タグ:栗島すみ子 ( 1 ) タグの人気記事

晴曇

歳も押し迫ったこの時に、こんなことを書いている私は、
かなりヒマな人なのだろうなあと思いつつ、忘れないうちに。

久しぶりの松竹です。
なんと栗島すみ子嬢と田中絹代嬢の二大女優夢の競演!
どちらも大好きなので比べられませんが、やっぱり絹代チャンかなあ。
久米正雄原作のこの作品は、珍しくも2時間という長さ。
しかし見応えある力作と感じました。

あらすじは、大学生の男子二人とそれぞれの恋人(すみ子嬢と絹代嬢)、
すみ子嬢は実業家のお嬢さま、絹代ちゃんは下宿の娘。
お二人とも和装ですが、見事に貧富の差が見てとれます。
すみ子嬢のお部屋なんて童話のお姫様のお部屋みたいです。
しかし、絹代ちゃんを恋人にもって男女の関係にまで進んでいた筈の
黒田くん(珍しい悪役の大日向伝)は、野心をメラメラもやして
すみ子嬢に近づき、するりと入り込んで結婚してしまいます。
その時には絹代チャンは既に身籠っており、涙、涙。
よくあるパターンではありますが、元すみ子嬢の恋人で、
親同士で入り婿の話まで出ていた辻村くんが、誠を持って救います。
僕がお腹の子の父親になろう、と覚悟を決めて二人も結婚!

黒田くんとすみ子嬢の結婚式はかの帝国ホテルライト館でした。
舞台では二人の美女が舞を舞って、参列客をもてなします。
場所を移って披露宴会場は長いコの字のテーブルプラン。
もちろん洋食のようですが絹代チャンが途中で気分が悪くなり、
何故か新郎新婦の控え室で横になりますが、、、。
これはホンモノの客室ではなくてセットでしょうね。
見たかったです、当時のナマ・ライト館の客室。

最後は悲劇的というかなんというか意味不明でした。
こういう時、やっぱり時代の差を感じてしまってカナシイ(涙)。

ともかく、すみ子嬢の絢爛豪華さと絹代チャンの可憐さを堪能!
年末に良いものを見せて頂きました。
吉川満子サンはやっぱり母親役なんですね、ここでも!

昭和8年/松竹蒲田撮影所/原作・久米正雄/監督・野村芳亭
[PR]
by orochon3 | 2010-12-31 15:26 | 戦前松竹 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記
洋食会

最新のコメント

omachiサマ コメ..
by orochon3 at 08:39
もう読まれましたか、 ..
by omachi at 12:51
おかえりなさい、 団長ド..
by orochon3 at 07:16
お久しぶりです。 私は..
by さきたか at 16:39
> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42

ライフログ


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

タグ

(259)
(225)
(112)
(25)
(17)
(14)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧