していたとっておきの
カレーを解凍してカレーうどん!
華麗なる変身をさせます。
モチロンおんち様々のお力を
お借りするのですが。
 熱々のとろみが美味しいカレーうどん
   餡の濃度がお味の要

夫は濃度高め、私は低めが好みです。
ちょうど良い塩梅にできるかな。

by orochon3 | 2019-02-09 08:20 | 日記 | Comments(0)

12月なのに!

12月4日、今日の温度は、23度。
コートもカーディガンも脱ぎました。
雨が降ったり晴れたりと忙しく、
なんだか狐につままれたような
ヘンテコな一日でした。
それでも、いつもの昆陽イオンと
帰りに寄ったガーデンズは、
クリスマスソングが流れ、
はなやかな気分にあふれていました。
そう、23度になろうとも、
街はクリスマス一色、ついでにちょっぴり
迎春ムードもついてきて、
やっぱり今は12月だったのでした。
 クリスマス気分に浮かれ欲しくなる
   赤いバッグと白いセェタァ

10年ぶりで神座のラーメンを食べました。
ワンタンと煮卵をトッピング。
麺は半玉で白菜増しというものです。

b0019591_15271553.jpg
ニラと辛味噌で味を変えながら完食。
すごく久しぶりだったので、
こういう味だったかなーという味でした。
しっかりめのワンタンは美味しくて、
白菜たっぷりは嬉しくて、
案外美味しくいただけました。
最近どこにでも出店しているチェーン店、
変わらずすごい人気でした。

by orochon3 | 2018-12-04 15:31 | 日記 | Comments(0)

超残念なワンタン麺

先週のことですが、
いつもの昆陽イオンでずっと気になっていた
翡翠麺の海老ワンタンというのを食べました。
以前行った上海常というお店です。
ショウウィンドウにずらりと並んだ
食品サンプルの中でも、この一品を
初めて見てから一度食べてみたい、と
ずっと楽しみにしていたのでした。
念願ようやく叶い、注文して出てきたのは
サンプルとはかなり違うものでした。

b0019591_09024463.jpg
美しい翠の色をした翡翠麺が
透明なスープに沈んでいるのは、
想像通りだったのですが、、、
海老ワンタンがすごーく小さい!
サンプルの三分の一くらい?
海老はほんのちょっぴりで
ほとんどがカワだったのです。
エースコックのワンタンメンの
ワンタンみたいな感じ、、、。
あぁ残念無念。
麺とスープは私の好きな味だし、
野菜がたっぷりでお腹もいっぱいに
なったのですが、肝心の海老ワンタンが、、、
あぁもう言うまい。
こんなこともあります。
写真やサンプルが美味しそうなお店は
要注意、とメモしておきます。
 予期せずに期待裏切る小ささに
   肩を落として戒め刻む

昨日届いた”足場解体のお知らせ”を
よくよく読んでみると、な、な、なんと、
終了は26日の予定だというではないですか!
ということは、12月ほぼいっぱいまで。
覚悟していたはずなのに、やっぱりショック。
工事が終わったと思ったら、
新しい年は目の前ということです。
本でも読んで工事が終わるのを、
じっと待つことにしましょう。

by orochon3 | 2018-12-03 09:46 | 日記 | Comments(0)

丸萬へ行く

昨日、三宮へ行った目的は、なんとワンタン麺。
昔からとにかくワンタン麺が大好きで、
その熱が近頃ヒートアップしてきています。
美味しいワンタン麺が食べたいんだよー!
と騒ぎながら探していて、
行き当たったお店が”丸萬”だったのです。
どこにあるの???
と調べてみたらなんと、このお店でした。
小さい頃から、何度前を通ったかわかりません。
そしてこの店へ自分が入る日が来るなんて
まったく想像もしていませんでした。
b0019591_10184007.jpg
一番乗りで入店しましたが、
あー昔はこんなお店いっぱいあったー
というような店内でした。
注文してしばし経ってワンタン麺が登場。
なんとも端正なたたずまいではないですか。
b0019591_07545163.jpg
期待通りの澄んだきれいなスープ、
麺は細くて平めんという珍しいもので、
主張のないワンタンが寄り添っていて、
すべてがバランス良く整っています。
満点、大好きなお味で大満足でした。
あとは酢豚定食と焼き飯を頼んで、
夫と分けて食べました。
次々にお客さんが入ってくる繁盛店で、
長く続く秘密を見たような気がします。
細雪で出てくるお店みたい、、、。

ちょっと食べ足りないという夫が、
一貫楼で豚まんを一つ食べました。
久しぶりの一貫楼でしたが、
販売部門に行列ができている人気店になり、
昔よりずっと垢抜けています。
食べ終えるのを待って、
エビアンへ向かいました。

エビアンも久しぶり。
初めてカウンターの端に座って、
ゆっくり店内を見渡すと、新鮮な感覚。
改めて良い店だなと感心しました。
できたばかりというプリンを半分こしましたが、
このプリン、すごく美味しくてびっくり。
ここではいつもホットドッグばかりだったので、
もっと早く食べていれば良かったー。
そしていつものコーヒー、大満足でした。
もう満腹です。
そごうに寄って帰りました。
 ようやくに歳をかさねて帰り着く
   優しく澄んだ神戸の中華

まさしく三宮・元町を満喫した一日。
色々とお店が変わっていたりして、
時の移り変わりを感じてしまいました。

ガンバレ、貴景勝。

by orochon3 | 2018-11-21 12:33 | 日記 | Comments(0)

ジャンジャンロウ

昨日は深江に行きました。
実は深江には去年暮れから縁ができて
ひんぱんに行っているのですが、
ずっと気になっていた住宅街の
中にある中華屋さん、
じゃん醤楼(じゃんは難しい字です)
にとうとう行ったのでした。
連日にわたる中華なんて大歓迎です、
注文はモチロン雲呑麺にしました。

b0019591_14110881.jpg
運ばれてきたのは、
実に実にシンプルな雲呑麺。
良い匂いが食欲をそそります。
澄んだスープ、細い麺、白葱、
私の大好きなタイプではないですか。
沈んだ雲呑は数えると6個も入っていて
優しいアンとツルツルの薄い皮、
素直な雲呑麺で美味しく嬉しい。
誤解を恐れずに言うと、
バツグンに美味しい!というものではなく、
ああ美味しい、としみじみ言いたくなる
やわらかぁい美味しさでした。
欲を言えばスープにもう少しだけ
パンチが欲しいかしら、、、。
雲呑麺探究の道はつづきます。
 おばあちゃんのように優しい雲呑麺 初めて食べても懐かしい味

(食べログの頁はこちらです →  )

by orochon3 | 2018-02-19 15:56 | 日記 | Comments(0)

祝、66年ぶりの連覇

この間からずっと、
雲呑麺が食べたい、食べたい病。
もう雲呑麺が頭から離れなくて、
ずーっといりいりしていたら、
近所のバーミヤンののぼり旗に
見つけました、雲呑フェアという文字。
で、日を改めてようやく行ってきました。

豚肉、海老、鶏韮の雲呑があり、
どれも甲乙つけ難く選べないので、
欲張って三種類とも入っているのを
注文したのです、チャーシュウも
何故か煮玉子も入っていました。
スープも醤油か塩かを選べますが、
ダンゼン醤油味の雲呑麺が好きです。

b0019591_14013012.jpg

果たして供された雲呑麺、
見た目は私の希望通りでした。
海老は予想通りのプリプリ、
鶏韮はあっさりしていて、
豚肉は、これこれ!というもの。
どれも皮が厚めでしっかりしていて
お腹にドシンとたまりました。
とりあえず雲呑麺食べたい病は
少し落ち着いたのですが、、、。
私の中で今でも思い出に残っている
雲呑麺は銀座の直久で食べた、
醤油味の雲呑麺です。
ああいうシンプルな雲呑麺、
どこか近くにないかしらん。

昨日は羽生くん、金メダル
凄かったですねー!
宇野くんも良かったですね。
実は忘れて新喜劇を観て笑っていたので
ちゃんと見ていなかったのですが、、、
ニュースでしっかり観ました。
66年ぶりの連覇を観ることができただけで
私たちはもうとっても幸せです。
 銀盤を舞う日の丸や美しき偉業成したる笑顔の涙


by orochon3 | 2018-02-18 14:10 | 日記 | Comments(0)

原点回帰

こうねんサン騒動最中の昨日のこと、車を車検に出している間、
お出かけしようという夫。
不調の原因が分かって具合が少し良くなったので誘いに乗りました。
さあどこへ行きましょう?
阪神芦屋駅が最寄り駅です、西へも東へも行けますが、、、
久しぶりに西へ行くことにしました。
ゆっくり神戸のまちを歩くのは本当に久しぶりです。
神戸のまちも変わっているでしょうか。

阪神三宮に降り立ち、サンチカのUCCの喫茶店で計画を練りました。
何せまだ朝の9時半です、先は長いのです。
10時になるのを待ってジュンク堂に入りました。
ナガサワ文具店で所用を済ませ、センター街の地下を散策しているうちに
ようやく11時になりました。そろそろお昼。
お昼は私のリクエストで別館牡丹園でワンタン麺を食べに行くことにしました。
まだ喉も胃もその道筋も少し不調で不安でしたから、
やさしい、でも食べ応えのある汁そばが食べたかったのです。
しかし!別館牡丹園はお休みだったのです、残念。で、四興楼に変更!
豚まんで有名、美味しいよねあそこの豚まん、と言いながらお店へ行くと
ああ、ここもお休み!
そうです、ここでようやく気がつきました、水曜日なのでした。
昔々子供の頃、神戸大丸に行くのが一番楽しみなお出かけでした。
でも大丸は水曜が定休日、そして大丸のある元町も商店街などは
水曜がお休みのところが多かったのです。
百貨店が定休しなくなったのはいつ頃からでしょうか。
定休日があった事など遠い記憶の彼方へいってしまっていました。
試しに元町商店街やその界隈を歩いてみましたが、
古くからあるお店はだいたいお休みしていました、恐るべし。

果たして私達は足も疲れて途方に暮れ、ランチ難民になりかけましたが、
あっ!一貫楼はいかがでしょう?!微妙な場所だけど、、、開いていました!
果たして一貫楼の二階に無事に座る事ができて、あーしんどかった。

一貫楼も中で食べた事はありませんが、よく餃子を買っていました。
豚まんを店の横で立ち食いもよくしました。
便利な場所にあるせいか実は昔から馴染みのあるお店なのです。
さあ、メニューだ、メニューだ。
とりあえず豚まん1個ください、と言うや否や階下から瞬時に出されました。
それから焼売と餃子を一人前ずつ。
焼売は初めて食べましたが、豚まんのアンとよく似た甘めの優しい味。
b0019591_15321563.jpg
懐かしい餃子!小振りで、あっさりしていて、味噌ダレで食べるそうですが、
味噌ダレがちょっと辛かったので用心した私は酢醤油で。
なんとも懐かしい味、いっぱい食べても胃もたれしないです、というお味です。
b0019591_15315812.jpg
夫はあんかけ焼きそばを注文していました。あんかけものが好きな人です。
私は初心を貫いてワンタンメン。「炒飯セットにせよ」と夫の指示がありました。
期待通りの優しい、優しいスープに細くて美味しい麺がなんともいえません。
ワンタンも小振りで食べやすい!炒飯と薄くて大きなチャーシュウは夫に進呈しました。
b0019591_15314942.jpg
少しづつよく噛んで食べないと喉につかえてしまうのですが、
ゆっくりと時間をかけて美味しく頂くことができました、大満足。
見渡せば店内の年齢層がとても高い、、、お客さんも接客の方も。
「安心して食べられるからやろう、味もメニューも値段も」と夫。まったく同感。
どの料理もオーソドックスで奇をてらったものがありません。
ずーっと同じものを美味しく提供するお店は大好きです。
念のため申しあげますが「もの凄く美味しい!!」わけではなく、普通に美味しいお店。
これは貴重なのではないでしょうか。

元町商店街と大丸百貨店をひやかして、もう一度サンチカに戻って、
朝のUCCに入りました。朝もいたウェイターのお兄ちゃんが走り寄ってきて、
またのご来店ありがとうございます!と喜んでくれます。
こちらも嬉しくなってしまいました。
神戸弁の聞こえる店内で暫く休んでから、そごうで買物をして帰りました。
最近は大阪へ出ることの方が断然多かったのですが、こうして神戸を歩いていると、
どこをどう曲がって歩いても、よくわかりぬいているこのまちが、
私にはいちばんしっくりくるのだと改めてわかりました。
人の少なさもあるかもしれませんが、大阪のように疲れないのです。
いろんなお店がなくなったり新しくできたりして、まちはどんどん変わりますが、
私はやっぱり神戸っこ(ちょっとニセモノですが)なのだと思いました。
 なつかしい神戸のまちのカフェオレのやさしい味にこどもへかえる
実によく歩いた一日、このあと車検から戻った車をとりにまた歩きました。

by orochon3 | 2017-02-02 15:36 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

タグ

(367)
(310)
(117)
(31)
(17)
(14)
(10)
(10)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧